BeansBase(ビーンズ・ベース)

安曇野市の玄関である豊科駅前にカフェ「BeansBase」をオープンします!自家焙煎のコーヒーを扱います。 ホームページhttp://beansbase.com/ オンラインショップhttps://beansbase.theshop.jp/も有りますので、ぜひご覧ください。
固定された記事

【はじめまして】カフェをオープンしますよ!...そんな店主のブログです

はじめまして! 地元のニュースや移り変わりに敏感なお客様は安曇野市にカフェが出来ることに気づいていらっしゃるようですね! 安曇野市の豊科駅から徒歩3分の場所にカ…

コーヒーは神の領域に近づけるものだった?!

宗教修行の追い込みに「コーヒーを飲む」 僕がいつもオンラインショップBeansBaseで扱っているコーヒー豆... 「一体どんな経緯で世界中の人々を虜にしていったのか?」と…

  • 焙煎当日発送「Beans Base ブレンド」

    焙煎当日発送「Beans Base ブレンド」

    【チョコレートの様な自家製ブレンドコーヒー】 単一のコーヒー豆には、それぞれ特徴があります。 フレーバーが特徴のコーヒー豆や、苦味が印象的なコーヒー豆。 それぞれの良いところがありますが、酸味と苦味を併せ持つというようなコーヒー豆はなかなかありません。 「ブレンド」という手法は、コーヒーを喫茶店の目指している味わいにするという意味やそれぞれのコーヒー豆の持っている特徴を同時に味わうことを目的にしています。 BeansBase(ビーンズ・ベース)が目指すコーヒーの味わいは、深く・苦くそして香りが良いコーヒーです。 こちらの「BeansBaseブレンド」は、程よく苦く、チョコレートの様な風味を目指してブレンドさせて頂きました。 【BeansBaseブレンドの味わい】 BeansBase(ビーンズ・ベース)の独自のコーヒー豆の配合で、 『Beans Base ブレンド』を作らせていただきました! コロンビアから『コロンビア スプレモ』(50%・バランスの良い味わい) + ブラジルから『サントス NO.2』(40%・バランスは良いが苦め寄りの味わい) + エチオピアから『モカ シダモ G2』(10%・「カカオ80%チョコレート」の様な味わい) を配合させていただきました。 味の決め手は『モカ シダモ G2』です。 花々を感じさせるフローラルな香りでチョコレートの様な『モカ シダモ G2』に着目して、 『コロンビア スプレモ』『サントス NO.2』のバランスが良い味に アクセントとして加えさせていただきました。 深めに焙煎していますので、 苦味と深みが感じられる中に香水のようなチョコレート風味が感じられる一杯になっているかと思います。 生産国 ブラジル・コロンビア・エチオピア 酸味 ★★★☆☆ 甘味 ★★★☆☆ 苦味 ★★★★☆ 焙煎度 フルシティロースト ====================== フルシティローストは、 コクの中に苦味が出始めている状態です。 酸味はほとんどありません。苦味とコクを楽しめます。 ====================== 【内容】 100gの内容量での販売となります。 『豆』売り 『粉』売り・・・中挽きにて販売します。 【一杯分に使うコーヒー粉の量】 台形のドリッパー:コーヒー粉の使用量 10g 円錐のドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g ネルドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g~15g 【パッケージの機能】 コーヒーパッケージは自立式で、キッチンの整理整頓や片付けに邪魔しません。 保存が簡単なチャック式のパッケージです。 【ご注文を頂いてから】 『注文』をいただき次第、スピーディに焙煎作業に取り掛からせていただきます。 焙煎が完了した、"当日" に発送させていただきます。 【価格について】 価格は一般的な値段よりも"安価"に、そして品質は"高価"に設定させて頂きました。 【Beans Base(ビーンズ・ベース)が掲げるコンセプト】 いつも考えていました。 「コーヒー粉をハンドドリップのときに、 フィルターの中で膨らませるにはどうしたらよいか・・・」 コーヒー粉を膨らませるためには、 コーヒー豆が焙煎したての新鮮でなければなりません。 そんな新鮮な膨らむ豆をお客様に提供するには、 お客様から注文を受けた後、 ============== ||  "焙煎をして、その日"  || ============== に発送するという構図が浮かび上がってきました。 コンセプトは『焙煎した当日に発送!』です。 そのコンセプト通りに今日も、営業しております!
    500円
    Beans Base
  • 【カフェインレス】コロンビア産 「サン・アグスティン」

