[コラム]家庭教師の活用法

家庭教師に週一度、数時間の指導を頼めば成績が上がるというのは幻想です。そうかと言って家庭教師を毎日頼めば、学費が青天井になってしまい現実的ではありません。

それではどうするか?

家庭教師には、監督、コーチ、司令塔、コンサルタントなどの役割をお願いすること。これが正解です!

そして、家庭教師が来ない日は、家庭教師の指示通りに日常学習をこなしましょう。<家庭教師の指導>と<生徒自身の日常学習>の両輪によって、学力と成績は徐々に上がっていきます。


逆に言うと、科目の内容を解説するだけの家庭教師、質問に答えるだけの家庭教師は、優秀な教師とはいえません。家庭教師の学歴(偏差値)と家庭教師の良し悪しにあまり関係がないのは、ここに理由があります。


家庭教師に必要な資質とは、コーチやコンサルタントなどに求められる資質と同じです。極端な話、家庭教師自身は、教科の内容を理解していなくても、問題が解けなくてもいいのです。生徒の学力を向上させるための方法論を心得ているなら、それで十分です。

だから、間違っても、学校や塾と同じような授業を家庭教師に依頼すべきではありません。それは時間とお金の無駄遣いです。

もし、諸般の事情により、教科書の内容をゼロから教えてほしいなら? それは別の機会にお教えしましょう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
ウェブ講座と家庭教師の2本柱で学べる学習塾!