見出し画像

夏にはクミン

「夏にはジーラウォーターを飲んだ方が良いよ」

と教えてくれたのは誰かは忘れたけど、インドでは夏になるとジーラウォーターを飲む。ジーラとはインドの言葉でクミンのことである。カレー作りには欠かせないスパイスは遠く離れたアメリカ大陸のチリパウダーにも欠かせないスパイスである。

地中海、中東、インド周辺を原産地としているクミンの歴史は古く紀元前は2000年も遡ることができるらしい。消化を助ける効果があることから民間療法などに古くから使われていたと言われ、保存効果があることからピラミッドのミイラを作るのにも一役買ったらしい。

その後様々な地域でクミンは使われるようになり、オランダではチーズに入ったり、フランスでは様々なパンに入ったり、多くのところでは深みのある香りから肉料理などに使われるようになった。

また中世ヨーロッパではクミンが大量に家にあれば鶏も恋人も逃げないと言われていたそうで、結婚式では幸せな家庭を築くためにもクミンが使用されたそうである。十字軍の遠征のときには離れ離れになってしまう兵隊に恋人や妻が心離れがしないようにクミンシードが入った袋を持たせたそうである。

インド、中東、ヨーロッパで大人気だったクミンは16世紀にはポルトガル人によってアメリカ大陸にも持ち込まれ、レッドペッパーと出会いメキシコ料理には欠かせないチリパウダーが誕生したのである。

クミン全盛だった時代、ギリシャでは胡椒ではなくクミンがテーブルに置かれていたそうでその風習はモロッコにまだ残っているらしい。

カレー作りにはもちろん世界中の料理になくてはならなくなったクミンは今ではブラックペッパーに次いでスパイス使用量第2位の座に就いている。世界一クミンを生産しているのはインドである。なんと全体の70%。そしてそのうちの90%を国内だけで消費しているのだからびっくりする。

前述したジーラウォーターの作り方はとても簡単である。まず水2カップにクミンシード小さじ1を入れ鍋でグツグツ言わせる。水分量が半分に減らないくらいで火を止めて茶こしなどで濾せば出来上がりである。

このジーラウォーター、消化を助けるだけではなく空腹で飲むとダイエット効果もあるらしい。

記憶力向上、不眠解消、精力増強、貧血予防、消化促進、食欲増進、胃痛改善、腹痛改善、等々

いろいろ効果効能あるみたいですが、クミンの香り嗅ぐとカレー食べたくなりますよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
20
鎌倉・極楽寺にあるスパイス屋・アナン㈱3代目。 オリジナル商品の開発や、スパイスの面白さを伝えるため料理教室などで全国を飛び回ったりしている。 好きな映画は『男はつらいよ』シリーズ。 アナン公式サイト:http://www.e-anan.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。