見出し画像

いとうみく○あしたの幸福に言い訳無用

○大学卒業後、就職したか否かは不明も
フリーライターとして20年間にわたり、
育児や保育分野の仕事を手掛けながら、
12年(海辰)の月干「灯」の干合で
ありえない木性も精製されたとはいえ、
DNA「車」の条件なし天冲殺の夢の中に発表した、
「糸子の体重計」で、「巳」重なりの天冲殺日に、
第46回日本児童文学者協会新人賞(13-0421/灯巳)受賞。
その後、ありえない木性年には、
「空へ」で、第39回日本児童文芸家協会賞(15-0401/灯未)を受賞。
20年(鉄子)のDNA「禄」の半会年には「朔と新」で、
野間児童文芸賞(20-1102/畑酉)を受賞。
「二日月」が第62回、「チキン!」が第63回、
「天使のにもつ」が第66回と、
それぞれ青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選ばれ、
全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人の
いとうみく(70-0116/陽申)が、
『あしたの幸福』を02月19日(海辰)の
DNA「車」の天冲殺日に上梓したが、
理論社は、02月発行とだけで明確な日付を入れていないため、
ネットショップでの刊行日を採用したことを付け加えておく。

身重の婚約者穂波さんををかばって、
交通事故で亡くなった実父(広希)の死を受け、
むさ苦しい男の受験生がいる親戚の家に世話になりたくない!
残された雨音に、葬儀から数日後、一本の電話があった。
電話の人は国吉と名乗ってこういった。
「お困りでしたら、わたしと住みますか?」
それは祖母に欠陥人間と決めつけられ追い出された
実の母親で幻のレストランの料理人の国吉京香だったのだ。
そして、中学生の雨音は、ふりきった選択をする。
それは幼い頃に家を出たまま音信不通でも、
どこからか聞きつけて、連絡を入れてきた
産みの母に保護者になってもらうことだ。
始めは「利用」?それとも「処世術」?
料理が美味しいから、いっか。
自分の居場所を守ろうとする彼女は、
さらなる決断をして前に進もうとする。
小学校五年の時に紹介され父親の会社に出入りしていた
宅配便会社に勤務していた穂波さんとも一緒に暮らす!
両親の奇異な出会いと衝撃的な結婚までの道のり!
そして別離と毎年のクリスマスの持ち帰りディナー。
雨音が生まれるには生まれるなりの背景があった。
ありえない発想に作者のとてつもない着眼点に
脱帽するしかない意欲作!

神奈川県川崎市生まれも、
埼玉県狭山市にある武蔵野短期大学卒業。
かつては東京都新宿区民だったという「いとう」は、
DNA「司」で積み重ねって、経験を自分のものにしていく。
純粋だが、何でも自分のもとに引きよせる主人公でありたい。
「司+司」は、生活最優先で存外自分の心は開かない。
「司+鳳」は、我慢強い。
「司+調」は、誰にも負けたくない。
「司+石」は、敵をつくらず仲間が大切。
「陽+司+丑月」は、純真。
誰にでも、子供のように受け容れられやすい性癖。
「酉」年生まれ「陽申」は、それでいて孤独。
生き方を表す伴星は「龍」で、常に新たな挑戦。
雨音が考えそうなことだ。
物事の始めの洩星は「石」で、皆と一緒に。
雨音が実現したこともそう。
締めにあたる導星は「司」で、自分の意志で終わる。
雨音の未来を予感する。
駐輪場のわきにあるチェッカーベリーの
花言葉は、明日の幸福!

宿命の特長は、晩冬午前二時頃の街に
うっすらと昇る準備をしている陽光で、
総エネルギー213点はまずまずも、
前向きさを支える金性は86点があるものの
燃料源となる木性ゼロ(DNA龍/玉なし)の野人で、
そのままなら親縁なく、頭の中身もカラッポの、
生活最優先のお金だけが全てという次元の低さだが、
社会にでて後天的に努力を怠らねば、根が真面目なだけに、
かえって無限大の創造力なりを使用可能にもなる。
ようは野人そのものではなく、
ありえない木性を無限大に使用して
自分のものにしていく荒技を使えたのだろう。
それは幼児教育学科であろう出身という経験から
蓄積してきた財産であろう。
地支は年支「酉」VS月支「丑」の半会と、
日支の「申」をいれた金性一気格的で、
努力していれば現実的には困窮しない人。
年干支の「畑酉」は、形の良さ、見た目の良さ。
すなわち子供受けする風合い。
月干支の「灯丑」は、先祖のなし得なかった野望の実現。
そして日干支の「陽申」は、直感に優れ
無からありえないようなものを創造する。
第一印象を大切にし、一度手に入れた環境は失いたくない。
雨音も父親と暮らして部屋を失うわけにはいかなかった。

