マガジンのカバー画像

BankART Blog

64
運営しているクリエイター

記事一覧

BankART AIR 2022 SPRING アーティストトーク第5回

2022年5月6日 @BankART Station
登壇者: 中田拓法、井口貴夫、青山モレ、足立篤史

BankART AIR 2022 SPRING アーティストトーク第3回

2022年4月29日 @BankART Station
登壇者:関和明、松本恭吾、須永祥雍、茂木敏宏

BankART AIR 2022 SPRING アーティストトーク第2回

2022年4月22日 @BankART Station
登壇者:吉澤理菜、三枝聡、伊藤キム、宮森敬子

Under35 2022第1期 ユ・ソラ、小野田 藍スタート

2022年4月28日 @BankART KAIKO

今年度最初の主催事業U35は、35歳以下の若手作家の個展シリーズ。今年は公募で選出された8名を2名ずつ4期に渡り紹介していく。第一期はユ・ソラ、小野田 藍の2名だ。

韓国出身のユ・ソラは2011年3月にBankART Studio NYKにて開催された日韓合同卒展「TETSUSON」に参加し、会期半ばで東日本大震災に遭遇した。その時の経験から

もっとみる

BankART AIR 2022 SPRING アーティストトーク開催

2022年4月15日 @BankART Station
20組のアーティストが参加する「BankART AIR 2022 SPRING」
(4/4〜6/6)。期間中より作家の活動を知っていくイベントとしてアーティストトークを開催していく。初回は、中村恩恵、カブ(深沢アート研究所)、向井ひかり、リュウ・リンの4名が登壇した。

SPACE FACTORY 2022 リトライ企画シリーズ『夢の浮橋』~源氏物語より~  「第1章 苦悩の春」

2022年3月27日~29日 @BankART Station

主催者側花柳ゆかし氏執筆
以下、主催者からのレポートを掲載します。

シリーズ『夢の浮橋』は、日本が世界に誇る古典文学の一大傑作「源氏物語」を現代のアートのフィルターを通して今に蘇らせる試み。

SPACE FACTORYはこれまで都内や県内の様々なスペースで、音楽、美術、演劇、舞踊の異なるジャンルのアーティスト達のコラボレーション

もっとみる

伊藤キム+フィジカルシアターカンパニーGERO新作公演 「カラダノオト」

2022年3月18日(金)〜21日(月祝) 全5回公演 @BankART Station

以下、主催者からのレポートを掲載します。

90年代より日本のコンテンポラリーダンスの黎明期を開拓した振付家・ダンサー、伊藤キムがBankART Stationに初登場!
2016年に旗揚げしたフィジカルシアターカンパニーGEROの、3年ぶりの新作公演「カラダノオト」を上演した。

会場内に入ると、観客を導

もっとみる

多摩美術大学メディア芸術コース卒業制作展 2021 『OURAI』開催

2022年3月6日 @BankART Station
多摩美メディア芸術コース4年生の有志による学外での卒業展。

多摩美術大学大学院情報デザイン研究領域 研究制作展2022「IDD2」 開催

2022年2月27日 @BankART KAIKO
多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン領域に所属する学生有志による展覧会。16名の有志展で今回は全員留学生による出品。

早稲田大学繊維研究会「見つめては瞬きをする」開催

2022年2月6日 @BankART KAIKO
映像撮影:清水 花 & Tokyo Fashion Film
写真撮影:村田 啓

BankART school 今福龍太「〈原写真〉の翳のなかへー現代における〈眼〉の冒険」

2022年3月9日 @BankART Station
本講座は、2021年6月に刊行した今福龍太氏の新著『原写真論』の内容を8回に分けて紹介。

和光大学表現学部芸術学科卒業制作展2022「はいて すって ふくらます」開催

2022年2月23日 @BankART Station
和光大学表現学部芸術学科本年度卒業生による卒業制作展をBankART Stationで開催。展示空間と通路スペースに計29名の作品を展示。

BankART school 北島敬三「写真の教え」スタート

2022年2月1日 @BankART Station
2022年9月、BankART Stationで個展を開催する写真家北島敬三氏による講座がスタート。内容は、受講者が持参した作品を北島先生が講評する形式。

BankARTスクール 福住 廉「アートの綴り方 vol.10」

2022年2月24日 @BankART Station
美術評論家の福住廉による「アートの綴り方」を開講。「何をどう書くべきかをじっくりと考え、自分なりの言葉を確立させること」を目標にしたアートライティングの講座。10回目となる今回は、全4回の短期集中で開催。