    【カフェインレス】コロンビア産 「サン・アグスティン」

    【「頭痛・胃のキリキリ・心臓のドキドキがしない」カフェインレスコーヒー】 カフェインレスのコーヒーは大体が後味薄く、「コーヒーを飲んでいる気がしない」ものです。 しかし、BeansBaseは一般的な焙煎よりも深い焙煎にしたことで、コーヒーの味わいが「カフェインが入っているかのような」味わいにしております。 授乳中のお母様やカフェインに過剰に反応してしまう方へおススメです。 かなり苦めのコーヒー豆になっていますので、他のノンカフェインの「物足りなさ」を 埋めてくれること間違いなしです! 生産国 コロンビア 酸味 ★☆☆☆☆ 甘味 ★★☆☆☆ 苦味 ★★★★☆ 焙煎度 フルシティロースト ====================== フルシティローストは、コクの中に苦味が出始めている状態です。酸味はほとんどありません。 ====================== 【内容】 100gの内容量での販売となります。 『豆』売り 『粉』売り・・・中挽きにて販売します。 【一杯分に使うコーヒー粉の量】 台形のドリッパー:コーヒー粉の使用量 10g 円錐のドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g ネルドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g~15g 【パッケージの機能】 コーヒーパッケージは自立式で、キッチンの整理整頓や片付けに邪魔しません。 保存が簡単なチャック式のパッケージです。 【ご注文を頂いてから】 『注文』をいただき次第、スピーディに焙煎作業に取り掛からせていただきます。 焙煎が完了した、"当日" に発送させていただきます。 価格は一般的な値段よりも"安価"に、そして品質は"高価"に設定させて頂きました。 【Beans Base(ビーンズ・ベース)が掲げるコンセプト】 いつも考えていました。 「コーヒー粉をハンドドリップのときに、 フィルターの中で膨らませるにはどうしたらよいか・・・」 コーヒー粉を膨らませるためには、 コーヒー豆が焙煎したての新鮮でなければなりません。 そんな新鮮な膨らむ豆をお客様に提供するには、 お客様から注文を受けた後、 ============== ||  "焙煎をして、その日"  || ============== に発送するという構図が浮かび上がってきました。 コンセプトは『焙煎した当日に発送!』です。 そのコンセプト通りに今日も、営業しております!
    700円
    Beans Base
  • コロンビア産 「スプレモ」

    コロンビア産 「スプレモ」

    【良いとこ取りの「コロンビア スプレモ」】 コロンビア産のこちらのコーヒー豆は喫茶店のブレンドのベースによく使用される銘柄です。 酸味・苦味・甘味どれをとってもバランスが良い味わいです。 コロンビア産の栽培方法はとても丁寧です。 採取される時に一般的な機械採取ではなく、人の手によって採取されるため、 不純物(石や破片)や欠点豆(虫食い豆)が混入しづらいハンドメイドのような栽培方法です。 丁寧に採取されたコーヒー豆を「直火焙煎」にて美味しく仕上げております。 生産国 コロンビア 酸味 ★★★☆☆ 甘味 ★★★☆☆ 苦味 ★★★☆☆ 焙煎度 シティロースト ====================== シティローストは、 酸味と苦味が調和しているような状態です。 キツイ苦味を感じることなく、コーヒーを楽しめます。 ====================== 【内容】 100gの内容量での販売となります。 『豆』売り 『粉』売り・・・中挽きにて販売します。 【一杯分に使うコーヒー粉の量】 台形のドリッパー:コーヒー粉の使用量 10g 円錐のドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g ネルドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g~15g 【パッケージの機能】 コーヒーパッケージは自立式で、キッチンの整理整頓や片付けに邪魔しません。 保存が簡単なチャック式のパッケージです。 【ご注文を頂いてから】 『注文』をいただき次第、スピーディに焙煎作業に取り掛からせていただきます。 焙煎が完了した、"当日" に発送させていただきます。 価格は一般的な値段よりも"安価"に、そして品質は"高価"に設定させて頂きました。 【Beans Base(ビーンズ・ベース)が掲げるコンセプト】 いつも考えていました。 「コーヒー粉をハンドドリップのときに、 フィルターの中で膨らませるにはどうしたらよいか・・・」 コーヒー粉を膨らませるためには、 コーヒー豆が焙煎したての新鮮でなければなりません。 そんな新鮮な膨らむ豆をお客様に提供するには、 お客様から注文を受けた後、 ============== ||  "焙煎をして、その日"  || ============== に発送するという構図が浮かび上がってきました。 コンセプトは『焙煎した当日に発送!』です。 そのコンセプト通りに今日も、営業しております!
    550円
    Beans Base
  • ブラジル産 「サントス NO.2」

