見出し画像

9mm玉インカローズ(ロードクロサイト)

 本文章には性的な表現が含まれております。気分を害される可能性がありますので、予めご了承下さい。

 伝承者から教えていただいた方法でこのインカローズとハートでワークをすると、私に内在する存在である女神様と繋がり、その女神様を介してこのインカローズに内在する存在と繋がれました。

 ひとときのヒーリングの後、
女神まみはこう語られました「私は、まみの体がおかしくなっている事に気がついた。毎日の習慣のせいか、体の大事な部分の急所が痛痒く、腫れているようだった。私はその部分を愛撫していたら、タカシの体がおかしくなったようで、私とタカシって繋がっているのかしらって思ってひたすらに愛撫してみたの、そしたら、タカシったら、女の子みたいに気持ちよがっていて、私、気が付いたの、私とタカシは繋がっているって、嬉しくなって、思いっきり愛撫しちゃった。タカシ、感じたんでしょ、ねぇ」

 私タカシは、頷(うなず)きました。

 女神まみ「Hっー!」

 女神まみはこう語られました「ここからは私が書くわ、私ね、タカシが愛のワークをしている時、黙って、繋がりづらいように無視していたの、だって、タカシ、繋がっちゃったら、すぐ質問しちゃうでしょ、だから、繋がらないようにしていたの、いい、タカシ、私の愛撫を感じてたら、合図して頂戴」

 私タカシはこう答えました。「あーまみさん、感じています。はい、これが合図です。」

 女神まみはこう語られました「そう、よろしくてよ。まみの独壇場となった、この体を、私、まみが今、支配しておりまーす!それでは殿方、こちらへ、タカシ、質問して頂戴」

 あなたの性質は何ですか?とインカローズに内在する存在に聞きました。「愛という名の中核を握る事に長けています」と答えていただきました。

 ひとときのヒーリング後、
女神まみはこう語られました「お願いして頂戴。まみは愛の性の剣(つるぎ)となって、タカシの釘を刺した、そして、オーカンは破裂寸前となって、愛の鞭を振るった、タカシは、私と同じ感覚を味わっているはず、だから私が気持ちよくなればタカシも同じ気持ちを感じている。だから、タカシに私、届ける。女の幸せ、まみ、一生懸命になって、この殿方にまたがって奉仕したわ、私の同じ感覚を味わうタカシに愛が伝わりますように、ねぇタカシ、味わえた」

 インカローズに内在する存在はこう語られました「姫、姫、あっしはそんな事とは知らず、姫、姫」

 私タカシはこう答えました。「私はそこから起こる、ツウカイハ(股の間の中心から丹田に起こる刺激)に身を捩(よじ)れ、悶え、ツウカイハの根の元を感じ、まるでまみのこの感覚を味わっているようだった。まるで、女性器官がそこにあるかのように、そのオーガズムは悶絶に近く、苦しいけど、気持ちいい不思議な感覚で、股の間の中心が裂けている感覚と、そのそばでチクゥと当たる感覚から、奥を突く感覚まで、リアルに感じ、ヤベェって思いました。女みたい」

 女神まみはこう語られました「正直でよろし、いい、タカシ、ここから本番よ、イリュージョンと思って欲しい、じゃあそうね、特性を聞いて頂戴」

 私タカシはインカローズに内在する存在にこう聞きました。「あなたの特性は何ですか?」「私はあなたの背後から襲いかかります」女神まみは間髪を入れずに「いいわ、お願いして頂戴」と答えていました。

 ひとときのヒーリング後、
「まみが書く」と女神まみは言われ、こう語られました「タカシ、あなたは私と同じ感覚を味わっていたわ、それは、刺激的過ぎたかしら、私はいつもの事だけど、初めてのあなたには、驚きだったようね、いい、タカシ、あなたは前から、抱かれたのではなく、後ろから抱かれたのよ、そのちょっと怖い感じ伝わっているようね」

