見出し画像

○今日は 平田駒 先生のお誕生日です! Happy Birthday!0607

平田駒○スガリさんの感想文はいつだって斜め上の大迫力
■17年(灯酉)の07月(灯未)の「灯」重なりに、
小説投稿サイト「エブリスタ」内の
「超・妄想コンテスト第50回河出書房新社賞」を受賞した作品を
大幅加筆訂正された
平田駒(89-0617/灯未※17日午前4時前生まれ判断)の
『スガリさんの感想文はいつだって斜め上』が、
04月30日(陽寅)のDNA「石」の天冲殺日に上梓された。

同作は、長野の山育ちでスマートフォンももたず、
テレビもまるで見ない。
祖母からはポニーテールが似合うと言われても、
面倒なので、何処吹く風。三つ編みだってするかも怪しい。
両親が離婚したことと、
曾祖母が系列の病院に入院してるので、
見舞いに行くという理由で、
子供の居ない父親の妹夫婦の家に下宿をしている
茅野から名古屋の私立高校に転校してきた
本の虫・須賀田綴(スガタツヅリ)の文化系武勇伝。
原宿や渋谷にでれば十分で、
栄なら五分でスカウトの声がかかるほどの美少女が、
クラスメイトに分けてあげようと持って来たスガリを出した途端、
教室は阿鼻叫喚の坩堝に。スガリとは地蜂の幼虫。
名古屋の高校生にとっては、ただの「虫」以外の何物でもない。
それ以来、彼女のニックネームは、
名前にひっかけて「スガリ」になった。
ある日、スガリは、部員が誰もいなくなり、
手芸部が維持出来なくなり途方にくれている
私立鶴羽学園の男性家庭科教員・直山杏介を顧問に、
読書感想部を立ち上げ、
前代未聞のユニークな読書感想文を杏介に読ませる。
(部員が一人でも顧問がいれば部がなりたつという仕組み)
名作文学を斜めからぶった切り巻き起こる事件を解決する。
俎上にあがるは、「夏目漱石の心」
「新美南吉の手袋を買いに」などで、
不朽の名作を重箱の隅をつつくように、あげつらう。
あの不自然なふすまや、キツネの母親の矛盾など・・・。
そのスガリは訳あって、
名古屋の覚王山にある「揚輝荘」の1階にある
実在するメイドカフェでアルバイトしている。
アルバイトは登録許可制なのだが、
スガリはそんなことは何処吹く風。
ともかくマイペースで、誰しも知っている名作に迫る。
奥行きの深そうでシリーズものとして期待がかかる。
青春の読書とはこうでなくちゃねという意欲作。

東京都出身。筑波大学卒。
現在、通信会社でエンジニアをしながら
精力的に執筆活動を行うという以外はすべてが謎の平田は、
DNA「鳳」主導で、バランス感覚ある中庸心らしい苦悩が、
冷静に疑問をもち、それを自問自答しながら、納得させる。
「鳳+司」は、一見真面目で始末に負えぬ徹底した個人主義者。
「司」は2つあり、純粋と思えば良い。
「鳳+龍」は、表現力と創造性の激突で、激しい葛藤。
才能はこの「龍」で、庶民目線で背景にある謎や疑問に迫る。
「鳳+鳳」は、好きなことなら粘り強く時間を忘れさせる。
「灯+鳳+午月」は、良いものの粗探しをする批判論者。
「巳」年生まれ「灯未」は、自分に正直。
生き方を表す伴星は「玉」で、生涯勉強でスガリさんも常に読書。
物事の始めの洩星は「鳳」で、なんとなく
なし崩しに読書感想文部も始める。
締めにあたる導星は「司」で、全ては自分の意志。

