見出し画像

【別物】マギレコアニメと原作の違いを比較~衝撃的な原作改変の数々

この記事はYouTubeにも投稿しています。記事が長く読むのが大変なため、間違いなく動画版の方が見やすいです


体の60%は闇属性、薔薇宮ソーナです。
13話の衝撃的な展開で話題となったマギレコですが、知っていましたか?
実はあのラスト、原作とはまったく違うんですよ。
他にもマギレコは原作とアニメで細かな違いがいっぱいあって、原作通りならとっくの昔にまどか・ほむらが登場していた。マミさんの扱いが悪すぎて炎上していた可能性も高かったんですよ!

あと、いろはややちよも原作との違いがあって……というわけで、マギレコの原作とアニメを比較して、これだけはぜひお伝えしたい違いを各キャラ毎に、厳選して紹介したいと思います。

また僕のchではこの他にもマギレコ関連の動画を多数あげています。興味がある魔法少女のみんなは、ぜひぜひチェック&チャンネル登録お願いします。

それでは本編スタート

【別物】マギレコアニメと原作の違いを比較~衝撃の原作改変の数々
まどかほむら
アニメ勢の方からすると、この2人いつ登場するんだよってヤキモキしてると思いますが、実は原作通りならとっくの昔に登場しています。
まずはプロローグ部分でちょっと登場、そして原作5章 ひとりぼっちの最果て編、
二葉さなとかアリナ先輩が初登場した章、アニメだと8~10話の範囲
実はここで再登場して、いろはたちと仲良くなって共闘していたんですよ!
だからアニメではかなり引っ張っているといえます。さすがに二期の……序盤では出るんじゃないですかね?

1話はほぼ原作にない話
宝崎市にいたいろはちゃんが黒江と一緒に神浜に行くというアニメ1話

なんですが、実は1話はほとんど原作にないシーンなんですよ。まず原作だと、黒江じゃなく、いろはがういに関する夢を見ていた、そしてこの夢の正体、そして自分の中でざわつくキモチ、その正体が知りたいから神浜を自主的に訪れる。

そしてかえでと遭遇するも使い魔に苦戦して意識を失う、
気づいたら調整屋にいて、ももこやみたまさんに出会う
その後いろははももこと協力して、やちよさんと対立っていう流れなんですよ。

まあなんでこんな改変をしたのかというと、

・オリキャラの黒江を出したかった
・次から次へとキャラが登場するのを抑えたかった
・原作通りだと後述するやちよさんがやべーやつすぎる

こんなところだと思います。アニメ版の方が初心者に優しいつくりとなっていて、個人的にはこっちqの方が良いと思います。

環いろは
主人公である環いろはちゃんですが、原作との違いは2つあります。
①弱すぎる
ゲームでもいろはちゃんは弱いという設定なんですが、アニメほどクソ雑魚じゃなく、一応戦力にはなるなあっていうくらいの強さ。

あとアニメに比べ原作は流されにくい性格で、自主的に行動しています。
しかも背中がほら、無駄にかっこいいというかイケメソで、むしろ強キャラオーラすらあります。

なんですが、アニメだとめっちゃ弱く設定されています。もうおまえ治療に専念してろよってレベル

だから基本的にドッペル頼りになっていて、ドッペルをとりあえずぶっぱするキャラと化していましたよね。

ただ原作だとドッペルって、あの神社のところ以外はほとんど使っていなかったんですよ。それにアニメでは偽物のみふゆさんにまったく歯が立たず、やちよさんに助けてもらったじゃないですか

でも原作だとやちよさんは助けてくれず、「本物のみふゆなら環さんなんかに負けないわ」って感じで、おまえ1人で倒せよなっていうスタンスというか少年ジャンプ脳だったんですよ

でいろはは偽みふゆ倒してますから、結構原作とアニメで戦闘能力が違うんですよ。うん、アニメは最終話で急に強くなってましたが……

七海やちよ
マギレコにおけるネタキャラ四天王のやちよさんですが、アニメとゲームでそこそこ違いがあります。

原作初期のやちよさんって、かなり尖っているというか、人当たりが悪かったんですよ。アニメ1話でいろはちゃんたちに厳しく接していましたが、あれの比じゃない。

神浜に来たければ、私を倒してからにしなさいとか、小さいQBを抹殺しようとしたり、ガチで怖いというか、ボスキャラみたいだったんですよ。

後は天音姉妹、こいつらの足を容赦なく潰したりしていますからね。

だからアニメではかなり丸くなっています。ただ逆に、初対面のフェリシアにGPSをつけたりと、サイコレズ属性が追加されていますから、どのみちやべーやつであることには変わりないですね。

フェリシア
やちよさんだけでなく、フェリシアもアニメではかなり丸くなっています。
アニメ勢の人からすると、アニメの時点で十分クソガキなんですけど!
って思うでしょうが、原作はもっとイラッとくるレベル。
やちよさんのことも、ケチバアア!って罵りますからね!
僕も正直、原作フェリシアはおガキ様感が強すぎて受け付けないですね。

