見出し画像

サチャロカイエローアゼツライトNO21

 本文章には性的な表現が含まれております。気分を害される可能性がありますので、予めご了承下さい。

 伝承者から教えていただいた方法でこのサチャロカイエローアゼツライトとハートでワークをすると、私に内在する存在である女神まみと繋がり、その女神まみを介してサチャロカイエローアゼツライトに内在する存在と繋がれました。

 ひとときのヒーリング後、
女神まみはこう語られました。「私はこの殿方に愛の口づけをせがまれて、私は抵抗する事なくこの方の魔の手にかかった。しかし、憂鬱は拭い去れず、彼の求めのままに、体は動かされ、私は我がままに承伏した」

 サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました「姫、大丈夫でございますか?」

 女神まみはこう語られました「私は彼の目を見ながら、目がうつろとなり、被害者意識もなく、彼の股座(またぐら)に挟んである大事な部分を愛撫した」

 サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました「姫が私の大事なところを介抱してくれたので、私は姫の大切なオーカンを愛撫した。それは見事に美しく綺麗なオーカンで私は歓喜し、このオーカンを私の物にしようと企んだ」

 女神まみはこう語られました「しかし、私は、冷静で、タカシの質問を待った。タカシ、質問して」

 あなたの性質は何ですか?サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました「私は姫を愛しております」「その事に付け加えるなら、これから姫を抱きます」

 女神まみはこう語られました「お願いをされ、私はタカシにシントウハツウカイハの型をとってもらったわ、それからは、私は彼の藻屑となり、いっときのオーガズムに私は苛(さいな)まれ、イクとこまでイカされる、絶叫の渦を体感することとなった。そのエナジーは強力で、私のオーカンは破裂しそうになるほど熱くなった」

 サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました。「姫に私は愛の抱擁という名のsexを繰り返し、まみの息の根を止めた。まみは憔悴(しょうすい)し帰らぬ人となった。タカシ殿、気を悪くなさらないでください。姫は天界へ行かれました。天竺(てんじく)という名の天の世界です。姫はこう言いました。いっそのこと殺してくれれば良かったのに。こんなに私を感じさせて、あんなことさせられて、私は、タカシ、私は、鬼に犯されたの。タカシはどうだったの?」

 私タカシはこう答えました「私は冷静で、シントウハツウカイハの型(あぐらをかいて、頭上の光を見ようとする姿勢)をとると、ツウカイハ(股の間の中心から丹田にかけての刺激)が起き、その渦巻くような振動、バイブレーションが起き、そのうごめくエナジーを受け入れ、抗わずに、大地地球から頭上までエネルギー上昇が起こり、その感覚を味わう事が出来ました」

 女神まみはこう語られました「あら、タカシ、今日は違うのね」

 私タカシは、はい。今も水面下でうごめいていますが、程よい感じに感じました。もちろん、上昇中のオーガズム、神の至福は良い物でした。

 女神まみはこう語られました「いいわ、タカシ、次の質問をして頂戴」

 あなたの特性は何ですか?と聞くと「私はあなたに愛というものを生ませます」と答えられました。

 女神まみに確認すると、「いいわ」と言われたのでお願いします。と伝えました。

 ひとときのヒーリング後、
「まみが書く」と女神まみが言われ、こう語られました「私は、彼の股倉に座って、彼の目を見ながら、彼の腰を動かされて、私は時の人となったわ、その何たるかわ、絶頂感って言うの、アレを感じた。至福の時って言うの、良いやつ、アレをね、彼の味わってたの、もう最高よ。女で良かった。それから、彼、私に嬲(なぶ)りついてきて、もう、はぁはぁ凄かったの、その熱に押されて、私もはぁはぁしてたわ、もう、極上よ」

 サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました。「はい、私は、姫に乗り掛かり、私の魂の叫びを浴びせながら、全快で彼女を愛しました。もう、彼女の匂いに私は興奮して、吐息を吹きかけていたと思います。エロッチックでした」

 女神まみはこう語られました「タカシはどうだったの?」

 私はシントウハツウカイハの型をとり、何も考えぬようにしながら、エネルギー上昇を感じ、その脈動する感覚に注意を向け、何が今起きているのか真剣に感じ取りました。それは、もう、ツウカイハの心地良いこと心地良いこと、この上ない無情なほどまでの快感に酔いしれて、人体の秘密を手にしたような気になりました。

