道具に値している役割関数

道具に値している役割関数

道具は、役割を持っているから道具だ。そりゃそうだ。それより役割がまったくない道具は、道具ではない。役割を与えたから道具になるわけであるだろ。

ぶっ飛ばしてはなすと、

脳は、部屋の中で、とりわけ、道具しか見ていない。

あとは一切見ていない、見ていないし、なんか、道具の配置しか木にしていない。

その道具の配置パターンによって、なんか、変わってくる。

例えば、MacBookとケータイの配置だ。

これだけで、何故か部屋に、ある役割が与えられる。

あとは全部、一回見ただけで、脳は記憶で判断している。

しかし、道具が変わった時に脳は、もう一回見ている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
主婦です。と放置していたnoteですが2020/2/1 急遽noteを見直さざる負えなくなりテスト段階を再開 ver1.03.00