見出し画像

8mm玉インカローズ(ロードクロサイト)

 本文章には性的な表現が含まれております。気分を害される可能性がありますので、予めご了承下さい。

 伝承者から教えていただいた方法でこのインカローズとハートでワークをすると、私に内在する存在である女神様と繋がり、その女神様を介してこのインカローズに内在する存在と繋がれました。

 ひとときのヒーリングの後、
女神まみはこう語られました「まみは、心の底からタカシを愛した。意思が通じ合っていることを再確認しながら、ワークを進ませた。まみは喜んでこの方の存在を受け入れた。そして、愛撫してもらったわ、濃密な、そして、社会の窓から私をおんぶして、抱っこしてもらったわ、その愛のエクスタシーは本当に幸せね、私、何回でも受けたい」

 インカローズに内在する存在はこう語られました「私達は愛という名のエネルギー上昇、波動sexを快く引き受けた。そして、私は神の人と化身して、まみを犯した。まみは喜んでいたわ、Hな女ね、タカシも同罪でとってもHな男の子ね、彼女がヤラらているのに、彼、微動だにせずに見守っていたわ、好きもの同士が集まっているみたい」

 私はシントウハツウカイハの型(あぐらをかき頭上の光を見る姿勢)をとり、熱くなる体を落ち着けることに、気を注ぎながらも、感じるツウカイハ(股の間の中心から丹田にかけて起こる刺激)に心は踊っているようだった。だってさ、男の俺が女性のようになってんだよ、そりゃ、興奮するでしょ、マジやばいよクリスタルヒーリング。

 それでは、話を変えて、質問します。あなたの性質は何ですか?とインカローズに内在する存在に聞くと、こう語られました「秘密の花園に手を出します」

 女神まみ「いいわ」

 ひとときのヒーリングの後、
女神まみはこう語られました「私はシントウハツウカイハの型をとるタカシを横目に大の字になって身を委ねたわ、もう殿様よ、好きにしてって気持ち、しかし、まみは甘かったみたい。恍惚の人となっていく我が身に酔いしれ、タカシに指示を出すのを忘れてたの。だから、ハートに愛が溜まりまくってパンク状態だったわ、後々気がついて、タカシ、上を見てって言って光を見てもらったの、そしたら、風船が萎むように溜まり溜まった愛のエネルギーが天界へ、ほとばしっていったわ、これも一興ね、綺麗だったわ」

 私タカシはそんなことも知らずに、溢れ出すエネルギー、愛の波動上昇、迫りくるツウカイハに溺れ、悶絶の人となっていました。愛のエネルギーって、こんなにスゲェんだなぁと思っていると、まみの声が聞こえてきて、指示に従い難を逃れれたようです。まみの指示っていつも的確でビックリします。

 インカローズに内在する存在はこう語られました「私達の愛は成就した。さらばじゃ」

 あなたの特性は何ですか?と続けて聞くと、インカローズに内在する存在はこう語られました「あなた達を看取ることよ」

 「タカシ、お願いして」と女神まみ

 私タカシはお願いしました。

 ひとときのヒーリングの後、
女神まみはこう語られました「タカシったら、私の顔見て、何これって言っていたわ、どうしたのかしら」

 私タカシ「あっ、はい、シントウハツウカイハの型をとって、ツウカイハの餌食にならぬよう、背筋を伸ばして、天上の光を見上げ完璧と言える姿勢をとっていたのです。そうすれば、痛みなく、苦しまずに済むと考えたのですね。しかし、そうすると、確かに、エネルギーの錯乱は少なく済み、スムーズにエネルギー上昇していったのですが、その先に、ええ、天上の光を見ていたら、まみの泣いているイメージが見えてきて、えっ、って思っていると、今度はスレンダーな目を瞑(つむ)ったまみの全裸が見えてきて、ヤバって思って、気が錯乱していました。」

 「そうだったの、目を瞑ってたって、どういうこと」

 私タカシ「あの、横になった状態で、目を瞑っていて、それで、その全裸で、その美しい」

 「見たの?」女神まみ

 「えっ…見えました」私タカシ

 「見て良いって言った?」女神まみ

 私タカシ「いいえ、何も言わずに、その神秘的なお姿が見えて」

 「いいわ、次から、声をかけてね」女神まみ

 「はい」私タカシ

 インカローズに内在する存在はこう語られました「あなた方の愛に感服しました。良い見本になります」

 それでは、フリートークをしましょうと伝えました。

 私はシントウハツウカイハの型をとり、完璧に型を決め、起きることを待ちました。すると、エネルギー上昇が起き、神の至福を味わっていると、可愛いティーンのまみさんが見えてきたと思いました。それは、まるで妖精のようで少女でした。

 女神まみはこう語られました「私はタカシが妖精とあっている間、イキ苦しんでいたわ、絶頂状態よ、その少女は私の化身、ヴァーアイアよ、よく聞いて、その化身が現れたって事は、私達は次の段階に入ったってことを意味するの、いい、タカシ、これからが、大事な場面よ、しっかり頼むわよ」

 インカローズに内在する存在はこう語られました「まみのお言葉は真実です。そのように思って下さい。これからあなたは、次元上昇なる波動上昇が起こります。お気を付けて、日々をお過ごし下さい。以上です」

 それではワークを終わらせます。ありがとうございました。


▪️宣伝

今回使用した天然石を販売します。欲しい方はリンクをお辿り下さい。


▪️備考

 本文章はハートでワークするクリスタルヒーリングを2019年7月10日より2019年12月31日までの約半年間続けた結果の一部資料となります。本文章の馴れ初めを知りたい方は、無料マガジン「クリスタルヒーリングで起きたこと」をご覧ください。


 又、「クリスタルヒーリングで起きたこと」は電子書籍ともなっております。天然石shopアナンダライト23より販売されておりますので、ご興味のある方はお買い求めください。 


 ハートでワークするクリスタルヒーリングを利用した聖なる聖典、聖書の作り方を公開しました。ハートでワークするクリスタルヒーリングの仕方(やり方)も同時に公開してありますので、ご興味のある方はリンクをお辿りください。 


 ハートでワークするクリスタルヒーリングを本気で体得したい方を対象とした、ハートでワークするクリスタルヒーリングのサークルを開設しました。ハートでワークするクリスタルヒーリングを本気で体得してみたいと思われる方は是非ご加入ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます。

あい、嬉しいなりぃ
天然石shopアナンダライト23 (https://www.ananda-stone.com/) とサチャロカイエローアゼツライト専門店 (https://www.satyaloka-yellow.com/) のオーナーです。ハートでワークするクリスタルヒーリングに目覚めました。