「店での写真撮影はどう思いますか?」に答えました。

※水曜日は質問に答えています。

【質問】

店内で写真を撮ることですが、もちろん私も時々撮りますし、特にワインはおいしかったのを忘れないようにグラスで頼んだワインもお店の人に言ってラベルを撮らせてもらうこともあります。

ただ、時々メニューから出てきたお料理からワインの全てをスマホで撮影する友人がいて、正直うんざりします。(一眼レフの人もたまにいる) fbに載せるとかブログに載せるとか目的がある人もいるので否定はできないのですが そこまで全部撮りたいのかなぁ。。。なんて思ってしまいます。

お店によっては「店内撮影禁止」のところもありますが、だいたいは一言断ればOKにしているように思えます。確かにSNS経由である意味お店のいい宣伝になることもありますよね。

林さんはお店の側の人として、お客さんの店内での撮影はどう思われますか?

匿名希望 女性

【答え】

以前、アメリカ滞在がすごく長い日本人男性にこんなことを言われました。

「林さん、日本って電車の中で携帯電話で話したらいけないんですね。でも、どうしても仕事の用事で話さなきゃいけない時もあるじゃないですか。そんな時、周りの乗客に『すいません。今ちょっと仕事の用事で電話しなきゃいけなくて、ちょっとだけ電話しても良いですか?』って声をかけるのってありですかねえ」

いかにもアメリカが長い人の発想ですよね。その方、本当にそう言いそうだし、電車で言われた周りの人も「良いですよ」って答えそうですよね。

「でも」ですよね。でも、長い間ずっと電車で話されたら「早く切ってくれないかなあ」って周りの人は思いますよね。

               ※

さて、ある食品会社の広報の方に聞いたのですが、「今はどんなメディアよりもSNSで拡散してくれるのが一番宣伝効果がある」らしいんです。

具体的な商品名と実例を書きたいけど書けないのですが、とにかくすごい効果があるそうなんです。

わかりますよね。いろんなメディアでその食品会社が作った広告で「美味しいです!」って言ってても、それは宣伝だからみんなスルーします。でも友人やフォローしている人が「美味しい!」って書いてたら、欲しくなりますよね。

飲食店も本当にそれと同じ状況なんです。

誰かフォロワーが多い人がSNSでbar bossaのことを紹介してくれると、すごく影響力があります。

あと、以前、bar bossaのカウンターで、あるお客様が、「今、bar bossaで飲んでます」ってFBに投稿してくれたんですね。

そしたらその場でその方のコメント欄に「そのお店気になってたんです。今度連れてってください」って複数のコメントが入ったことがありました。

やっぱり「信頼している人」や「親しくしている人」が「このお店良いですよ」って言ってくれるのが一番影響力があります。

だって僕たちも、村上春樹が「浜田山にすごく良いお蕎麦屋さんを発見!」ってツイートしたり、こっそり恋い焦がれている人が「休日の午後はこのカフェですごすことにしています」って投稿していたら、急いでチェックして、今度そのお店まで行きますよね。

だから僕はお店の人間として、お客様が写真を撮っていると「ありがとうございます。よろしくお願いいたします」という気持ちになります。

妻の友人がやっていて、妻がとても大好きな「タキギヤ」http://dodeshow.blog.jp/archives/1025574958.html という居酒屋が荒木町にあるのですが、そこの店主はお客様に「写真撮っていいですか?」って言われたら、「良いこと書いてくださいね!」って返事するらしいんです。

僕もそういうことを言うとお客様も笑うだろうし、悪いことは書かないだろうから「シャレてるな。粋だな。真似したいな」といつも思うのですが、どうも未だに言えてません。でも、すごくそういう気持ちです。

「でも」なんですよね。

確かに「何にも言わずに」、パシャパシャやっていると、「うーん…」と思います。

あと、店内の全体を撮影する方がいるのですが、「他のお客様」が写り込むことがあるんですね。

もちろん「写りたくない人」ってたくさんいますから、「あの、他のお客様は撮らないでください」と声をかけることもあります。

でも「声をかけていただいて」、そして2、3枚なら、ほとんどのお店の人が「ありがとうございます。良いことを書いてくださいね」って心の中で思っているはずです。

うーん、でも、ほんと、ずっとパシャパシャやっていると、「周りのお客様が落ち着かない」んですよね。携帯電話と同じと言いますか。

でもお店によっては「完全に撮影禁止」というところもあります。

気持ちは色々とあると思いますが、ひとつには「写真をたくさん見てしまうと、そのお店に行ったような気持ちになれるから、結局行かないでそのままになってしまう」という理由もあると思います。

みなさんも経験ないでしょうか。今、話題のお店のことを何かで知って、そしてそのお店の内装やメニューや店員まで全部ネット上の写真で知ってしまったら、「なんか行ってしまったような気持ち」になってしまって、結局は行かないなんてことないでしょうか。

逆に「あのお店の女性バーテンダーが美人過ぎなんだけど、ネット上には一切顔出ししていない」ってなると「行ってみたい!」って感じる男性、多いんじゃないでしょうか。

だから、露出されすぎっていうのもある意味、考えようではあります。

というわけで、「何事もやりすぎはどうかな」という答えでどうでしょうか。

※質問、受け付けてます。makijobim★yahoo.co.jp(★を@にかえてください)にメールしてください。

#コラム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいと思ってくれた方、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を買っていただいた方が嬉しいです。それはもう持ってる、という方、お友達にプレゼントとかいかがでしょうか。

嬉しいです! ええと、シェアとかしていただけたらもっと嬉しいです…
83
渋谷でボサノヴァとワインのバーをやってます。http://www.barbossa.com/  『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』https://goo.gl/u2Guu1 韓国人ジノンさんとのブログhttps://goo.gl/B9MH6n

コメント2件

いつも読んでいただきどうもありがとうございます。大変申し訳ありませんがこちらではコメントは受け付けておりません。よろしくお願いいたします。
初めて登録させていただきました。よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。