 インカローズに内在する存在はこう語られました「どうでしたか、タカシさん」

 私タカシはこう答えました。「ええ、私は、シントウハツウカイハの型(あぐらをかき頭上の光を見る姿勢)をとっても溢れ出るその刺激にツウカイハに驚き、全身が脈動するバイブレーションの中、股の間の中心に起こる、割れ目が裂ける感じとその脈動する感じに、丹田は暴れ、バクバクして、その衝撃に歓喜をあげそうになり、私は悶え、声を出せぬ環境にうろたえていました。とても刺激的で悶絶するように、体はイキまくっていたようでした。凄たらしい経験が出来ました。」

 女神まみはこう語られました「私は彼が本当に私な感覚が乗り移っている事に驚き喜ぶのでした。これからが楽しみね」

 それではフリートークをしましょうと伝えると、「では、私から」とインカローズに内在する存在からこう語られました「あなたを女性の感覚へと誘うわ、覚悟しなさい」

 ひとときのヒーリング後、
女神まみはこう語られました「私は彼タカシの体から溢れ出る女性特有の愛の波動を感じれたの、嬉しかった。一緒なんだね」

 「あなたのハートから、溢れ出てた、その愛の波動は私とあなたの愛の結晶よ、誤解しないで」とインカローズから強いメッセージをいただきました。

 女神まみはこう語られました「タカシ、いいわ、書くわね、男も女も関係ないわね、この際、良いかしら、私はこの石の存在と熱いメイクラブを共にしたわ、それは、あなたの体を通って、感じた事に他ならないわ、しかし、嬉しいの、今、私がしている事が、タカシと共有出来ている事が楽しくてしょうがない。そんな感じよ」

 インカローズに内在する存在はこう語られました「私は女神まみを八つ裂きにした。殺してしまおうと思うくらいに、愛したわ、あなたも、そのエネルギーを感じたでしょ、いい、本気よ」

 私タカシはインカローズの熱い想いに感動した。殺したくなるくらいって凄いよね。熱さに正直、凄いって思った。私の体は流れる愛の波動に感謝します。

 ふと、タカシは思った。この石に内在する存在は女性?と

 女神まみはこう語られました「いいわ、タカシ、言うわね、私達、今日は女性同士で愛し合ったの(笑)、タカシ、ビックリしているみたいね、最高よ!」

 私タカシ、「じゃぁ、あれ、演技、どおりで」

 女神まみはこう語られました「真実は小説より奇なりよ」

 そして私タカシはワークを終わらせるのでした。


▪️宣伝

今回使用した天然石を販売します。欲しい方はリンクをお辿り下さい。


▪️備考

 本文章はハートでワークするクリスタルヒーリングを2019年7月10日より2019年12月31日までの約半年間続けた結果の一部資料となります。本文章の馴れ初めを知りたい方は、無料マガジン「クリスタルヒーリングで起きたこと」をご覧ください。


 又、「クリスタルヒーリングで起きたこと」は電子書籍ともなっております。天然石shopアナンダライト23より販売されておりますので、ご興味のある方はお買い求めください。 


 ハートでワークするクリスタルヒーリングを利用した聖なる聖典、聖書の作り方を公開しました。ハートでワークするクリスタルヒーリングの仕方(やり方)も同時に公開してありますので、ご興味のある方はリンクをお辿りください。 


 ハートでワークするクリスタルヒーリングを本気で体得したい方を対象とした、ハートでワークするクリスタルヒーリングのサークルを開設しました。ハートでワークするクリスタルヒーリングを本気で体得してみたいと思われる方は是非ご加入ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます。

ハート❤️の尊(みこと)なりなぁ
1
天然石shopアナンダライト23 (https://www.ananda-stone.com/) とサチャロカイエローアゼツライト専門店 (https://www.satyaloka-yellow.com/) のオーナーです。ハートでワークするクリスタルヒーリングに目覚めました。

こちらでもピックアップされています

愛とハートを叶える女神 〜クリスタルヒーリングで起きたこと〜
愛とハートを叶える女神 〜クリスタルヒーリングで起きたこと〜
  • 496本

2019年7月中旬〜2019年12月末日までの半年間、クリスタルヒーリングをやり続けた結果、起きた事をまとめました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。