ぼぶ@Want to 1000%プロデューサー

"あり方"だけで売れ続けるWant to 1000% プログラム 主宰|自分も回りも巻き込み10人でWant to 100% → "1000%"状態へ|自身の力をもっと社会還元させていきたい人の為の活動支援🏃‍♂️|+音楽バンド アイスクリームネバーグラウンド代表

ぼぶ@Want to 1000%プロデューサー

"あり方"だけで売れ続けるWant to 1000% プログラム 主宰|自分も回りも巻き込み10人でWant to 100% → "1000%"状態へ|自身の力をもっと社会還元させていきたい人の為の活動支援🏃‍♂️|+音楽バンド アイスクリームネバーグラウンド代表

最近の記事

自分らしくやる為の前提

それは参戦する対象、そのゲームのルールを可能な限り深い所まで理解する事。 沼に入って、基本を根本の根本から押さえる。 導入は、具体実践のHow toや理論、得られるメリット、便益。 とりあえず頭で理解したところで、とっととやってみる。 頭も手足も触覚も五感も第六感も全てを動かしてみて、その瞬間に伴う感情や感覚もセットで体感する。 思ったより難しい部分もあるし、案外できてしまう部分もある。 やっていく内に、頭だけで分かっていた部分と行動実態における心象風景との乖離に気

スキ
2
    • 良い評価を受ける事による弊害

      何らかの活動をがむしゃらにした時、思わぬ所で想像以上の結果が出る事がある。 それは勿論本人にとって良いことではある物の、一方で実は長い目で見ると全体として良い方向とは逆向きへ作用する事もある。 ただやりたいからしていたことが褒められたり、何らかの成果が出たりして、そういった状況が定常的に続くうち、いつの間にか褒めてもらわなければ気が済まなくなる。 いつの間にか褒められ回数などの数値を目標に行動を量産する、という計画を立てだす。成果が出てこそ、と考え始める。 そうやって

      スキ
      1
      • "コーチとして生きる"という事の意味

        それは、24時間自分らしくある事を徹底するという事。 契約があるからとか、 誰かの期待に応える為とか、 クライアントさんに価値を届ける為とかを起因に めっちゃ頑張ってセッションする!!! という訳じゃない。 24時間365日、余すことなく外的要因動機でなく、 自分主軸の動機から動き続ける、 という生き方そのものを選ぶという事。 みんながやってるから、 やるべきことだから、 ではなく 自分が面白そうと思ったから、やる。 自分のゴールと関係があるから、やる。 自身の有りた

        スキ
        5
        • 幸せの条件

          なんともクサいテーマですが。笑 皆さんも幸せを感じた時って、きっとありますよね。 僕はあります。ない人はスイマセン。 そして自身の個人経験ベースではありますが、それら幸福感を特に感じられた状況からの共通点を見出して、再現性を持たせられないか、考えてみました。 実際自身の中で思い返して、割と大きな幸福感を得ていたタイミングは、 ■学生時代、無事に志望度の高い企業からの内定がもらえ、後は学会にむけた研究や修士論文を書くだけの状態となった時に行った夏フェス。 ■修士論文

          スキ
          2
          • 具体的な成果を目指すその前に。

            ""やりたいことをやろう!"" なんて言った時、 〜出来るようになりたい!、〇〇円稼ぎたい!、独立したい!、転職したい!、〜で優勝したい!、~を勝ち取りたい!、売れたい!、なんやらかんやら、、、 など何らかの行動の先の成果を挙げがち。 なぜなら、今まで何らかの行動の先に得られる目標を目指す事が是とされてきたし、成功してる人はなんだかんだそうやって目標を決めて動いてきていると聞いた!という刷り込み前提があるから。 という事で、年明けなり何らかの節目なりコーチングセッシ

            スキ
            1
            • フリーランスとして独立し1年経った結果

              前回のnote記事から気づけば1年が経過していました。 (ただ実は丸っと一年だんまりしていた訳ではなく、別の媒体で発信したりと、ウロウロとしてきてはおります。) で、折角念願の独立をして1年が経ち、ぶっちゃけどうだったのか、ザザッと挙げてみます。 良さげに見える事 時間が有り余る 実際、本当に時間が有り余るかというとそんな事はないんですが、それまで雇われの身で7年ぐらいいた者の体感値として、可処分時間は圧倒的に増加しました。 これだけ自分以外の都合で決められる予定

              スキ
              16
              • フリーランスとして独立します

                今年、2021年夏。 この度満を持して、 フリーランスコーチ&運動会バンドマンとして 100%独立いたします。 この記事と同内容を、stand.fmにて音声でも話しています。 音声派の方は、下記配信をご視聴ください。 経緯 昔から筆者の事を知っている方は 「アレ、個人事業主って言うてへんかったっけ?」 なんて思われているかもしれません。 よくお覚えですね。 もちろん既に個人事業主ではあります。 が、実際の所はまだ、50%被雇用状態の半個人事業主でした。

                スキ
                24
                • 前に進み辛い時の対処法~身も蓋も無い~

                  こんにちは! 限界突破コーチ&運動会バンドマンのぼぶです。 最近も相変わらず、 "新しいことへ挑戦してみたいが、 スキルが足りていない気がして、 自信がなく、前に進めない。" といった話を、1日に1000回以上聞いています。 1000回は嘘で、本当は999回ぐらいなのですが、実際新たなことに踏み出す前の9割以上の方々は、皆こういった気持ちを持たれている印象です。 こういった時には、どうすればいいか? 結論から言うと、 とっとと先に何歩か踏み出してしまい、 もはや