    ブラジル産 「サントス NO.2」

    【これはチョコレートかっ?!「ブラジル サントス NO.2」】 あっさりとしたコクや苦味があり、甘味があるのが特徴のコーヒー豆『サントス NO.2』です。 香り、酸味にクセが無く、チョコレートのような香りを感じる方もいるそうです。 「コーヒー豆の好みがわからない」というお客様におススメしたい銘柄です。 それほど、酸味・甘味・苦味のバランスが良いブラジル産のコーヒー豆です! 【味わい】 生産国 ブラジル 酸味 ☆☆☆☆☆ 甘味 ★★★★☆ 苦味 ★★★★☆(味覚が敏感なお客様はもっと苦く感じるかも・・・) 焙煎度 フルシティロースト ====================== フルシティローストは、コクの中に苦味が出始めている状態です。酸味はほとんどありません。苦味とコクを楽しめます。 ====================== 【内容】 100gの内容量での販売となります。 『豆』売り 『粉』売り・・・中挽きにて販売します。 【一杯分に使うコーヒー粉の量】 台形のドリッパー:コーヒー粉の使用量 10g 円錐のドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g ネルドリッパー:コーヒー粉の使用量 12g~15g 【パッケージの機能】 コーヒーパッケージは自立式で、キッチンの整理整頓や片付けに邪魔しません。 保存が簡単なチャック式のパッケージです。 【ご注文を頂いてから】 『注文』をいただき次第、スピーディに焙煎作業に取り掛からせていただきます。 焙煎が完了した、"当日" に発送させていただきます。 価格は一般的な値段よりも"安価"に、そして品質は"高価"に設定させて頂きました。 【Beans Base(ビーンズ・ベース)が掲げるコンセプト】 いつも考えていました。 「コーヒー粉をハンドドリップのときに、 フィルターの中で膨らませるにはどうしたらよいか・・・」 コーヒー粉を膨らませるためには、 コーヒー豆が焙煎したての新鮮でなければなりません。 そんな新鮮な膨らむ豆をお客様に提供するには、 お客様から注文を受けた後、 ============== ||  "焙煎をして、その日"  || ============== に発送するという構図が浮かび上がってきました。 コンセプトは『焙煎した当日に発送!』です。 そのコンセプト通りに今日も、営業しております!
    550円
    Beans Base
  • もっとみる

【BeansBaseラジオ】古代の人「娘が欲しいなら、コーヒー豆持って来いよ?」

00:00 | 00:30

今日(9/1)のトークテーマ 「#結婚する?それなら珈琲豆もってこいよ」(00:00:43~) 現代人が知らない、考えもしなかった「コーヒーの利用法」が古代にはありました。 …

古代は「結婚したいならコーヒー豆持ってこい」が文化だった!?

「飲む」以外のコーヒー豆の利用の仕方があった 植物学分布から考えると、古代にコーヒーに最初に出会っていたのはエチオピア西南部の人々です。 この地域に住む部族はコ…

BeansBaseが新聞に取り上げられました!

取材されました あるとき「BeansBaseについて取材したいのですが…」と電話がきました。BeansBaseについて取材をしたいということでしたので、喜んでお受けしました! ど…

「コーヒーの魅力って分からない」そんなお客様へコーヒーのマガジンを作成します!

コーヒートークの「ネタ作り」のために こんにちは!BeansBaseです。 今回「コーヒーについて」のマガジンを登録させて頂きました。 このマガジンは名前の通り、コーヒ…