後フクロウ幸運水のエピソード。実はあそこで佐倉杏子も合わせて、3人で水を飲んでいるんですよ。

だから杏子もフクロウ幸運水、そしてそれを守護ろうとするマギウスの翼との関係性が自然と生まれるんですが、アニメ版ではただ単に、グリーフシードのためと変更されていました。

黒江
1話に登場した後は長く出番がなく、最終話で思い出したように登場した黒江。実はこいつ、原作にいないアニメオリジナルのキャラなんですよ。

現状だとなぜ追加されたのか完全に謎ですが、制作サイドのインタビューを見る限り、最終話まで出番がないのは、最初から決められていたとのこと。
二期ではどうなってくるんでしょうかね?
一旦中断

十咎ももこ
多分アニメ勢の人にはほとんど印象に残ってないと思いますが、 個人的にアニメ版唯一の被害者です。なぜかというと、全体的に出番が削られているからです。

代表的なエピソードを2つ紹介します。

①アニメ5話。後半マミさんがいろはのことを魔女だと疑って倒そうとしましたよね?

アニメだとマミさんは見逃す形になりましたが、原作だとマミさんがやちよさんの話をまったく聞かず、いろはをそのまま倒そうとするんですよ。

で、そこにももこが駆けつけてマミさんと対峙。多勢に無勢と判断したマミさんは撤退という形。ももこファンにとってはなかなかの見せ場ですよね?

まあ、このシーンはマミさんが完全にヤバい人だったので、この改変は英断というか、むしろ原作どおりなら炎上ものです。

②やちよさんとの関係性

ももこって実は、原作だとやちよさんと喧嘩をしているというか、仲が悪いですよ。

というのもももこって昔は、やちよさんと同じチームだったじゃないですか。で、アニメだと分かりづらいですが、実はやちよさんに憧れていて、やちよさんがチームは解散と突然宣言したことが原因で、不仲になっているんです。

で、原作1章、いろはが神浜に来たら、原作版の鬼やちよさんがいろはに絡んでくるんですが、そこにももこが助けに入って、いろはをいろいろ手助けするっていう、頼れるお姉さん兼チュートリアル担当みたいな立ち位置だったんですよ。

それで、アニメ11~13話の章で、やちよさんと和解する流れだったんだ

ただアニメでは、そもそもやちよさんとの関係が悪化しておらず、またやちよさんも鬼化していなかったため、ももこの出番が大幅カット
こういう和解イベントも今後必要なさそうなんですよね。

そしてアニメラストのオリジナル展開。かえで・レナとともにマギウスの翼の集会に参加、マギウスの翼入りは不明ですが、これも原作にはない流れです

まあ良いところないですよね、アニメだと。

3話の髪をおろしたももこがかわいかっただけに、いろいろと惜しいですよね。


秋野かえで
アニメ版最強のダークホース枠です。原作との扱いがかなり違っていて、大きく分けて3つあります。


①かえでといろはの接触タイミング
原作だといろはが神浜に来て、最初に出会った魔法少女がこの、秋野かえで。そう、やちよさんじゃなかったんですよ。2話冒頭、いろはとかえでが出会うのを、本来なら1話でやる流れだったんですよ。

②原作に比べ毒舌家じゃない
アニメ勢の方は多分「ふゆぅ。かえでちゃん天使だよぉ」って評価だと思うんですが、原作だと作中最強のレスバ・煽り力を持っていてば、ONE PIECEの赤犬がロリになったみたいなキャラなんですよ。

例えば、レナちゃん知らないの~?っていう、知識マウントを通常攻撃で放ってくる始末。ただアニメだと抑えめというか、ほとんど煽ってこないんですよね。

③ドッペル暴走からの黒羽根
これね、原作に一切ないシーンなんですよ。まず本編でかえではドッペルを使わないし、ももこ・レナがあの変な魔女にやられたエピソードもない。

そしてかえでがマギウスの翼に入ることもない。原作だとももこが魔法少女の真実を話してショックを受けるけど、最終的にはそれを受け入れているんですよ。

だからアニメ2期でどうなるのか、引き続き注目ですね。

水波レナ
レナちゃんの場合はなんといっても、胸がパンパンじゃないことです。いや、これ結構謎ですけど、アニメ版のレナってなぜか胸が薄く調整されてるんですよ。かえでからは、胸元パンパンだねってさんざん煽られているから、巨乳設定ありなのに、なぜか……。これも、伏線なんですかね?

