スターウォーズレビュー

【辛口レビュー】スターウォーズ新作ゲーは優しい死にゲー?  ジェダイ:フォールン・オーダーの感想

こんソーナ~! アクションゲームはド下手だけど大好きな薔薇宮ソーナです。
今日はスターウォーズのEP3とEP4の間を舞台にしたアクションゲーム、『ジェダイ:フォールン・オーダー』の感想を語ってみる。

世間ではダークソウルのスターウォーズ版と言われているけど、実はアクション初心者にも優しいつくりとなっており、アクション初心者から上級者まで楽しめる調整がされている。

この記事では『ジェダイ:フォールン・オーダー』のストーリーや戦闘、良いところ、悪いところを正直に語るので、ジェダイになりきってライトセーバーを振り回したい人は、ぜひチェックしてみてほしい。

ストーリーは完全オリジナル

映画スターウォーズEP3とEP4の間を描くのが本作。オーダー66が発令されたことで滅びゆくジェダイ。

かつてのパダワンにしてジェダイの数少ない生き残りである主人公は、帝国に追われながらも銀河を旅し、ジェダイ・オーダーを再建しようとする。

新規ストーリーのため、スターウォーズを見ていない人でも十分楽しめるであろう内容。

アクションだけでなく、各惑星の探索や謎解きにも力を入れており、アドベンチャー作品が好きな人にもおすすめ。

戦闘は絶妙なクオリティ

原作をゲームにした作品というと、戦闘が微妙というイメージがあるけど、本作はかなり良い感じに調整されていた。

ライトセーバーを思いっきり振り回せるだけでなく、フォースを戦闘に応用できるので、ジェダイになりきりたい人にこそぴったり。

細かいところだけど、ストームトルーパーの銃撃をライトセーバーで跳ね返したり、ダースモールが使っていた『ダブル=ブレード・ライトセーバー』を使えるのが良かった。

ガードをタイミングよく決めると、俗に言う『パリィ』的なことができるため、アクションが得意な人も満足できる作りとなっている。

僕は回避主体だったけど……。

難易度調整で初心者も安心の死にゲーに

ダークソウルのような戦闘システムというと、ものすごく難しいイメージを覚えてしまうけど、本作はアクション初心者でも安心。

なぜならアクション下手な僕でもクリアできたから。

というのも本作では、難易度が4つ用意されている。

箇条書きスターウォーズ

僕は当然ジェダイ・ナイトでエンディングまでプレイ。結論からいうと、マイルドな死にゲー。この難易度でも油断していると雑魚にもやられるし、ボス戦は苦戦必死。

初見でボスには惨敗するけど、敵の戦闘パターンに慣れてくると、なんとか勝てるという理想的な難易度

僕は過去にダークソウルの姉妹作、『Bloodborne』をクリアしたことがあるけど、Bloodborneよりはかなり簡単だった。

仮に詰まっても難易度設定は自由に変更できるため、非常に優しい作りとなっている。

マイルドな死にゲーというある種の革命

ジェダイ:フォールン・オーダーで絶賛したいのが、絶妙な難易度調整だ。

というのも僕の場合、ダークソウルのようないわゆる死にゲーは面白そうと思っていたけど、その難しさからプレイするのにハードルを感じていた。

過去に「Bloodborne」をクリアした経験から、おそらく頑張ればクリアする自信はあるけど、その頑張るというのが結構ハードルが高い。

気晴らしにゲームをやりたい身としては、なかなか手を出せなかった。

その点本作は簡単な死にゲーだから、そんなに死にまくらない。手軽にプレイできるから、僕のようなアクションゲーム下手には最適だった。

個人的にはこの難易度調整が本当に絶妙で、こういった『ライトな死にゲー』が今後増えていくんじゃないかなあと予想する。

ボリューム・クリア時間について

ジェダイ:フォールン・オーダーは3日でクリアした。正確なクリア時間は分からないけど、他の人のレビューも見る限り15~20時間ほどが一般的。

アイテムの回収要素はあるけど、ボリューム自体はそれほどなく、クリアしたらやることはほとんどないと言っていい。

わりとすぐにクリアできるので、サクッとプレイしたい人におすすめ。

ジェダイ:フォールン・オーダーの良いところ3選

戦闘や難易度調整以外で、良かった点を3つ紹介する。

①ライトセーバーをカスタマイズできる

ライトセーバーの色は、はじめはブルーやグリーンのみだけど、ストーリーを進めるにつれ、紫や黄色なども扱えるようになる。

また細かいところでは、グリップの色や装飾も変更できる。正直ゲーム中は違いがほとんど分からないけど、こういう微妙なカスタマイズ要素は個人的には好き。

②洗練されたグラフィックと演出

最近のゲームはグラフィックが映画さながらの出来で、技術の進歩は凄まじい。本作もそれに漏れず、プレイヤーである僕をスター・ウォーズの世界に引きづり込んでくれた。

それもただ画面が美しいだけでなく、絶妙なアングルや展開、BGMでこちらを楽しませてくれるため、まるで映画を見ているかのようだった。

