BDDNEWS
BDDNEWSレター 2021.7.15 NO.49
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

BDDNEWSレター 2021.7.15 NO.49

BDDNEWS

◇◆◇写真で見るバングラデシュ◇◆◇

画像1

厳格なロックダウンが課せられる前日、大急ぎでダッカを離れる人:ムンシゴンジ県マワ

画像2

小雨の中、傘をさして大喜びする子どもたち:ランガマティ県

画像3

ホーリー・アルチザン・ベーカリーの庭に立つ男性。殺害された人を追悼するため、花が置かれている

画像4

ダッカテロ事件の犠牲者に献花し、敬意を表する日本人

画像5

犠牲動物に食べさせる干し草を運ぶ人:パブナ

画像6

厳格なロックダウンが続く中、生活必需品を買いに狭い路地に人が集まる:ダッカ市モグバザール

画像7

収穫したジュートは20日間緩やかな流水にさらす:ラジバル県ゴアランダ

画像8

地元でノシモンと呼ばれる3輪車から犠牲祭で生贄になる牛が下りてくる:ラジシャヒ市場

画像9

毎週金曜日に開かれるボート販売フェア。県内では野菜や果物の販売に船が使われる:ピロジプール県スワルプカンシ郡クリワナ運河

画像10

赤ん坊を道端に置いたベッドに寝かせ、母はタバコやキンマを売る


◇◆◇新型コロナとロックダウン◇◆◇

【感染者13768人死者220人】

1日の感染者最多

 保健サービス総局(DGHS)によると、12日午前8時までの24時間、迅速抗原検査を含む4万4067件を検査した結果、新型コロナウィルス新規感染者は過去最多の1万3768人となった。これにより国内の累計感染者は103万4957人に増加した。

 この24時間の感染率は31.24%だった。

 その間、220人が死亡、累計死亡者数は1万6639人に達した。

 一方、この24時間で7020人が回復、累計回復者は88万1521人となった。

 8管区の中では感染者、死者数ともダッカが最多で、それぞれ6413人と64人だった。最近ホットスポットとなったクルナは、感染者1642人で死者は55人だった。

 チャットグラムでは感染者2311人、死者37人、ラジシャヒでは感染者1339人、死者23人、ロングプールでは感染者613人、死者18人だった。

 現在、バングラデシュでは新型コロウィルス感染者と死者が再び急増し、政府はこれまでで最も厳しいロックダウンを実施している。

Financial Express Jul 12 2021

【人力車でも治療】

リキシャでも治療

 新型コロナウィルス感染症が急増する中、クルナ管区のジョショール総合病院ではベッド不足で、廊下にまで患者が溢れかえっている。そのため、車寄せまで患者を運んできた人力車の中で治療しなければならない。

 医療従事者は押し寄せる膨大な患者の対応に苦労し、患者数、死者数とも、日に日に増加している。

 地元ユニオン協議会議長によると、大勢の人が熱や悪寒に苦しんでいるという。

 通常、このモンスーン期にはインフルエンザが流行する。一方で新型コロナウイルスの感染が拡大しているため、患者の苦しみに加え、医療施設の負担も大きい。

 「早く治療を受けなければならないのに、患者は風邪なのかコロナなのかわかるまで、貴重な時間を浪費しています」
 アラブプールユニオン協議会のシャハルル・イスラム議長は述べた。

 ほとんどの患者は、病状がひどくなってから病院へやってくる。

 アクタルッザマン院長は、患者は到着後ただちに酸素供給が必要だが、すぐ酸素不足に陥るかもしれないとの懸念を示した。

 ジョショール市民病院局の医療担当者リューニワズ氏によると、7日朝までの24時間で少なくとも6人が病院で死亡したという。

 アリフ・アーメド医師は、それとは別に、新型コロナ感染症に似た症状で8人が死亡したと述べた。7日は155人が病院で治療を受けたという。

 ジョショール市民病院局のシェイク・アブ・シャヒーン氏は、コロナウイルスの感染急増は極めて明白だと述べ、地方では感染率が非常に高く、当局は市民の啓発活動に力を注いでいるとした。

Financial Express Jul 8 2021

【直近1カ月の感染者数と感染率】

直近一カ月の感染者と感染率

【新規感染者推移】

感染者

【死亡者推移】

死者

【ワクチン接種推移】

ワクチン

【検査推移】

検査

◇◆◇2020-21年度の経済◇◆◇

 6月末で2020-21会計年度が終わり、中央銀行や輸出促進局などの政府機関から、昨会計年度の総括データが提示され始めた。データからはコロナ禍にも関わらず、経済が伸長したことが見てとれる。

この続きをみるには

この続き: 7,333文字 / 画像19枚
記事を購入する

BDDNEWSレター 2021.7.15 NO.49

BDDNEWS

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
BDDNEWS
2014年からBDD(バングラデシュデジタル)ニュースというサイトを運営しています。noteでは現地新聞3社の記事をもとに、バングラデシュの今や歴史がわかる記事や写真、経済指標を掲載しています。