見出し画像

コーヒーの「おいしさ」って何だろう?

こんにちは!長野県安曇野市でカフェマスターをしている赤沢です。

このブログは同時にApplePodcastSpotifyYouTubeでも公開されます。

「文字」を使ったブログ・「声」を使ったラジオ・「見ながら楽しむ」YouTubeでコーヒーに興味をもって頂けるようなトークを繰り広げていきます!

美味しさを考えよう

コーヒーの「美味しさ」はお客様によって変化するモノです。

カフェマスターの自分が「このコーヒーは美味しい!」と思ってお客様へご提供しても「もうちょっと...酸味があった方がいいかな?」と言われることもあります。(僕の焙煎したコーヒーは苦いです。)

同じコーヒーを2人のお客様へご提供しても「このコーヒーは苦い」「これは酸味がある」と意見が分かれることは稀ではないです。

そんな中で万人受けのコーヒーを開発することがカフェの目標でもあります。

ここで疑問...「美味しいコーヒーとは何だろう?」ということです。

100人いれば100通りのコーヒーの「美味しさ」があります。万人受けなコーヒーを開発することは難しいかもしれません。

しかし、不味いコーヒーは100人中100人が不味いと答えると考えています。

"味以外"のコーヒーの美味しさ

コーヒーの味わいから万人受けを開発するのは難しいです。しかし、コーヒーの美味しさに関与する「味わい以外の美味しさ」を重要視するのは難しい事ではないです。

例えば...

・カフェは綺麗か

・接客態度は良いか

・店員さんの身だしなみは整っているか

など

コーヒーの味わい以外にも、コーヒーを美味しくさせることの出来る条件はあります。

同じ価格のコーヒーを飲むなら汚いカフェよりも綺麗なカフェでコーヒーを飲みたいと僕は考えます。

また、接客態度のよって本当に美味しいコーヒーは美味しくもなるし、不味くもなります。

まとめ

コーヒーは美味しくても「美味しくない」とおっしゃるお客様は必ず居るはずです。

しかし、不味いコーヒーは100人中100人が不味いと言います。

またコーヒーの味わい以外の要因(接客態度やカフェの清潔感)によってコーヒーの美味しさが変わると考えます。

コーヒーの味わい・カフェの接客態度・清潔感などを意識して、美味しい「万人受けする」コーヒーをお客様へご提供するのが最大の目標です。

Twitter

https://twitter.com/Beans_Base

Instagram

https://www.instagram.com/beans_base/

自己紹介

BeansBase 赤沢 征一郎

「前前前世」などの楽曲で知られるラッドウィンプスのファン。

高校生時代に発表された「叫べ」という楽曲のMVにてボーカルの野田洋次郎さんが「コーヒーミルを扱っている姿」をみてコーヒーに興味を持つ。

この記事が参加している募集

私のコーヒー時間

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!コーヒー好きですか...?
23
「酸っぱいコーヒーが苦手な店主のコーヒー」 安曇野市の玄関である豊科駅前にカフェ「BeansBase」をオープン!自家焙煎のコーヒーを扱います。 ホームページhttp://beansbase.com/