見出し画像

1番スタイルよく見えるコーデ!体系別に似合う洋服を知ろう

ウィンドショッピングをして、可愛いと思う洋服に巡り合えたのにいざ試着してみるとどうもしっくりとこない。

なんてことありますよね。

自分の好きな服と、似合う服は一概に同じとは言えません。

実は「体型別に似合う洋服」があるんです。

今回は、スタイルが良く見えるコーディネートはどんなものがあるのか、体型別にご紹介していきます。

骨格体型から見る似合う服の着こなし方

体型

「骨格診断」というものをご存知ですか?骨格診断とは生まれ持った骨格や筋肉の付き方、さらに肌の質感など「体型」をストレート、ナチュラル、ウェーブといった名称で大きく3つに分けて考える方法です。

それぞれどんな体型のことをいうのか、詳しく見ていきましょう。

ストレート

まずひとつめは「ストレート」体型の特徴をご紹介しますね。

・ストレート
首が短めで、上半身に厚みがある
やや筋肉質で、メリハリのあるボディライン
バストの位置は高めで、上半身にボリュームがある

といった特徴があります。

この「ストレート」タイプに当てはまる人が似合う服は

シンプルでベーシックな定番スタイル
高級感のある素材
ジャケットやきれいめのストレッチデニム

イメージとしては「きれいめカジュアル」です。

着太りに気を付けサイズ感を重視し、Iラインを意識した服を選ぶようにしましょう。

全体的にスッキリとさせると、よりスタイルが良く見えます。

持っておくと役に立つアイテムとしては「Vネックのトップスジャケット」「タイトスカート」が着回しにも便利です。

ナチュラル

ナチュラルタイプの特徴は

・ナチュラル
骨太でやや関節が目立つ
身長に関わらず手足が長め
重心の偏りない中性的なボディ

ストレートタイプはやや重心が上でメリハリのある体型が特徴ですが、ナチュラルタイプは骨格がしっかりとしているのが特徴です。

ナチュラルタイプの人に似合う服は

チュニックとレギンスの組み合わせ
ラフでカジュアルな服
天然素材や、着心地の良さを重視したもの

ナチュラルタイプは肌見せが苦手。

体の線が出る服はがっちりして見えてしまうので、ルーズなゆったりめの服を選ぶのがオススメです。

動いたときにシルエットが大きく揺れるワイドパンツやマキシ丈の服が体のラインを隠し、スタイルをよく見せてくれます。

大人エレガントをイメージして、Aライン・Yラインの服を選ぶようにしましょう。

持っておくと役に立つアイテムは「ロングカーディガン」「ざっくりニット」「大ぶりのアクセサリー」などが挙げられます。

ウェーブ

ウェーブの特徴はこちらになります。

・ウェーブ
骨が細めで、上半身が華奢
筋肉よりも脂肪が付きやすい
下半身にボリュームがある

ウェーブタイプはストレートタイプと逆で重心が下にあります。

そんなウェーブタイプの人似合う服はこちらです。

シフォンなどの柔らかい質感の素材
ソフトでエレガントなイメージの服
着丈の短いトップス

ウェーブタイプは重心をあげウエストを細く見せることでスタイルが良く見えますので、ハイウエストの切り替えデザインなどXラインの服がおすすめ。

できるだけウエストの位置を上げて胸元にボリュームを出し、上下のメリハリを強調しましょう。

トップスをインしてプリーツスカートと合わせるのもいいですね。

アウターはAラインのものを選ぶようにすれば、バランスよく見えますよ。

持っておくと役に立つアイテムは、ふんわりとした透け素材の「ブラウス」「フレアスカート」「太ももに余裕のあるテーパードパンツ」などが挙げられます。

着たい洋服をうまく着こなすには

着こなし方

ご自分の体型がどのタイプに当てはまるか、なんとなくわかったでしょうか?

