2018年度読んで面白かった本10選

はじめまして。
MoneyForward でインターンをしています辻です。(※ CEOの辻とは別の辻です)
来年度の新卒入社予定で、現在内定者インターン中です。

今回は、日頃の業務についてアウトプット出来ればと思い、アドベントカレンダーに参加したのですが、まさかのアドベントカレンダー担当当日に自分が所属している部署の業務は情報の取り扱い上公開出来ないことが判明してしまい、半泣きになりながら急遽テーマを変えました。笑

なのでありきたりなテーマなのですが、ご理解ください。

今回は、「2018年度読んで面白かった本10選」について書きます。紹介する本は、MoneyForwardの上司や研究室の先輩から教えていただいた本も含まれているので、ぜひ気になる本があれば読んでみてください。

決算を読む習慣

Newspickで決算系の記事を読むぐらいだったが、社会人になる前にちょっとぐらい決算について学んでおくかと購入。

勉強になったし、数字が好きなのでかなり楽しく読み進められたが、決算を読む習慣は身に付いていない・・・。

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

Youtube premium や Newspicks 等様々なサブスクを契約しているため興味があり購入。

海外のサブスク事例が多々掲載されており、サブスクの将来性について考えられる本。サブスク = 月額課金だと思っている人はぜひ読んでほしい。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

会社の直属の上司がオススメしていた本だったので購入してみた。

自分のコミュニケーションについて改めて振り返ることが出来る。
またこの本を読み、生活の中で箱の中に入っているか、外側にいるかを意識することが出来る。

自分もよく箱の中に入ってしまうので、箱の中にいると自覚することによって自身を客観的に捉え直すことが出来る本。

日本再興戦略

落合陽一さんの有名な本。人口減少や欧米といった従来の捉え方について改めて考えさせられた。

描いている未来がかなり興味深く、今後も落合さんの動向に注目していきたい。

平安保険グループの衝撃―顧客志向NPS経営のベストプラクティス

中国の平安保険グループに関する本。

弊社の取締役がオススメしていたので購入。NPSについて、これまでも一つの指標として捉えていたがここまでNPSにこだわる中国のビジネスを見て、タイトル通り衝撃を受けた。

顧客体験を追求する必要があり、日本が習うべき戦略や制度が掲載している。

機械学習のエッセンス

ゼロから作るDeep Learningのように、ライブラリに頼らず勉強するにはオススメの本。

数学の範囲も広く、かなり勉強になる。文系の大学生でも読み進めることが出来ると思う。

( そろそろ機械学習の実務経験積まないと。)

生涯投資家

この本は、弊社元取締役がオススメしていた貴重な本だったので時間を取ってじっくり読んでみた。

「村上ファンド」と子供の時に報道を聞いてもよく分からなかったが、この本を読むと改めて事件について理解することが出来た。

コーポレートガバナンスを浸透させたい信念を持った村上ファンドにかなり好印象を抱いた。

7つの習慣

初めて友人とペア読書をした書籍。

この本に関して、まだ理解に関してはかなり浅いが、学生中に出会って良かった思う本の一つである。

また社会人として人生のライフイベント毎にこの本に立ち返りたいと思う。

アルツハイマー病の謎―認知症と老化の絡まり合い

認知症に関して日本ではまだまだ一般の方にわかりやすい簡単な本か、本格的に医学的な説明している本しかない。

この本は、1900年頃にアルツハイマーが病気を見つけてから、これまで議論された仮説や研究結果について丁寧に書かれている。認知症と老化の複雑な関係性を様々な角度から説明している。

内容は簡単ではないが、認知症の数々の本・論文を読んできた自分がオススメする認知症を理解するための最適な本である。

LIFE SHIFT

人生100年時代に突入したことを体感出来る本。

ぜひ20代で読んでいない人には手に取ってほしい。自分の今後の人生設計の指針の参考になることは間違いない。

この本を読んで、日本の金融リテラシーの低さに対して危機感を抱いたのはきっと僕だけじゃないだろう。

まとめ

あまりにも急なテーマ変更だったので、大したことは書けなかったですが、紹介した本でどれか一冊でも気になって読んでくれる方がいると嬉しいです。

また、現在週末に本に関するプロダクト開発を行なっています。

新卒で入社するまでに個人でプロダクトを開発してリリースするのが目標です。今、プロダクトを開発しながら本が好きな方に壁打ちをさせていただいてます。

もし本が好きな方で壁打ち協力していただける方がいらっしゃれば、ぜひ相談させていただきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。