宿命の特長は、仲夏正午頃の街中の飲食店の電飾看板。
電気代もバカにならぬだろうに、
真っ昼間なのに、思いっきりピカピカにしているのは、
総エネルギー334点で通常人の倍はあろうかという存在感故。
自身の火性130点にその行き着く先の土性も130点と
素材は良いので、電力消費はさほどないとも見えるが、
実際は燃料になる木性が22点しかないため、
省エネで派手にみせるわけだから、
真っ新なところから創造するのではなく
古今東西の名作を効率良く利用するしかない。
これにより獲得できるものは52点の金性。
年支「巳」内「鉄」に根っこのある月干で輝く「鉄」は、
干合変化しないので、常に振りまわす武器は、堅実無比。
ひとつが終われば次のネタを用意して部活顧問を困らせるものの
その背景は「真面目!」なので、相応の引力本能となる。
また最大級の特徴ともなる水性ゼロ(DNA車/牽なし)は、
一生懸命働いて、無限大の栄誉等をとりに行くとも解釈できるが、
下手をしたら全く働かない人にもなり、
制御不能は、消し忘れというよりは、
もとよりスイッチがないので、モードはともかく煌々と輝く。
仕事熱心なら、異性を間違えやすいか、結婚をしないか。
平田の場合は、年支「巳」月支「午」日支「未」と
綺麗にならんだ火性の方三位のうえに、
地支火性の一気格となり、足許は熱気で火の車。
冷却装置がないので、目が相当良いか悪いか、
本の読み過ぎだけではない。
または、心臓が強いか危ういかといえば、
少なくともスガリは強心臓である。
電飾看板としたが、火の玉みたいな、近寄りがたい人。
それで間違いないだろう。
ちなみに、母親は生じてくれる「木」だが、
これは宿命にないので、日支「未」内の「草」が母親で、
才能の「龍」の源で、知性的な母親。
また、その干合相手の「鉄」が父親となり、
この父親は、経済的に成功した相当目立つ人になる。
年干支の「畑巳」は、外見穏やかも内面激しい。
肝が据わっているように見えて、自己矛盾を抱える。
それが強くなればなるほど「倒柱」と呼ばれる
大黒柱を倒しかねず、「白蟻」の異名も。
このあたりは、スガリの境遇を偲ばせる。
月干支の「鉄午」は、淋しがり屋ゆえに明るく振る舞う。
さっぱりとして威勢が良く元気に見えて、これが曲者。
過保護に育てられると傍若無人の暴走族。
芸術や学問を奨励され鍛えられば本物になる。
祖父母が手に負えず、スガリを都会にだしたのは正解だろう。
そして、日干支の「灯未」は、水がない宿命なら、
焚き火がうっかりして山火事にもなりかねない、
鎮火することなく常に燻るように、辛辣な切り口で、
痛快に斬りまくるだけではなく、際限なく持続力のある
スガリの性懲りもない因縁めいた遺伝のようなもの。
まるで祖先の血脈がスガリに何かをさせるよう、
暗にささえているような状態。
干支番号構成は、06-07-44となり、
隣り合った東方2点と西方を結ぶ鋭角地帯。
ここに334点の普通人の倍もあるパワーを注入するのだから、
仕事をしながらでも、作品は楽に仕上げたはずであろう。

後天運は、初旬「7歳宝未」が、DNA「禄」の引力本能付加。
宿命にない特別な教育を小学校くらいからは開始し、
感謝や奉仕の気持ちが降って湧いたように蓄積され、
それなりに人気者であったかもしれない。
2旬「17歳海申」は、さらにありえない水性の制御。
異性を意識したとも考えられなくないが、
DNA「牽」なので、官立すなわち国立大学に進み、
就職先も誰しも知り得ている企業であるはずだ。
3旬「27歳雨酉」は、DNA「車」の多忙。
仕事も暇ではないはずだが、さらに稼働力があがり、
勢い余って、大好きな分野に挑戦したとみる。
今後は4旬「37歳木戌」が、DNA「玉」の学びの10年運天冲殺。
年支「畑」の干合もあるだけに、創作分野で安定感が増し独立。
古典的な方向から才能を注入して、円熟期に入る。
とはいえ有頂天になりすぎれば反動もあるので、
突発的な成功に対して自然界に対して恩返しが必要。
5旬「47歳草亥」は、さらに進み行く方向の変化で、
庶民的。あるいは外国との連携などで、新境地。
環境は前の10年とあわせて異様であればあるほど、
もてはやされるが、同様に感謝あるのみ。
6旬「57歳陽子」は、一転妥協と屈辱の害。
人間関係での失敗もあろうが、
月干支「鉄午」の天剋地冲もともない、
中心部の不安定は、無理をしすぎた反動で体調不良が濃厚。
7旬「67歳灯丑」は納音。年支「巳」の半会で広がっても、
月支「午」の害で不安もありで、過去の完全破壊。
8旬「77歳山寅」は、DNA「調」の10年運天冲殺。
晩年すぎて稼働は疑問だが、
再評価が行われ丁寧に集大成が行われる。
今度こそ本当に感謝あるのみだろう。