                  スキ
                  6
                  • コーチングを売っていく上で、新たなスキル・資格は必要無い2つの理由

                    この記事は、下記stand.fm配信の台本として使用しています。 本編が気になる方は、下記配信をご視聴ください。 背景コーチングや、自分自身を活かしたサービスを売っていく為に、色んな資格の後ろ盾や、新たな スキルを身に着ける事で、自信をつけたい、と考えている人は多い。 結論新たなスキルや資格は、要りません。 2つの理由 ①機能性 目の前で関わる人に対し、どこまで命全て捧げて本気になれるか、の方がよっぽど大事だからです。 クライアント以上にクライアントの事を 真剣に

                    スキ
                    3
                    • 自由&安定の両立を目指す!独立起業からフルリタイアまでの超簡易ロードマップ

                      この記事は、下記stand.fm配信の台本として使用しています。 本編が気になる方は、下記配信をご視聴ください。 背景独立して、自分な好きな事で、自由に稼いでいきたい! でも、代わりに今までの安定を手放さないといけない、という悩みがある。 実際それはその通り。 組織(仕組み・システム)に乗っかると、安定できる。 (組織とは、団体、コミュニティ、会社、グループ。  システムとは、業界の風習、サービス、公務員など。のイメージ) ⇔他者基準で物事が進む。 自分以外組織や団体

                      スキ
                      5
                      • レぺゼン地球に学ぶ自立的コンテンツビジネス運営に向けた教訓

                        この記事は、下記stand.fm配信の台本として使用しています。 本編が気になる方は、下記配信をご視聴ください。 【イントロ】 噂のレぺゼン問題。 H氏との契約で楽曲を始めとしたさまざまな権利を押さえられおり、あらゆる首根っこが掴まれ身動き取れずに、DJ社長が解任。 これがレぺゼン地球解散の原因となった。 そして、彼らが活動を続けていくには別会社を改めて立てて再スタートする他無かった、という話。 音楽をする側としても、一個人事業主としても、ここから学ぶべき内容は多い。

                        スキ
                        5
                        • 時間やお金の活用密度を最大化するただ1つの方法+α

                          この記事は、下記stand.fm配信の台本として使用しています。 本編が気になる方は、下記配信をご視聴ください。 【背景】 時間に余裕がある日ほど、 noteや音楽制作で、めっちゃ作業時間を増やしてしまう癖がある。 【対策・結論】 締め切りを用意する。 本当にしたい事であるならば、あらゆる手段を使うべき。 【パーキンソンの法則というのがあります】 ・第1法則「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」 ・第2法則「支出の額は、収入の額に達するまで

                          スキ
                          7
                          • "個人で稼ぐ事"に対する心理的ハードルのぶっ飛ばし方

                            この記事は、下記stand.fm配信の台本として使用しています。 本編が気になる方は、下記配信をご視聴ください。 【イントロ】 ・自分の商品を作って売りたい ・note記事を有料化して売りたい ・コーチングでセッションを有料化したい 個人で稼ぎたい人が、増えている。 一方で、日本人は稼ぐことへの心理的ハードル、というものがある。 理由は親から学校に至るまで、従業員などの被雇用者を生み出す為の教育をしてきているから。 TVやニュースなどのマスメディアについても、発信側

                            スキ
                            13
                            • 音声発信と文章発信の違い

                              この記事は、下記stand.fm配信の台本として使用しています。 本編が気になる方は、下記配信をご視聴ください。 【イントロ】 色んな情報発信をやってみたい! という人は増えている。 特にビジネス回り。 でもどれをどうやっていいか分からない、 という悩みも沢山。 結論としては、目的による。 これだけだと身もふたもないので、 最近感じたことを伝える。 今まで色んな発信をやってきた。 特に最近はstandfmだったり、 noteだったり。 おそらく、 直接的な答え

                              スキ
                              6
                              • 本当に好きなこと以外はやらない

                                こんにちは! 限界突破コーチ&運動会バンドマンのぼぶです。 昨今の副業ブームは加速し続けており、個人で生きていく為の選択肢や色んな環境や技術もどんどん揃ってきています。 自身もそれらの恩恵を受け、自分で音楽・グッズ・イベントを作ることや、自分のコーチングをすることで対価をいただけたり等、まさに個人としての生き方を形作れています。 こういった生き方を作っていく中で、個人的には特に大事だと考えていることが 本当に好きなこと以外はやらない という事です。 むしろ個人で生

                                スキ
                                5
                                • 心が焦る時の応急処置

                                  こんにちは! 限界突破コーチ&運動会バンドマンのぼぶです。 毎日を生きていると、 色々やってみたい! 色々やってみよう! 色々やらなきゃ! 締め切りでいっぱいだ! 予定がいっぱいだ! ⇒なんか大変だ!!!! といった状態になりがちです。(自分だけ?) 経緯は人それぞれとしても、少し油断するだけで、毎日何かしらの物事に追われ、焦ってしまうような状況には陥りがち。 そんな時、がむしゃらに動きまくっても、余計に焦りや不安が増大してしまう悪循環。 そんな時こそ、落ち着い

                                  スキ
                                  1