見出し画像

知っているようで、知らないことが多い

カフェを営んでいる赤沢です。最近、様々なお勉強をしています。学びの領域を広くすると、自分の知った被った部分が見えてきてイヤになりますが「学び」を止めたくないのです。

それは何故か...

独りになるから

勉強をしても...

「勉強についていけない」

「学ぶのが嫌い」

「学力なんて社会で役に立たない」

本当にそう思います。「学び」をすすめたところで、役に立つのは少しの領域です。しかし、学ぶことによって他の領域の学びへ興味が湧くのです。

学ぶことに意味は無いと考えます。学ぶことによって、自分がまだ気づいていない分野へ進出することに意味があります。

そして、学ぶことによって様々なコミュニティへ参加できます。

「学ぶ」ことを嫌っていると、独りになる感覚が学生時代からありました。この感覚が今後、消えてなくなるくらいに「学び」をすすめていきたいと思います。

最近、学んだ事

自家焙煎珈琲を扱うカフェを営んでいる自分ですが、昔読み切ったコーヒーの本を本棚から取り出して読み漁っています。

お客様から聞かれた質問に満足に応えることが出来なかった悔しさから、コーヒーの「学び」を深めようとしています。

今日、一冊読み切ったばかりです。旦部幸博先生の科学の分野からコーヒーを読み解く本が自分のカフェの知識の源です。

こちらの先生はコーヒーの専門サイト「百珈苑」を運営している方で、自分が「いつかこんな大人になってみたい」と考える方です。

先ほど紹介した旦部幸博先生の本は「コーヒーの科学」という本です。

この本に書かれている内容なかなり深いものです。

コーヒーが科学の観点から分析されていて、尚且つわかりやすい本です。

本を読んで「学び」が足りないと感じた

「コーヒーの科学」という本なので、もちろんコーヒーを科学で読み解いていく内容です。

しかし、成分や化学式、特殊な言葉などには難しさを感じます。しかし、この分野を完全にマスターした自分を想像して何回も読み直しています。

何回も読み解くうちに、理解できない点は理解できるようになり、全く分からない部分は、より深く調べていく自分になれました。

「学び」を辞めないことで、カフェを営むことを実現できることに気付きました。

次回のお客様からの質問へ的確に応えられそうです!

「コーヒーの科学」を読んでまとめサイトを作りました

「どうせ本を読み返すなら、まとめておこう」と考えたことをキッカケに、「コーヒーの科学」、その他のコーヒー関連の本を一か所にまとめたサイトを作りました。

まだまだサイトを作り上げているタイミングですが、頑張って「学び」ながら運営していきます!

サイト名は「FULLCITY-ONLINE」(フルシティ-オンライン)です。

自分が一番美味しいと感じたコーヒーの焙煎度「フルシティ-ロースト」から名前を頂きました。

一度見て頂けると嬉しいです!

ブログを見て下さり、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい(´;ω;`)
12
「酸っぱいコーヒーが苦手な店主のコーヒー」 安曇野市の玄関である豊科駅前にカフェ「BeansBase」をオープン!自家焙煎のコーヒーを扱います。 ホームページhttp://beansbase.com/