子供が爆発しそうだったので思いきってワーケーションした話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

子供が爆発しそうだったので思いきってワーケーションした話

Bカート公式

こんにちは、ウカイです。普段はBtoB専用のECサイト構築プラットフォームを提供している会社の役員をしています。今年4月頭(3回目の緊急事態宣言前)にワーケーションに行ってきたので、その経緯や行ってみて思ったことをまとめてみました。


普段はどうしてる?

昨年2020年4月頭に会社の方針として全社員を原則テレワーク(主に在宅勤務)を導入することになりました。

在宅勤務を1年やってみての話については別のメンバーが書いてくれてるのでそちらを読んでいただければと思います。

なんでワーケーション?

というわけで昨年春から現在まで在宅で仕事をしてきたわけなのですが、この3月末から4月の始業まで春休み中の我が家の2人の娘が、ステイホームについに限界を迎え爆発しそうだった(いやもう爆発していた)ので、この状況をなんとかしなければ...となっていました。

テレワークに昨年から移行していたこともあり、場所にとらわれずに仕事をする環境というのは形が出来上がってきていたものの、実際には自宅にとらわれてるな、と。

メンバー同士がちゃんと何らかの方法で繋がっていれば仕事をしていけるということに自信も持てるようになってきていたので、家族のためにもリフレッシュもできる場所で仕事をするという選択をしました。


必要なモノやコト

今回のワーケーションでおやつの予算以外に特に意識して用意したモノややったコトを以下の3つに絞って紹介します。

Wifi環境

これは忘れてはいけないですよね。今回のワーケーションではポケットWifiを持っていきました。

また、ポケットWifiだけでは頼りなかったのでスマホのテザリングの設定や、宿泊先のWifi設備(VPNを利用する前提)を確認しました。

あと、これはWifi環境が利用できなくなった場合も想定して、オフラインでできる仕事(セミナー資料作成など)もリストアップしました。

仕事の調整

せっかくのワーケーションなので、そういったことを面白がってくれそうな取引先さまとのWebミーティングの予定を入れる、というのをやってみました。

宿を探す(AirBnB)

自分の好みではあるのですが、ボロボロの物件の方がおもしろいかな。と考えたり、文豪が避暑地などで執筆活動をおこなうような感覚でAirBnBを使って探しました。
やっぱり新型コロナウィルスのことは外せないので、人との接触を極力減らせる一棟貸しなどの部屋で利用できる施設に絞って選びました。

やってみてどうだった?

やっぱり旅行として出かけたい

ワーケーションこれからやりたい、と思ってる方には申し訳ないんですが、宿を探しているときにふと思ったのが、旅行を前提にした宿泊施設ばかりなので、見てるとやっぱり仕事より純粋に旅行したくなるんですよ。ワーケーション向けの施設は今後増えていくんでしょうけれど、やっぱり仕事抜きで旅行したいです。

現地に行ってみないとわからないこともある

宿泊した場所の近くに硫黄泉があったのですが、その硫黄臭が特にキツいタイミングだったらしく、宿泊施設の方曰く喘息持ちの方は気をつけたほうがいいんだとか。

気分が変わる

iOS の画像 (2)

そりゃそうなんですが、やっぱり気分が変わります。しかも「こうやっていつもと違う場所にきたら気分も変わってええなぁ。そうやな。仕事がなかったら最高やのにな。」と思っちゃうっていう。

音や匂いもそうだし、目に映る景色も違うので、いつもと違う仕事をするのに向いてそうだなと。事業のアイデア出しや新しい企画など、合宿をオフィスとは違う環境でやるのってこのためなんだなと。ただやっぱり個人的には遊びたい。


猛烈に仕事がある人にはおすすめしない

今回たまたまタイミングが悪かったけれど、処理しなきゃいけない仕事が溜まっている(締め切りに追われている)状態であればせっかくのワーケーションを満喫できないのであまりオススメしない。
それでも立ち上がった時に見える景色は日常とは異なるのでいいな。と思ったりするけど、旅行先で絵を描いたり、本を読んだり、その場所に溶け込みたいような人にはちょっと違うのかなと。うん、やっぱり遊びたい。


あぁ、Work + Vacation なんだ

iOS の画像 (3)

どうなんでしょ。ワーケーションやってる記事とかポロポロ見かけますが無理してません?っていうのは感じました。欧米ではVacationっていって1ヶ月とか休暇をとったりすると思いますが、それぐらい旅先が日常ではなくなるぐらいの滞在期間があって、はじめていい塩梅でワーケーションしていけるように思います。
近くには文豪が滞在していた強羅などもあって感じるところはありました。自分と向き合うというか、無駄を排除してインスピレーションをえるようなことをしたいと場合にはワーケーションは向いているような気もしました。ま、楽しみ方は人にもよりますけどね。Vacationらしく遊びたい。


仕事も人生ももっと楽しみたい

欲張りなのかもしれませんが〇〇がしたいから△△を諦める。っていう思考ではなく、あれもこれも全部叶えてしまいたい。って思っているし、そう思えるような環境を作って、仕事も人生もより有意義なものにしたいと考えています。
そのためには努力や他人様以上に考え続けることは重要ですが、おもしろい人生の方が楽しいですよねー。
なぜかウチの会社にいるとそんな気持ちにさせられる。そんな環境を作っていきたいと考えています。


滞在期間
今回は平日の夜に車で移動して、平日の夜に帰ってきましたが、これはめちゃくちゃ疲れました。今度やるときは週末に移動して、週末に帰ってくるくらいの週単位の滞在がいいなと思いました。

おわりに

みんなワーケーションやろうよ!というよりかは、「こういうときはワーケーションいいな」という視点で書いてみましたが、少なくとも場所にとらわれずに仕事に向かうことで得られるものがある、という気づきがありました。それから、今回は1泊2日という短期滞在だったので、1週間とか1か月とか長めのワーケーションだとまた印象も変わってくるのだと思います。

******************************************

当社では現在、絶賛新メンバーを募集中です。

募集記事をこちらで公開しておりますので少しでも興味を持たれた方はぜひご連絡ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Bカート公式
Bカートは、BtoBの受発注業務をIT化するクラウド型ECプラットフォームです。BtoB(企業間取引)における独自の商習慣を全て標準機能で対応。月額9800円~、最短即日で導入可能。BtoB EC・Web受発注システムならBカート!