マガジンのカバー画像

ジャニのスキなnote

210
ジャニ(Journeyman)のスキなnote。ふとしたときに、読み返したい。
運営しているクリエイター

記事一覧

「夢を諦めた」昔の私へ:未来の私からの手紙

はろー、私だよ。就職活動に失敗したと思ってベッコベコに凹んでる昔の私を慰めようと思って未…

18時間前

入社時に教えてもらい、今でも大事にしている広報の心構えと気遣いのメモ📝 #PRL…

私がオトバンクに新卒で入社したのは、2015年。 広報に配属されたものの、そもそもビジネスに…

3週間前

おっさんは気持ち悪い。

おっさんというのは、そもそも「醜い存在」だと意識して行動しないといけない。ジェンダー論で…

「1年分の学びを1時間で振り返ります」#等身大の企業広報 総集編

オウンドメディアを運営している先行企業のキーマンをゲストにお招きし、SNS時代の法人として…

本当に強い人のトレーニング方法を知り、目から鱗がポロポロ落ちた

私の関心テーマの一つに、トレーニングがあります。 デジタルマーケ関連のスライドや、研修・…

2か月前

「やりたい事」はあなたを幸せにしない

もう15年くらい前になるか。 自衛隊のパイロットを夢見て何年もただそれだけを追いかけていた…

11か月前

マリーナ・アブラモヴィッチに押されて私は飛びおりた

今日で、初めてnoteを投稿した日から丸1ヶ月。マリナ油森、は本名ではない。今日はペンネームについてお話しよう。 マリーナ・アブラモヴィッチ。聞き慣れない名前だと思うが、現代美術に造詣の深い方ならご存知であろう。パフォーマンスアートの大御所だ。 私のペンネームは彼女の名前をもじったものである。私には彼女の力が必要だった。 1ヶ月前、私はnote投稿画面を前に固まっていた。文字を入力する指が重い。私はいつのまにか飛べなくなっていた。自分の想いを見ず知らずの人に伝えるやり方を

スキ
114

ちいさなネタを膨らませて2000文字の原稿にする方法

今年に入ってから毎日noteを書いているわけですが、毎日涼しい顔をしてしれっと書いているわけ…

2021年に起こったこと振り返ったら、想定外のことが多すぎて2022年もやばそうな気がし…

今、ロサンゼルスにいます。 マジで何だったんだこの一年・・・ こんにちは! free web hop…

2週間前

コミュニティマネージャーの私がMBAに挑戦する理由

こんにちは。2022年あけましておめでとうございます。 私は、Asanaという、シリコンバレーに…

2週間前

2021年、バズった広告ツイートを振り返る

noteだけ読んでもらってる方は、なんのこっちゃかもしれませんが。わたしTwitterで「いい広告…

3週間前

感性を刺激せよ!~没入できるファシリテーションのつくりかた~

 Potage代表取締役 コミュニティ・アクセラレーターの河原あずさです。ワークショップやアイ…

1か月、文筆家を名乗ってわかったこと

なんも変わりません。寄稿の依頼が来るわけじゃないし、フォロワーが増えたりもしません。毎日…

3か月前

「越境PR」のすすめ〜広報っぽい仕事が減りつつある私がPRパーソンとしてやっていること #PRLT Advent Calender 2021

「PRパーソン」と聞いたとき、あなたはどんな仕事をする人だと想像しますか? プレスリリースを書く人、メディア対応をしている人、コーポレート系のSNSを更新してる人……その通り、発信にまつわる広報活動の中核を担っているケースが多いと思います。とても大事な仕事です。 でも、それだけではありません。そんな話をしたいと思います。 PR Opsになって1年、進んで「越境」するようになった「越境PR」って? 2020年8月から週4日は、ヘルステックスタートアップ・Ubieの「PR

スキ
30