例えばストレートとウェーブのどちらにも当てはまる、という方もいらっしゃいます。

体型がわかっていてもやっぱり好きな服を上手に着こなしたいですよね。

服を上手に着こなすには、まず服のことをきちんと知る必要があります。

先ほどもいくつかあげた「Aライン」「Iライン」などは、具体的にどういった形のものなのでしょうか。

それぞれ特徴を見ていきましょう。

まずは洋服の基本シルエットを知ろう

ファッションの基本シルエットは、大きく分けて4つあります。

・Aライン
・Iライン
・Yライン
・Xライン

この4つの覚え方は難しくありません。

しれじれのアルファベットの形を人の体型と見立ててイメージしてみてください。

ナチュラルタイプにオススメのAライン

まず「ナチュラルタイプ」にオススメのAラインの特徴は「上半身部分が引き締まっていて、下に向かってスソが広がるアルファベットのAのようなシルエット服」です。

スソが広がっているため全体的にふんわりとした優しい印象になり、このAラインのワンピース1枚あれば一気に女性らしくなります。

体型をうまくカバーできますので、選ぶときには「トップスはボリュームおさえめ」「ボトムスはふんわりと広がっているもの」とイメージとして組み合わせると、簡単にスタイルアップにつながりますよ。

冬など寒い時期にコートをAラインシルエットのものにするのもあり。

腰回りにベルトのついたワンピース風コートなど1枚あれば大活躍間違い無し!

ストレートタイプにおすすめのIライン

次にストレートタイプにおすすめのIラインの特徴は「メリハリのあるボディを活かせるシンプルなシルエット」で、アルファベットのIのように縦長のスタイルのことをいいます。

こちらはすっきりとスタイリッシュに見え、高級感のある素材と組み合わせるとよりかっこよく都会的イなメージになります。

サイズ感を重視した細めのトップスときれいめのストレッチデニムや、Vラインのトップスとひざ下の長さでスリットの入ったタイトスカートなどを選ぶと、より大人っぽく着こなすことができます。

「ヒールに合わせれば脚長効果でよりスタイルよく見せる」ことができますが、あえてスニーカーでカジュアルダウンするのもありです。

Yラインの特徴

Yラインの特徴は「上半身にボリュームを与え、逆に下半身を細く見せるシルエット」のことです。

アルファベットのYの形を全体でとらえると、逆三角形のような形になります。

Yラインは基本的にはボリュームのあるトップスを合わせるのがおすすめです。

オーバーサイズのトップスにショートパンツやミニスカートを合わせれば、可愛くなったりスポーティーな印象にもなります。

またかっちりとしたジャケットに細見のパンツを合わせてかっこいいシルエットを作ることもできますよ。

ウェーブタイプにおすすめのXライン

ウェーブタイプにおすすめのXラインの特徴は「ウエストにくびれを作ったメリハリのあるシルエット」となっております。

アルファベットのXの交差している部分がちょうどウエストだとイメージしていただければわかりやすいのではないでしょうか。

Aライン、Iライン、Yラインは男性の洋服のシルエットにも使われるのですが、このXラインは「女性特有のシルエット」となっております。

Xラインはウエストのくびれを強調することで、胸やお尻に自信がない方でも女性らしさをアピールすることができます。

ウエスト部分に絞りのあるワンピースを着れば簡単にXラインを作ることが出来ますし、大きめのシャツをフレアスカートにインするのもいいでしょう。

着たい服が似合う体型になる

着たい服

この4つのシルエットを頭に入れておけば自然と服の選びも決まってくるのでまずは「自分の体型をチェックしてからクローゼットにある服でどんなシルエットを作ることができるか見てみる」ことから始めるのが一番の近道です。

自分の体型と合っていないシルエットのものが多いのであれば「着たい服と似合う服がズレている」ということが確認できます。

せっかくなら、好きな服を諦めてしまうよりも、着たい服が似合う体型になりたいですよね。

まとめ

体型に似合う服を着ることはおしゃれをする上でとても重要です。

自分の体型に似合った服を着て、垢抜けましょう。

着てみたい服があるならその体型に近づくのもおしゃれ上級者です。

痩せて自分に自信をもって、着たい服を着てなりたい女性になりましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
「もっと美しく」 ”美”を追究する全ての女子へ🕊 美容メディア「BEAUMO」💃 インスタはこちら https://www.instagram.com/beaumo2020/ メール問い合わせ beaumo.2020@gmail.com