ベタの散文詩

54

悪魔の病

どうか君が怖い夢を見ませんように 神さまからの啓示を見落としませんように 君の優しい気持ちを素直に受け取られますように 君が出かける日は晴れますように おみくじはせめて良いことが書いてありますように 君の一挙手一投足を見ていたいの 君の全ての言葉を聞き取りたい、聞いていたい 君の声を聞…

(詩篇)渋谷、死者のまち2

 神の似姿に作られた唯一のはずの高等生物、人類に的を絞った未曾有の災厄が降りかかってから、白木は水緑となり、冬は夏になり、各国は鎖国し、街は閑散とし、天使や悪魔の絵を飾り崇めた公堂は多くが閉鎖され、星はその公転周期ももはや半周した。人類の単位で1050万キロもの距離を太陽を挟んで離れ…

(詩篇)シャーベット

何か一歩踏み出すたびに 心臓がすり減る気がするの 心が少しづつ削り取られる気がするの 心はシャーベットのよう 私何度も言ってるけど やるべきこと やりたくないこと やって当然のこと 言いたくないことを言うこと そういうのをやるのに すごくためらいがあるけど 恐れがあるけど それをかなりやって…

(音源/詩篇)アタニャージ

↑。(Vocal少し入ってる version のみにしたよ。) …オィ!そこスルーしない!!www ↑↑上にあげた音楽をしっかり聴いてよね!! … atanyage(アタニャージ) 幾つになっても 冬はいつしか春になり 夜はかならず朝になり 生はしずかに終わりを迎える それが私には分からない  私の季節はず…

(詩篇)渋谷、死者のまち

人の生き死に、すなわち人生というものに存外無頓着である 感情を感じることは可能だがそれを重視せず様態のみを観察して評するので元来自然科学者然としている 自分ごとであっても遠くから達観してるかのように見つめるので物事に対して驚かない、喜怒哀楽が薄い、振りなら出来る 時折今日が何曜日…

鳥さん、かわいい鳥さん(モンポウ)

昔から猫を飼っていたから、かわいい小鳥を飼うのは憧れだった。 東京で一人暮らしを始めたから、チャンスだと思っていた。 そんな矢先の頃… その子は大人になりかけた年頃に、見えた 道端で、怪我でもしたのかうずくまって飛べなくなっていたから もう、あたし飛べなくなっちゃったの… って言…

(詩篇)お椀の中からこんにちは

Hello,from inside the Bowl! 私を見て 私を見て 私は大きくなれるの? 広い世界を旅立ちたいよ いつもいつも、正しいことが楽しいとは限らない もっともっと、悪いことをさせてくれる人が好き The capacity…

いずれ死ぬ話し

 今日は職場で、誰かと、いずれ死ぬ話しをしたんですが、誰としたんだったかな……。  どうせ死ぬなら、隕石が降ってきて直撃して 瞬間的に蒸発して死にたいって言って。 「それ、分かります!」 「私もそんな風に死にたい」て言って。  いつでもいいって。  言ったと思うんだけど、  誰と…

占い達

初詣のおみくじは恒例の大凶で 動物占いではライオンで ガオー 星占いでは 今日の運勢は ポップコーンが吉 映画でも行きますか……。 血液型占いでは 社交的とのことで うーん、本心は違う でも表面上はそうか タロット占いでは本日のカードの答えは「女教皇」で、「本当の自分に触れる何か」を象徴…

ここ飛び降りたら死ねるよね

私、小学校高学年で市内なのに引っ越して転校させられたんだけど その通学路に 複数の線路をまたぐ大きな青い陸橋があって 小学生の頃は私小さくてひ弱だったから 一生懸命登って降りるの、毎日大変だったのだけど 毎日懸命に登って降りて、通学してました そのてっぺんから周りを見渡すと その…

日曜日はプリキュア

何か勘違いしてるんじゃなかろーか 私ずっとアイスティーのストローをくるくるしてるんだけど かたひじついて あなたの話しを聞いてるんだけど あなたをずっと両目で見つめて 表情で反応しつつ へー、そうなんですかー? それはすごいですね! よく言えましたねそんなこと! へー …