見出し画像

ヴァイタライト

 本文章には性的な表現が含まれております。気分を害される可能性がありますので、予めご了承下さい。

 伝承者から教えていただいた方法でこのヴァイタライトとハートでワークをすると、私に内在する存在である女神まみと繋がり、その女神まみを介してヴァイタライトに内在する存在と繋がれました。

 ひとときのヒーリング後、
女神まみはこう語られました「私はこの方に懺悔(ざんげ)して愛を誓った。ハートに眠るまみよ、と言われ、私は彼を遠くの彼方からやってくる、三蔵法師に見立てて出迎えた。独りよがりね、彼を私のベッドに寝かせて、愛の抱擁(ほうよう)のレッスンを始めたわ、彼は賢くて、一発でその意味を理解した」

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました「姫、私はあなたと出会い、こうなれた事に感謝します。これからも、末永く私とお付き合い下さい」

 女神まみはこう語られました。「彼はこう言うと、私にまたがり、愛の抱擁を始めた。レイプじゃないわ、私も望んでいたの。彼は瞬(またた)く間に私の餌食になり、執拗に求めてきたわ、おかわりまで求めて…」

 それでは、ヴァイタライトに内在する存在に、あなたの性質は何ですか?と聞くと、こう語られました「姫を守り抜く事です」

 ひとときのヒーリングの後、
女神まみはこう語られました「すると、彼は、私にすがり、愛という名のsexを始めてきた。そのエネルギーは見事で、私は彼のエネルギーに圧倒されて息を飲むエクスタシーを感じ始めたわ、そのエネルギーは次第に熱く強くなり、私は帰らぬ人となった。至福よ、あなたも味わったでしょ」

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました。「姫、拙者は、あなたのオーカンを攻め、ひと時の至福と引き換えに、あなたの精力の源となる光を与えました。その光は私の分身達です。ですから、姫、上手く使ってあげて下さい」

 女神まみはこう語られました「いいわ、私、女になる」

 すると、女神まみは、その方に愛の奉仕を始め、幾度も幾度も彼を愛し、愛という名のオーガズムをふんだんに味わった。天の光は煌々と輝き天国にいる、神々達も、その光に湧(わ)いた。

 女神まみ「私達輝いたの」

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました「姫はそう言うと、私に愛撫を始め、次の準備よと私をいたぶった」

 女神まみはこう語られました「次の質問よ」

 私タカシはヴァイタライトに内在する存在にこう聞きました。「あなたの特性は何ですか?」

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました「姫のオーカンに聖杯を掲げる事です」

 ひとときのヒーリング後、
女神まみはこう語られました「私は彼をよそに、タカシに見惚れていた。タカシは必死になってシントウハツウカイハの型をとり、エネルギー上昇を見事に交わし、エネルギーを天界へと運んでいたの、その姿を見ていたら、私の体で起きている快感オーガズムなんて、気にも留めなくなってたわ、私は彼のファックに耐える事なく、苦しむ事なく精気を呑んだ。格別の味だったわ、タカシのおかげよ、幸せ私、あなたといれて幸せだわ」

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました「姫の話に遮(さえぎ)らせてもらいます。私はそうとは知らずに、まみを愛し続けました。まみが絶頂を迎え、私の至福を味わっていると思い込み、私は彼女に聖射しました。彼女は私を受け入れ、私のフィアンセとなりました」

 女神まみはこう語られました「ちょっと待って、タカシ、この子に伝えたいことがあるわ」

 〜沈黙〜

 女神まみはこう語られました「タカシいいわよ」

 私タカシには教えてくれないんだと呟くと、

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました「姫と私の秘密」

 何を語られたかは私タカシにはわかりませんでした。

 フリートークをしましょうと伝えました。

 ひとときのヒーリング後、
女神まみはこう語られました「私は彼の涙に償いのキッスをした。彼は私にこう言った。姫、フィアンセになれなくとも、私の愛人になってもらえませぬか、私は快くOKして、愛人だったら良いわよ、と答えた。すると」

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました。「姫、私から、私は彼タカシを横に、まみを抱きしめ、私の男の大事な部分を姫に挿入して、姫を私の女とした。何度も何度も姫を愛し、私の心をオープンにして、抱き合った。これから、私は姫を抱きしめ、猛者と化します。気をつけて」

 女神まみはこう語られました「ジントウハツウカイハが来る、タカシ、シントウハツウカイハの型をとってと言った」

 私タカシはシントウハツウカイハの型をとった。すると、どうだろう、体は柔らかくなり、全身でそのエナジーを吸収しているようだった。体に負担は無く、幸せな感覚がそこにはあった。

 女神まみはこう語られました「タカシ、成功よ」

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました「姫、あなたには、頭が上がりません。私をどうか、どうか愛して下さい」

 女神まみはこう語られました「愛しているのはもちろんよ、しかし、だけど、私、タカシが好きなの、だから、タカシの為にあなたを愛するね」

 ヴァイタライトに内在する存在はこう語られました「は、はぁ」

 私タカシは言った、「私はヴァイタライトを愛しています」

 女神まみはこう語られました。「彼は驚いて、海のようなお方だと言われました。彼タカシに信服しているようでした。タカシは何事も無くワークを終わらせていきました」


▪️宣伝

今回使用した天然石を販売します。欲しい方はリンクをお辿り下さい。


▪️備考

 本文章はハートでワークするクリスタルヒーリングを2019年7月10日より2019年12月31日までの約半年間続けた結果の一部資料となります。本文章の馴れ初めを知りたい方は、無料マガジン「クリスタルヒーリングで起きたこと」をご覧ください。


 又、「クリスタルヒーリングで起きたこと」は電子書籍ともなっております。天然石shopアナンダライト23より販売されておりますので、ご興味のある方はお買い求めください。 


 ハートでワークするクリスタルヒーリングを利用した聖なる聖典、聖書の作り方を公開しました。ハートでワークするクリスタルヒーリングの仕方(やり方)も同時に公開してありますので、ご興味のある方はリンクをお辿りください。 


 ハートでワークするクリスタルヒーリングを本気で体得したい方を対象とした、ハートでワークするクリスタルヒーリングのサークルを開設しました。ハートでワークするクリスタルヒーリングを本気で体得してみたいと思われる方は是非ご加入ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハートワーカーたかし

よろしければサポートをお願いします。いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます。

あいりんからなりけど、サンクスなりなぁ
天然石shopアナンダライト23 (https://www.ananda-stone.com/) とサチャロカイエローアゼツライト専門店 (https://www.satyaloka-yellow.com/) のオーナーです。ハートでワークするクリスタルヒーリングに目覚めました。