見出し画像

UAE、レーダー衛星群と宇宙ファンドの計画を発表(spacenews翻訳7/18-1)

AZULBLUE

ワシントン - UAEアラブ首長国連邦は、同国の宇宙部門を支援する8億ドル以上の新しい基金の一環として、レーダー衛星群を開発します。

UAE政府は7月17日、アラビア語で鳥の群れを意味する「Sirb」と呼ばれる合成開口レーダー(SAR)衛星群の計画を発表しました。この衛星群は6年かけて開発され、最初の衛星は3年後に打ち上げられる予定です。

UAE宇宙機関は、SirbはXバンドSARペイロードを持つ小型衛星のコンステレーションになると言っていますが、コンステレーションに関する他の詳細はほとんど明らかにされていません。

UAE宇宙局は、Sirb衛星について、Xバンドで運用される小型衛星であること以外、ほとんど詳細を明らかにしていません。また、システムの予算や衛星の数も明らかにされていません。同庁が公開したイラストには、展開可能なアンテナを持つキューブサットクラスの衛星が描かれています。

UAE宇宙庁のサラ・アル・アミリ長官は政府声明の中で、「SAR技術は従来の画像衛星を飛び越え、Xバンドレーダー技術を使ってより強力な画像処理を提供する」と述べました。「これらの小型衛星は、より機敏で、より速く開発され、より強力で、技術が現在可能にしている新世代のシステムの種類を示すものである」と言います。

UAEは、このシステムの少なくとも一部の側面について入札を求める計画です。声明では、政府は衛星部品の開発だけでなく、打ち上げ、運用、商業化計画に関する提案も求めると述べています。このプロジェクトには、首長国および国際的な企業の両方にとっての機会が含まれることになります。

Sirbは、7月17日に発表された新しい国家宇宙基金の基礎であり、政府はSirbのような宇宙プロジェクトに30億ディルハム(8億1700万ドル)を費やすことを約束しました。

「国家宇宙基金は、グローバルなパートナーシップをここ首長国連邦に設立することを奨励し、UAE宇宙計画やその他のグローバルな顧客のニーズに答えるために、今日の世界のニーズと可能性に答える重要な技術革新と技術を提供し、新しく重要な技術プラットフォームと開発を行います」と、UAE宇宙機関の局長であるサレム・アル・クバイシ氏は声明で言いました。

政府は、新基金の支援対象として検討されている他のプロジェクトや、基金の運営期間については発表していません。
アル・アミリ氏は、この基金について、「まさに首長国の企業建設における国際協力の機会を構築することを目的としている」と述べています。

UAE政府は、経済の多角化に取り組む中で、同国の成長分野の1つとして宇宙を重視しています。
この分野で最も注目されているのは、2年前に打ち上げられた火星探査機「エミレーツ・マース・ミッション(ホープ)」です。
エミレーツは現在、金星といくつかの小惑星のそばを飛行する「ビヨンド・マーズ」ミッションを進めており、2028年に打ち上げられる予定です。

また、同国には小さな宇宙飛行士隊があり、2019年に国際宇宙ステーションへの短期滞在型ソユーズミッションに1名が搭乗しています。
4月には、UAEのモハメド・ビン・ラシド宇宙センターがアクシオム・スペースと契約を結び、早ければ2023年春に打ち上げられる長期のISSミッションに参加することになりました。
そのミッションに搭乗する首長国の宇宙飛行士はまだ発表されていないが、昨年、ロスコスモスとの3者間取引でアクシオムがNASAから取得したソユーズの座席をNASAの宇宙飛行士が使用することになります。
#UAE
#地球観測市場

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
AZULBLUE

いただいたサポートはマインドマップの描き方や、物事をわかりやすく説明するための活動費として使われます。 よろしくお願いします。

AZULBLUE
ゲームの3Dアート コンセプトアート シナリオ制作 アニメや漫画の3Dモデルを作る会社です。