さて、当初は何故著者が舞台を名古屋にしたのかは疑問だった。
別に東京でも良かったはずなのだが、
その謎はパイロット版をエブリスタのサイトを見て合点がいった。
当初の設定は東京だし、
主人公はスガリさんではなくスガリくんで男子生徒ではないか。
しかも顧問の教師は普通に女性になっており、
それでは面白くもなんともないから、
受賞にあたり編集者によって
書き直しを示唆された可能性が浮上した。
なるほど巻末の「大幅」が決して誇張でないのは一目瞭然だね。
スガリの生い立ちや虫にかけた名前といい、
舞台を長野経由名古屋にしたことなど、
どこまでが編集者のアイデアなのかも不明なのだ。
(となると午前四時前生まれでなくても良い気もするが、
害年のデビューもありえないだろうから目をつむる)
となると長野や名古屋がでてくるのも唐突ではなく、
実在の山崎川の桜並木や揚輝荘のカフェを登場させ、
舞台にしたのは一見南山大学附属ともみてとれるが、
微妙にズレもあるのは、在住者でない感覚の違いか。
とはいっても、無人の部屋に入る時は
「おじゃマンボウ」と言えば許されるとか
?なローカルルールも笑えたし、
無銭飲食しようとした子供を「そりゃあ、ふんじばります」など、
封印していた思いが原稿用紙にあふれだす。
変人奇人美人のスガリさんはとても楽しくなっている☆(2019_0627)

平田駒○89-0617※午前四時前生まれ判断
灯鉄畑海
未午巳※+7
鳳司龍鳳司(鳳主導)
木性(22)火性(130)土性(130)金性(52)水性(00)/総合334
寅卯天冲殺/天冲殺(37歳木戌/47歳草亥/77歳山寅/87歳畑卯)
変則方三位(17歳海申)/害(57歳陽子)/納音(67歳灯丑)
地支方三位火性一気格
木性脆弱/火性過多/土性過多/水性ゼロ(野人・配偶者成分皆無)
+7歳宝未/17歳海申/27歳雨酉/37歳木戌/47歳草亥/57歳陽子/67歳灯丑~

○実践的運命改良//清く正しく美しく○幸せ発電所→
オンラインサロンで5万タイトルコラム閲覧と
あなただけへの生きる提言
それなりでなくパーソナル
あなただけのたったひとつの答え
必要なのは 終わりなき成長と修正力
発電される熱気がほとばしる疾走感で
あなたの未来を魔法のように変える!
http://www.birthday-energy.co.jp/unmei.htm


この記事が参加している募集

推薦図書

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
幸せ発電所○運命的芸能論//運命的読書箱//清く正しく美しく→

○明るい未来のために幸せ発電所の燃料補給をよろしくお願いします♪

○あなたの明日を明るく改善お手伝いします♪
○今日という日を大事にし 今日よりも明日をもっと輝かし 感謝を忘れず清く正しく美しく生きたい 幸せを発電し実践的運命改良でハレにしたい♪#読書 http://birthday-energy.co.jp https://twitter.com/hare_SOYOKAZE