後天運は、初旬「6歳山寅」が、DNA「鳳」の豊かな表現力。
日干支「陽申」とは納音的(初旬のみ陽と山は同格)なため、
私生活を犠牲にして、努力をすれば、成功運型。
「寅」内「木」が、僅かながら出だしのエネルギー源となったはず。
2旬「16歳畑卯」は、DNA「調」の丁寧さが要求される前向きさ。
少女という方向性もあり、幼児教育の道へ。
就職をしたのか否かは不明も、
最後のあたりでは結婚している見込み。
3旬「26歳鉄辰」は、DNA「禄」の引力本能強化10年運天冲殺で、
動き廻れば回るほど、運気稼働。
4旬「36歳宝巳」は、年支「酉」に月支「丑」のからむ三合会局と、
DNA「司」の干合支合10年運天冲殺で、
大きく運気もあがりデビュー。
現在の5旬「46歳海午」は、進み行く方向性の変化。
月干「灯」が干合で「草」に、10年運は「木」になり、
変転変化していけば、ありえない木性が生成され至福。
今後は6旬「56歳雨未」は、DNA「牽」の栄誉。
7旬「66歳木申」が、待望のありえない木性のDNA「玉」の出現で、
どっしりと落ち着いた大御所。
8旬「76歳草酉」が、同じくありえない木性のDNA「龍」で、
新たな世界へと踏みこむ。

さて「いとう」は,、就職はしたのであろうか。
そして、仮にしていたら、フリーで動き廻ったのはなぜなのか。
木性ゼロ(DNA龍/玉なし)は無限大とはいえ、
落ち着いて仕事をするならば、フリーは似合わない。
また、結婚したのかしていないのか不明も
第一子男児(96-0928/山辰)がいるようで、
いとうの日干支「陽申」が、
長男の年干支「陽子」を大半会するばかりか、
いとうの月干支「灯丑」は息子の月干支「灯酉」と大半会。
日干支の関係も気を洩らす関係。
しかし、息子は総エネルギー145点の「山」とはいえ、
小高い「丘」程度の土地なので、
年干が火性で半会もあり、月干も火性で支合ありで、
どこも壊れていないところに、母親であるいとうまで、
生じる関係で恵まれすぎではないのか。
ましてハミダシ運の戌亥天冲殺が、
これでは自分に甘い人間や、恵まれすぎのありがた迷惑が、
苦悩に結びついてはいまいか。
しかも初旬2旬が10年運天冲殺で、
その後の3旬4旬が守護神火性では、その様相が強くなる。
配偶者の影が見えないので何ともいえないが、
(いとうの)結婚なり相手との遭遇が、
ありえない木性の94年(木戌)か95年(草亥)であったか。
95年であれば、ありえないありがたい害年だった、
いとうのその後の活動には役だっても、
私的面の不安はなかったとはいえない。
独特の作風は野人ばかりか、そのあたりも影響しているのだろう☆

いとうみく○70-0116
陽灯畑木
申丑酉※+6
調石鳳司司(司主導)
木性(00)火性(33)土性(54)金性(86)水性(40)/総合213
辰巳天冲殺/天冲殺(26歳鉄辰/36歳宝巳)
初旬条件あり(日干支と納音的)/主導DNA干合支合三合会局(36歳宝巳)
変則方三位(56歳雨未)/地支金性一気格的
木性ゼロ(野人)/火性脆弱/金性過多/水性脆弱
+6歳山寅/16歳畑卯/26歳鉄辰/36歳宝巳/46歳海午/56歳雨未/66歳木申~

第一子男児○96-0928
山灯陽灯
辰酉子+3
龍玉貫調司(調主導)
木性(15)火性(33)土性(30)金性(25)水性(42)/総合145
戌亥天冲殺/天冲殺(3歳山戌/13歳畑亥)/初旬条件あり(日干支を納音)
害(53歳畑卯)/主導DNA(73歳宝巳)
木性脆弱/金性脆弱/水性過多
+3歳山戌/13歳畑亥/23歳陽子/33歳灯丑/43歳山寅/53歳畑卯/63歳鉄辰~

○実践的運命改良//清く正しく美しく○幸せ発電所→
オンラインサロンで5万タイトルコラム閲覧と
あなただけへの生きる提言
それなりでなくパーソナル
あなただけのたったひとつの答え
必要なのは 終わりなき成長と修正力
発電される熱気がほとばしる疾走感で
あなたの未来を魔法のように変える!
http://www.birthday-energy.co.jp/unmei.htm


この記事が参加している募集

推薦図書

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
幸せ発電所○運命的芸能論//運命的読書箱//清く正しく美しく→

○明るい未来のために幸せ発電所の燃料補給をよろしくお願いします♪

○あなたの明日がハレますようにお手伝いします!
○今日という日を大事にし 今日よりも明日をもっと輝かし 感謝を忘れず清く正しく美しく生きたい 幸せを発電し実践的運命改良でハレにしたい♪#読書 http://birthday-energy.co.jp https://twitter.com/hare_SOYOKAZE