③ジェダイの成長を感じさせる作りが良い

全体的に難易度が高い本作。プレイヤーの腕も未熟だけど、主人公である『カル』もまたジェダイとしては未熟なパダワン。

最初はシスの強敵に勝てないどころか、そこら編の雑魚にも苦戦する。フォースも使いこなせていないから、探索も思い通りに進まずヤキモキする。

しかし星々をまたにかける冒険を繰り広げる中で、プレイヤーも主人公も一人前のジェダイとして成長していく。

特に成長を実感できるのが、一度クリアした惑星を再び訪れたときだ。

レベルがあの頃とは違うため、かつては苦戦していた敵も比較的簡単に倒せるし、移動もサクサクと進む。

王道ながらもプレイヤーと主人公の成長がリンクするこの作りは、非常に良かった。

ジェダイ:フォールン・オーダーの悪いところ5選

ここまで本作の良いところを列挙してきたけど、正直「これは改善してほしいなあ」という点もいくつかあった。

①移動が面倒

個人的に一番気になった点。壁走りやフォースを使った惑星探索は面白いけど、難点なのが宇宙船『マンティス』への帰還が面倒な点

本作では宇宙船を経由して各惑星を行き来するため、宇宙船が拠点となる。

しかし宇宙船へは徒歩で戻るしかなく、マップが非常に広大で複雑なため、戻るのがめちゃくちゃ面倒。

探索要素に力を入れているだけに、この仕様はどうにかしてほしかった……。

②ロードが長い

グラフィックが良いゲームの難点が、ロードがとにかく長いこと。このゲームをプレイする前に、僕はノーマルのPS4をSSDに換装したんだけど、それでも長い!

死にまくるゲームなだけに、ロードの長さはかなり気になった。


③原作の人気キャラはほとんど登場しない

個人的にかなり微妙というか残念だったのが、オビワンやヨーダ、皇帝といったスターウォーズおなじみのキャラがほとんど登場しないという点。

まあみんな大好きダース・ベイダーは最後の方で登場するけど、逆にいうとそれだけ。だからスターウォーズのキャラ目当てで買うと、拍子抜けしてしまうかもしれない。

④ボス戦が少ない

原作のキャラがほとんど出ないせいか、戦うボスキャラが全体的に少ない。

ザコ敵はストームトルーパーやAT-STなど充実しているだけに、ボスキャラのレパートリーが少ないのは残念。

⑤全体的に中途半端な出来

個人的には十分ジェダイライフを満喫できたけど、同時にいろいろ惜しいというか、全体的に中途半端なイメージを受けた。

おそらくスター・ウォーズファン向けの作品だろうけど、その割には主人公はオリジナル。オビワンやヨーダのような、ファンが喜ぶようなキャラもほとんど出ない。

僕は一応スター・ウォーズの映画は一通り見て、そんなに内容は覚えていなかったけど、それでも原作要素はもう少しほしかったなあ。

かといってスター・ウォーズをまったく知らない、アクションゲームガチ勢に向けているかと思えば、探索や謎解き要素が多すぎてうーんという感じ。

個人的にはいろいろな層に向けすぎて、中途半端になってしまったのかなあと予想。

このグラフィックや演出、戦闘システムを用意できるなら、主人公をアナキンかルークにして、映画のストーリーを追体験できる仕様にすれば良かったのでは……。

逆にオリジナル設定を貫くなら、主人公のキャラメイクや戦闘スタイルを複数用意して、オンラインでの共闘要素なども押し出したほうが良かったのではと思う。

惜しいけどそれでも面白かった

後半は批判意見も書いたけど、完全新作なので改良点があるのは仕方がない。どちらかというと、こういうところは良くしてほしいなあという続編への想いが強い。

改良点もいろいろとあるけど、それでもスター・ウォーズをテーマにしたゲームで、ここまでハイクオリティなのはそうそうないと思うし、クリアまでは時間を忘れ、握りしめるコントローラーをライトセーバーかと錯覚するほどにドハマリし、一気に駆け抜けることができた。

一応ラストにはスター・ウォーズファンがにんまりする要素も用意するため、ちょっと難しいと感じても、ぜひ最後までプレイしてほしい。

ライトセーバーやフォースで戦いたいなら、買って損はないだろう。

\コメントなどはTwitterでどうぞ!/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

YouTube:https://bit.ly/2m4XyNu Twitter:https://twitter.com/baramiya_sona お問合せフォーム:baramiyasona@gmail.com

「スキ」の数だけ僕は強くなる
1
物語特化のvtuber。男の娘特有の少年漫画語りや中二系な作品談義をしつつ、薔薇宮ソーナの奇妙な物語を動画形式で連載していく。エンターテイメントとクリエイト。相反する2つの力を両立し、新時代の娯楽をもたらす。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。