見出し画像

子供達からの最高のプレゼント。

こんにちは!壱岐島の魅力にすっかり取り憑かれてしまった瀬戸口です。老後は壱岐島に移住します。よろしくお願いします。

さて。

冒頭にもある通り、今日まで3日間「壱岐島」というところに飛んでいました!
(「壱岐島」とは、博多港からフェリーで50分ほどの場所にある長崎県の離島のことです。)

目的は1つ。

「島中の子供達全員に絵本を寄贈する」

です!!


これは先日、壱岐島に講演会をしに行かれた西野さんから聞いた話なんですが、、

じつは、壱岐島には本土に比べてエンタメが少ないらしいんです。(例えば、映画館がない!)

これを知った西野さんが『映画えんとつ町のプペル』ができたときに、この島で野外上映会をしましょう!という話をしたそうです!!(素敵すぎる。)

それに加え、酔っ払って勢いに乗っていた西野さんは、その場で「島中の子供全員に絵本を寄贈します!」と宣言したそうです!


素敵です、、とても素敵です、、、


ただ、
全員!?!?(笑)


その後、
いろんな流れがあり(いつも通り無茶振り😁)、今回、僕と田村さんが代理で絵本を寄贈しに壱岐島に飛んだわけですが、、

なんと言っても「全員」(ちなみに島の子供達は全部で2465人😁)なので、スケジュールがこんな代物になりました↓↓

画像1

分刻み、、

死んだ、、、

最高すぎる🤣🤣


てなわけで、初日。

まずは、運動会中の小学校を訪問しました!!

画像2

ここは全校生徒300人の、島では一番大きい学校だそうで、大賑わい。親御さんや親戚、教員など合わせて1000人ほどでワイワイやっていました。

そんな中で僕はというと、、

画像3

なぜか、朝礼台でマイクを持っていました(笑)

校長先生に「ぜひ挨拶をしてほしい!」と言われ、校長先生の紹介で朝礼台にあげて頂きました(無茶振りすぎる🤣🤣)

会場の人は誰一人この絵本寄贈のことを知らなかったので、「どこの誰?」という感じでアウェーで始まったんですが、最後には温かい拍手が起きたので、ホッとしました☺️☺️

てか子供達がかわいい!!!!
組体操とか知らない子なのに泣ける!!!!

そんなこんなで、、

この小学校を皮切りに、壱岐島での絵本寄贈が無事スタートしました。


迎えた2日目。メインの日。
この日だけで1500冊程寄贈する予定になっていました(死ぬ🤣)

やばいなぁ。と思っていたんですが、、


そんな気持ちは1つ目の保育園で一瞬で吹き飛びました。

(子供達と歌って踊ってる動画です!)

はるかさんという壱岐島チームの方と、子供達と一緒に「プペルダンス」を踊ったんですが、とにかくみんなかわいすぎる!!😍😍

終わった後はみんなとハイタッチ!!

画像4

その後も、一つ一つ小学校と保育園、幼稚園を回り、絵本を一人一人に手渡し。

画像5

画像6

画像7

子供達が、絵本を我先に!と興味津々にめくる表情や、とにかく笑顔で喜ぶ顔を見ていると、「疲れ」なんて一気に吹き飛びます!!


いろんな学校を回ったんですが、

僕が特に気に入っているのがこの一枚。

画像8

最高すぎる。
笑顔が眩しい✨✨✨

(ちなみに、僕もこの集合写真に入れてもらいました😁子供達に負けないほどに全開で笑ってるのでぜひ探してみてください🤣)

この写真は宝物にします。


こんな感じで、最初は「絵本を子供達にプレゼント」しに行ったつもりだったんですが、いつのまにか「子供達から最高の笑顔をプレゼント」してもらっていました。

一冊一冊絵本を寄贈するごとに、子供達からたくさんのパワーをもらいました。

子供ってほんとに無邪気☺️

僕自身、中学校に上がった頃から「頑張ることがダサい」「擦れてる方がかっこいい」という友達が周りに徐々に増えて、それが高校、大学に進むとさらに増えて、、

絶対そこには染まらない。全力で素直に真っ直ぐ生きる奴が絶対一番かっこいい!!と信じて生きてきたんですが、

何物にも染まってない、まっさらで綺麗な子供達の目を見るうちに「自分も、悪い意味で大人になってしまっているな」と感じる部分がありました。

そんな部分に気づかせてくれて、浄化してくれた子供達には本当に感謝したいし、「自分も負けずに真っ直ぐ生きるぞーー!!」と清々しい気持ちになりました!みんなありがとうーー!!!!

画像9

というか冷静に、そんなピュアな子供達の心を掴み、笑顔にしてしまう「絵本」ってすごい。

「えんとつ町のプペルが持つパワーって本当にすごい!!!」


この壱岐島での三日間で、

「真っ直ぐ生きるエネルギー」
を子供達からもらい、
「えんとつ町のプペルが持つパワー」
を肌で感じることができました。

こんな素敵な機会を、無茶振りという形でくださった西野さんには本当に感謝したいです。
ありがとうございます!!!


そして、

現地で一緒に手伝ってくださった壱岐島チーム、大牟田チームの方々。
本当にありがとうございました!!

画像10

画像11

皆さんほんとにあったかい、、
みなさんがいなかったら、絶対に今回のプロジェクトは達成できませんでした。
また面白いことを一緒にやりましょう😁🙌🙌

そして、3日間同伴させてくださった田村さん!ありがとうございました!!3日間で死ぬほど笑いました(笑)
(田村さんについては、1本丸々記事書こうと思ってます!お楽しみに😎)


そんな感じで、3日間で色んな感情をもらいすぎて、自分でもまとまってないんですが、

あえて感情がまとまってない今、これを書きたいと思って、飛行機に乗るまでの時間にダッシュで書いてみました。

また時間をかけて、ゆっくり自分の感情を噛み砕いてみます😊

今日はここまで!!

今回も読んでくださってありがとうございました😊😊



p.s.

今年のクリスマスには、フィリピンにて子供達に絵本をプレゼントしてきます。

今回の壱岐島よりもエンタメの少ない地域です。


微力ながら、僕もさっき支援をしてきました。

とにかく、今できることから一つずつやっていきたいと思います😊










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキです!!
117
キンコン西野さんのもとで働いている大学生です。

この記事が入っているマガジン

1

コメント2件

素敵な体験シェア。
感謝しか無いです。
ありがとう!
3日間大変だったと思いますがお疲れ様でした!エンタメの本質って、子供に戻ることなのかもしれないですね。勉強になります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。