 フリートークをしましょうと伝えました。「私は姫君に愛を伝えとうございます」

 ひとときのヒーリング後、
サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました「私は姫のオーカンをファックしました。そして、私は姫にこう伝えたのです。私は姫の内部にこれから聖射をします。その事を伝え、姫は私の愛を受けていました」

 女神まみはこう語られました。「私はタカシの了解無しに私の秘所部のオーカンに彼の聖杯を受けたわ、それは、もう、言葉にならないくらい凄たらしくて、もう、私、書けない」

 サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました「タカシ殿、姫に代わって言うならば、私と姫は共に絶頂を感じ、共に中で聖射しあいました。私は嬉しくて嬉しくて仕方ありません」

 女神まみはこう語られました「タカシ、書くね、私、彼と、愛し合って、それから。彼の中で、私も聖射しちゃった。タカシ、許してね」「ありがとう、タカシ、優しいのね、好きよ、ところでタカシはどうだったの?」

 私タカシはシントウハツウカイハの型をとりながら、ツウカイハの波を受け、痛みにも似た刺激の中、エネルギー上昇が起こり続け、ハートの中で、愛が広がっていっている感覚を味わい、安心した気持ちで、その荒波を乗り越えました。オーガズム、至福、全ての快がハートに溢れ出て幸せの中、ビクッ、ビクッとした丹田の波動上昇を受け入れ、天上の光を見つめ直すとまみの声が聞こえてきて「今よ」と言われると、激しい波動上昇、大波、全身が震えに震え、恍惚の人となりました。

 サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました「姫は、私に、GOサインを出しました。私は待っていたかのように、姫に嬲りかかり、愛の絶頂へと進んでいきました。そのエネルギーは我ながらアッパレで、特に、同時にまみ殿がイキがかっていたので、そのまま、二人でイキきりました。それは最高の瞬間でした。姫、ありがとう」

 女神まみはこう語られました。「私は、彼の合図に、全てを開放してシャワーを浴びたわ、私からも彼にシャワーが出ていっていて、私は幸せだった」

 サチャロカイエローアゼツライトに内在する存在はこう語られました。「まみ殿、私も幸せでした」

 「タカシは?」と女神まみ

 私も幸せでしたと言い、ハートでのワークを終えるのでした。


▪️宣伝

今回使用した天然石を販売します。欲しい方はリンクをお辿り下さい。


▪️備考

 本文章はハートでワークするクリスタルヒーリングを2019年7月10日より2019年12月31日までの約半年間続けた結果の一部資料となります。本文章の馴れ初めを知りたい方は、無料マガジン「クリスタルヒーリングで起きたこと」をご覧ください。


 又、「クリスタルヒーリングで起きたこと」は電子書籍ともなっております。天然石shopアナンダライト23より販売されておりますので、ご興味のある方はお買い求めください。 


 ハートでワークするクリスタルヒーリングを利用した聖なる聖典、聖書の作り方を公開しました。ハートでワークするクリスタルヒーリングの仕方(やり方)も同時に公開してありますので、ご興味のある方はリンクをお辿りください。 


 ハートでワークするクリスタルヒーリングを本気で体得したい方を対象とした、ハートでワークするクリスタルヒーリングのサークルを開設しました。ハートでワークするクリスタルヒーリングを本気で体得してみたいと思われる方は是非ご加入ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます。

幸せの尊(みこと)なりなぁ
天然石shopアナンダライト23 (https://www.ananda-stone.com/) とサチャロカイエローアゼツライト専門店 (https://www.satyaloka-yellow.com/) のオーナーです。ハートでワークするクリスタルヒーリングに目覚めました。

こちらでもピックアップされています

愛とハートを叶える女神 〜クリスタルヒーリングで起きたこと〜
愛とハートを叶える女神 〜クリスタルヒーリングで起きたこと〜
  • 496本

2019年7月中旬〜2019年12月末日までの半年間、クリスタルヒーリングをやり続けた結果、起きた事をまとめました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。