見出し画像

新入社員はリモートネイティブになりたい。 #9 佐々木霞さん

こんにちは!新入社員の沼(ぬま)です。

初出社でドキドキの新入社員ですが、
4月から約2ヶ月間リモートで、研修を行っていました。

今回はそんな新入社員のリモート研修記をお届けしている
「新入社員はリモートネイティブになりたい。」(通称:シンリモ)の第9弾です!

今回は佐々木霞(ささきかすみ)さんにインタビューしてきました。

*インタビューは5月に行ったものです。
写真は自宅で自撮りしたものを織り混ぜています!

画像1

「波乱万丈!天真爛漫!好奇心旺盛!」今を生きるポジティブウーマン!

沼)
インタビューを始めさせていただきます!
よろしくお願いします。

佐々木)よろしく〜!!

沼)それでは突然ですが、自己紹介を兼ねて自分にキャッチフレーズをつけるとしたら何か教えて下さい!

佐々木)「波乱万丈!天真爛漫!好奇心旺盛!」 

沼)
インパクトが強すぎる(笑)
そういえば、ヨーロッパ内1人で移動して、アイスランドで車運転してたよね笑

佐々木)
そうそう(笑)
国内でも47都道府県くじ引き引いて出たところに行くっていうことをしてた(笑)前日の夕方くらいに決めて次の日出発して、その日の夜行で帰ってくる弾丸ツアー。

画像2

*47都道府県ぐじ引き弾丸ツアー

沼)フットワークが軽すぎる(笑)

佐々木)
あとは、小学校のころからバレーやってたんだけど、大学ではバレーの授業の立ち上げとか、早慶戦の運営とかしてたよ!
単位もらえないんだけど楽しくて参加してたんだよね〜。

沼)
霞のそのチャレンジ精神大好き(笑)
そもそも、チャレンジをする理由とかってあるの?

佐々木)
うーん。人に「何やってるの?」とか「面白そうだね」って言われるのが好きなんだよね。ワクワクしてたいってのが根底にあるのかな。

沼)もっと霞のチャレンジエピソード聞きたい(笑)

佐々木)いつでも話すよ(笑)

画像3

リモートワークは自由な働き方の一歩になれば

沼)話は変わるんだけど、研修を受けてみてどうだった?

佐々木)
最近の部署ごとのOJTをやってて、やっと社会人らしくなってきたなって感じてる。もちろん全体の研修も良かったけど、やっぱり電話で会社の代表として他の会社の人と話すのはいっそう気が引き締められるというか、ちょっと社会人ぽくなったなって感じる

沼)
それは私も思う。研修って本来会社に出社して先輩から教えてもらうってのが普通だけど、リモートワークでやってみてどう思った?

佐々木)
私は良いと思ってる。
結構、海外のワークスタイルあこがれがあって、ヨーロッパ行ったときにおしゃれなカフェでコーヒー飲みながら、仕事してる人がいてすごくかっこよかったんだよね。

沼)働き方がスタイリッシュだよね!

佐々木)
そうそう。あと、高校のときオーストラリアで少しだけホームステイした時のホストファザーが、Tシャツ短パンサンダルで出勤しててさ。

沼)うん。

佐々木)
私のことを朝学校に送ってくれて、学校終わる前に帰宅してることもあって。
家族みんなで過ごす時間が多い、こういう働き方って素敵だなって思ったの。

沼)日本人って生活よりも働くことに比重を置いてる感じあるもんね。

佐々木)
うちのお父さんは焼き鳥屋さんなんだけど、居酒屋だから夜帰ってくるのがいつも遅くて、、でも、コロナの影響で生まれてからはじめて、三食家族で一緒にご飯を食べたの。いい時間だったなって思った。

沼)
貴重な時間を過ごせたんだね。

佐々木)
そういう意味でリモートワークっていうものは、自由な働き方の一歩になるのかなって感じた。海外はもう結構それに近いことをしてるんだけどね。

画像4

リモートワークは公私の切り替えが難しい?

沼)他にもリモートのメリットって何か感じた?

佐々木)
通勤のストレスないことと、天気も気温も関係なく快適に過ごせることかな〜。

沼)逆にデメリットは?

佐々木)
公私の切り替えが完全に委ねられていること。
研修の初めの頃は学生の気分が抜けきらなかったっていうことと、みんなの温度感とか雰囲気が伝わらないから少し苦労した。

沼)
そうだよね。そもそも卒業式もなければ入社式もまだやってないし、、、

佐々木)気持ちの切り替えって大切だよね。

画像5

偶然の出会いから始まった

沼)そういえば、なんで霞はベネフィット・ワンを選んだの?

佐々木)
たまたま参加した説明会にベネフィット・ワンがあったっていうのとオファーBOXでオファーもらってたっていうのがきっかけかな。

沼)本当にたまたまなんだね(笑)

佐々木)
そうそう。それで、次の説明会に参加して白石社長の話を聞いて惹かれちゃって

沼)白石社長の話ってすごく力強いよね。

佐々木)
ES書いたのも初めて、面接受けたのも初めてって感じで、入りこそ偶然だったんだけど、
内定もらってから同期と会う機会設けてもらって、そこにいたメンバーが個性的で楽しい人たちばっかりだった。
最終的には人で決めたって感じかな。

沼)
同期のみんなも魅力的だったんだね(笑)
同期のメンバーって霞からみてどんな人たち?

佐々木)
みんないい意味で変わってるし、似たような人がいないかな(笑)
それぞれがそれぞれの魅力というか特性が強いからグループ分けできない。

沼)いい意味で個を持ってるというか、個性的なバックグランドを持ってる子多いよね。

佐々木)そこがすごく楽しい(笑)

画像6


「ワクワクしたい、させたい」

沼)霞はそんなベネフィット・ワンで何かしたいことある?

佐々木)
さっきも言ったけど、「ワクワクしたい、させたい」。

沼)やっぱり霞らしい(笑)

佐々木)
例えるとファッション雑誌とかって、女の子の憧れが詰まっててキラキラしてるじゃん。男の子でいうと少年ジャンプ(笑)
そういう見てる時のワクワクとか気持ちの高揚感を作りたい

沼)それを何でっていう手段は決まってないの?

佐々木)
うーん。まだ具体的には決まってないかな。でもベネでなら業種に関わらずいろいろな会社と繋がりが持てるから、その中で自分の興味あることとかワクワクすることを見つけていきたい!!

画像7

沼)じゃあ最後に!10年後どうなってたい?

佐々木)一日一日が人生のハイライトみたいな充実した日々を送りたい。

沼)霞は枠にとらわれないし、当たり前にとらわれないよね。働きかたに関しても枠にとらわれない。

佐々木)
そう。社会人になっても、ちょっとでも時間できたら世界飛び回りたいし、くじ引きの旅みたいなのもしたい。

沼)行動的すぎる(笑)

佐々木)
学生時代は、週5で働いて週5で遊んでって感じで、
「明日死ぬわけじゃないから、そんな死ぬもの狂いで毎日過ごさなくてもいいんだよ」って言われたことあるけど、毎日が濃くて楽しかった。そういう日々を送りたい!

沼)
期待してる(笑)
インタビューありがとう!

パワフルな佐々木さんが今後どのように活躍していくか楽しみですね♫
私たちも負けずに頑張りましょう!

それではまた次の記事でお会いしましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
コメント (1)
記事いいですね‼️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。