マガジンのカバー画像

パルプ小説集

3
私の書いたパルプ小説作品をまとめて置くマガジンです。 ©Photo by Sofia Sforza on Unsplash
運営しているクリエイター

記事一覧

妖魔開闢 -蜘蛛と殺し屋/竜の魔眼-

「先輩、なんか超でっかいダイヤがあるんですけど、さすがに偽物ですよね」  整理整頓が行き届いた書斎。  壁際のキャビネットに顔を突っ込みながら、ユズが呑気な声を上げた。  高校の制服のスカートが揺れる。 「換金目的じゃない。物取りの犯行に見せるためにやってるんだ。手当たり次第、鞄に詰め込めばいいんだよ」  俺は、マホガニーの机の抽斗を抜き、中身をぶちまけながら答える。 「捨てるんでしたっけ。勿体なくないですか?」 「盗品は高価なほど足が付く。教わらなかったか?」 「何も。

スキ
32

レイダウン・ユアハンド -Lay Down Your Hand-

「賭けをしよう」  俺の対面に座る初老の男が言った。  ジム・ラズロー。このカジノの主だ。 「賭け? いいね。大好きだ。特にポーカーには――」  俺の言葉を遮るように、ジムが指をさす。  カジノの入り口。 「次に、あの扉を開けて入ってくる客。そいつが、『男』か『女』か、賭けたまえ」  ジムが言った。 「当てたら、話を聞いてくれるのか?」 「まさか。――当てれば、君はこのカジノを無事に出ていける」 「外したら?」  尋ねた瞬間、俺の背後と両脇を囲む、ジムの五人の護衛が、銃を抜い

スキ
26

犬と狼の間 -Entre chien et loup-

 一閃。  歳三の放った斬撃は、夕暮れの光を反射し、文字通り一条の線となった。閃光は、相対する魔獣を両断する。  渾身の一撃。一瞬の後、魔獣は夥しい量の血を撒き散らしながら、どうと崩れ落ちた。絶命。  歳三は、血振りをしてから、滑らかな動作で刀を鞘へと納めた。  静かだった。  三条小橋は黄昏時。本来ならば、町人たちが道を行き交っていてもおかしくはない時間帯だ。しかし、今は人っ子一人姿を見せない。  足音がした。  歳三が、そちらを見る。路地裏から、ひとりの青年が姿を現し

スキ
18