後は絶交階段のウワサ関連。かえでがウワサにさらわれたのはレナちゃんが原因には変わりないんですが、アニメと違って原作では階段にかえでの名前を書いていないんですよ。

ゲームのウワサは、友達と喧嘩して、絶交と言った後に、謝る……これだけで絶交階段のウワサに連れ去られるという、かなり条件が緩かったのです。

だからそのウワサを知っていたレナは、かえでが謝らないよう気遣ったりしていて、かなり良い子だったんですよ。

これは僕の予想ですが、アニメ1期で株を落としたレナちゃんに新しい見せ場を作ろうと、2期ではレナちゃんがかえでを救う流れになるでしょう。


梓みふゆ
基本的に言動はほとんど変わってないんですが、アニメのダークサイド演出によって、ヤンデレ・悪女になりました

みふゆさんを代表するアニメ11話。アニメ勢の方は多分、みふゆさんめっちゃマウントとってくる悪女ってイメージでしたが、原作だとだいぶ雰囲気が違います。

わりとのほほーんとしていて、「久しぶりにやっちょんの家に来ちゃった」って浮かれてるみたいなノリ。いろはに対しても、いじめようというよりは、あ、ここでやっちょんとの仲を自慢したーいという、ちょっと天然? な感じです。

あとやちよさんに対しても、原作だと本当にやちよさんのことを心配していて、だけど結果的にやちよさんを追い詰めてしまっただけなんですよ。
それはそれでたちが悪いなあ

まあ、アニメでも悪女化しているというよりは、本人にとっては何気ない一言であって、意図的に傷つけようとしているわけではないと思いますけど、あの演出はちょっと悪意がありますよ(笑)

ちなみに原作のみふゆさんは、おがきえもん(小学生)に勉強を教わっている、のび太みたいなダメダメキャラなので、詳しく知りたい方はこちらの動画をどうぞ。

13話とマミさん関連
ラストはいよいよ、みんんが知りたかったマミさんと13話についてです。まずマミさんに関しては、原作よりもアニメでかなりマシになっている、むしろマミさんの株を上げすぎて、ももことか他キャラが割を食っているくらいです。

代表的なのが、動画中盤ごろに語った5話後半。マミさんがいろはを襲おうとしますが、原作ではももこが助太刀に入ったから、マミさんは撤退と、ちょっとダサいですよね。

後アニメ8~10話でマミさん自身は、実は出ないのですが、3人のキャラがマミさんについて言及しています。

その内の2人が、まどかとほむら。この2人は行方不明になったマミさんを探すために、神浜に来たのです。

そして最後の1人がアリナ・グレイ。巴マミはアリナの作品の一部になったと。これもまたマミさんの株を下げる発言。

とまあアニメと原作でマミさんの扱いがだいぶ違いますよね。

そして13話で、突然失礼するんですが、ここは基本的に変わりません。
原作でも突然現れてホーリー化します。ただ原作ではさやかは爆弾を投げて撹乱、マミさんは建物の崩壊に巻き込まれ、その隙をついていろはたちは撤退と、原作ではちゃんと、いろはも逃げ出せています。

アニメのホーリーマミさんめっちゃ強くなっているという声もありますけど、個人的にはそんなに原作と乖離がないかなあ。原作は原作でかなり強かったですからね。

そしてラストのマギウスの集会、ここもアニメオリジナルで、かえで・レナ・ももこがマギウス入り!? というのも、アニメならではの要素です。


全体の雰囲気
マギレコアニメのよくある批判として、まどマギっぽくないというのがありますが、実はアニメ版はむしろ原作よりもかなりまどマギらしくなっているんですよ。

代表的なのがアニメ5話で、偽物のういといろはが再開するシーン。アニメだとういの目が死んでるし、壊れたラジオみたいに同じことしか喋らず、めっちゃ怖い雰囲気なんですが、原作はこんな感じ。怪しい雰囲気はありつつも、そこまでホラー感はないんですよ

後は数分前にも紹介したみふゆといろはのマウントバzトル。これも原作に比べアニメだとホラー・緊迫感がマシマシになっています。

この他にも原作に比べると、演出とか雰囲気、ストーリー構成がかなり頑張っていて、アニメの方がまどマギっぽいです。


と原作とアニメの違いはこんな感じです。アニメを見るとあまり違和感がありませんが、こうして比較してみると、原作との違いってかなり多いですよね。
ただ完全に話の流れがガラッと改変ではなく、おおまかなところは変えず、細かいところを徹底的にアニメ向けに改変していて、原作をただ普通にアニメ化するよりも分かりやすいですし、サプライズ感もあるので、話の流れを知っている僕でも、めっちゃ楽しめました!

みなさんはマギレコは原作とアニメ、どっちが好きですか? ぜひコメント欄で共有してください!

それでは薔薇宮ソーナがお送りしました。バイバイ~


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

YouTube:https://bit.ly/2m4XyNu Twitter:https://twitter.com/baramiya_sona お問合せフォーム:baramiyasona@gmail.com

???「めふぃめふぃ」
10
物語特化のvtuber。男の娘特有の少年漫画語りや中二系な作品談義をしつつ、薔薇宮ソーナの奇妙な物語を動画形式で連載していく。エンターテイメントとクリエイト。相反する2つの力を両立し、新時代の娯楽をもたらす。

こちらでもピックアップされています

まどマギ・マギレコ
まどマギ・マギレコ
  • 23本
コメント (2)
どっちも好きかな。ゲームは個々のストーリーが楽しめるし。アニメは迫力があったし。ただアニメ版はアリナが変態的なキャラのまま終わったのがつらい。まぁ、うめ先生も変態芸術家の設定で送りだしたキャラですが。アニメもゲームも今後の展開に期待しています。
アリナ先輩は重要キャラなので二期で如何に掘り下げられるか気になりますね~
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。