地方都市に移住して思ったデメリット3選
見出し画像

地方都市に移住して思ったデメリット3選

移住して得られたメリットの話はネット上に飽和してきているので、あえてデメリットを3つまとめました。

1. メガバンク銀行の口座を持っていても使えない

東京でよく利用していた三菱東京UFJやみずほ銀行などのメガバンクは日本全国どこにいても利用できると思っていたのだが、地方都市にくると窓口はおろかATMが全くありません。

メガバンクの口座を持っていたまま移住したとしても、窓口でしか行うことができない取引も存在するので、可能であれば移住前に手放した方がよさそうです。

私たちは、郵便局をメインにして、地方銀行の口座を新しく開設しました。郵便局は本当に全国各地で利用することができるので、移住勢には最強かもしれません。


2. メガネのメンテナンスを依頼したいのだが、購入したチェーン店が街になかった

普段利用していて、使えなくなったら困ってしまう品物って結構ありますよね。私の場合メガネがそれでした。

zoff のメガネを使っていたのですが、トラブルでフレームが曲がってしまったとき、街にzoffがなくjins など別の店舗に依頼をしたらメンテナンスするにもお金がかかってしまう状態になり不便だなと感じています。

地方移住先にも存在するチェーン店を選択すると、移住後のトラブルシューティングも楽になるかもしれません。


3. やっぱり東京は多様な種類が集まってきていた

地方移住先の長岡市のご飯もとても美味しくて満足しているのですが、東京都は全国から食材が集まってくるので種類が多くたまに長岡の魚屋さんに売っていない魚であり、東京の魚屋さんでは取り扱っていた魚が食べたくなるなと感じる時があります。

地方移住すると、良くも悪くも品種が偏るため、満遍なく食したい場合は移住デメリットになってしまうかも。

しかし、偏ってしまうとはいえ最高の食材であることは間違いないので、トレードオフかも。


最後に

いいことだけじゃないんだぜ

バボでした。
twitter: https://twitter.com/kinocoboy
blog: https://baboblog.com/




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうね😊
東京から地方への移住を実現させたの30代夫婦。東京から地方へ移住するために考えたこと・感じたことをリアルタイムに投稿します。東京8年目・北海道出身 ITエンジニアの夫と 東京15年目 広島県出身の嫁がお送りします。 https://baboblog.com/