妖魔開闢 -蜘蛛と殺し屋/竜の魔眼-
見出し画像

妖魔開闢 -蜘蛛と殺し屋/竜の魔眼-

朽尾明核

「先輩、なんか超でっかいダイヤがあるんですけど、さすがに偽物ですよね」
 整理整頓が行き届いた書斎。
 壁際のキャビネットに顔を突っ込みながら、ユズが呑気な声を上げた。
 高校の制服のスカートが揺れる。

「換金目的じゃない。物取りの犯行に見せるためにやってるんだ。手当たり次第、鞄に詰め込めばいいんだよ」
 俺は、マホガニーの机の抽斗を抜き、中身をぶちまけながら答える。

「捨てるんでしたっけ。勿体なくないですか?」
「盗品は高価なほど足が付く。教わらなかったか?」
「何も。基礎は全部OJTで習えと言われました」

 溜息を吐いた。
 殺しの実地研修OJT。何の冗談かと疑いたくなるが、灰澤からも言われている。

 俺の任務は二つ。
 一、ユズに、殺しの基礎を教える事。
 二、ユズが、この世界でやっていけるかどうか見極める事。
 正直に言って、気が進まない。

 腕時計を確認する。
 標的が帰宅するまで、あと三十分。

 その時――。
 書斎の窓ガラスが割れた。
 
 何者かが飛び込んでくる。
 反応が遅れたのは、そいつがあまりにもふざけた見た目をしていたからだ。

 侵入者は、まるで蜥蜴と人間を掛け合わせたような姿をしていた。
 全身がびっしりと鱗に覆われている。
 手には、大振りの柳葉刀を握っていた。

 蜥蜴人間は突きを放った。
 鉄が肉を貫く音。
 切先がユズの豊かな胸の間――心臓のある位置へ、深々と突き刺さる。
 ユズが血を吐いた。
 即死だ。

 俺は、懐から銃を取り出すと、蜥蜴人間へ向かって撃った。
 鳴り響く銃声。
 蜥蜴人間は、頭に銃弾を喰らっても、平気な顔をしていた。
 銃が、効かない。

「鉛玉じゃダメですよ、先輩――」
 声が聞こえた。

「私達みたいな化け物には、『銀』で出来た武器じゃないと通用しません」
 胸を貫かれて死んだはずのユズが、笑みを浮かべている。
「言ったじゃないですか。OJTです。もっとも、教えるのは、私ですが」

 彼女の背中が裂け、そこから巨大な蜘蛛の脚が生えてきた。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
朽尾明核