見出し画像

ワッピンギルドから見る、未来の働き方|世界観マッチングがくる世界

はじめまして!
現代藝術家の鈴木愛純と申します。
この度、株式会社サーベイボックスで、CAO (最高藝術責任者) としてジョインすることになりました!

自己紹介


私は大阪市内で、現代藝術家として生きています。

幼少期から人や動植物とのボーダーがなく
見えるまま感じるままに絵を描き始め、小・中・高と12年間、格闘技に明け暮れ、保育の勉強を機に、独学で藝術に目覚めました。

現在は「めぐる生命」をメインコンセプトに、飲食店や商業施設、ライブハウスや地域活性化イベントなど、様々な場所で絵画・壁画・空間デザイン・ライブペイントを中心に国内外で、オリジナルのアート作品をより身近な存在として、その楽しみ方や機能性を提案しています。

脳内はインスタからご確認ください👁💥👁

(これは5歳の時の作品:にじうお)


ワッピンギルドとの出会い


きっかけは1年前。友人の誘いで、教育×イノベーションのサミットに参加して、翌日のお昼にアプリについての壁打ちに付いていったら、武尊(CEO)がいて「ワッピンギルド」について色々と話しました。

当時はとにかく、個性をつぶす社会を変えたい。って強く思ってる人って印象で、その2週間後くらいに大阪に来て色んな人を紹介して一緒に壁打ちに回って、どうしようもなく不器用で、本当にいい奴なんだなぁって思った記憶があります。

『ワッピンギルド』は、エンジニア、WebデザイナーなどのIT人材やマーケター、映像作家や芸術家として活躍するクリエイターと、サービスの改善や事業開発、CSR活動(SDGsのような)や、イノベーションを起こしたい企業をマッチングするためのアプリです。


そんなこんなで時は過ぎ、たまに連絡をとっては岡本太郎や縄文時代、経済や社会情勢について話す程度の仲でした。コロナが来て、リモートやテレワークの時代だと言われる中で、そう言えば何しょんじゃろう。と思って改めて連絡をして色々相談に乗ってる中で、

「これは、誰もがやりがいをもって働いて、幸せに暮らせる可能性を持ってる」

と、確信しました。私は、ITとはかけ離れたアナログ人間だし、知識もなければ技術もなかったけれど、これは絶対に世に届けたい。クリエイターとして働く友達や、サービスやプロダクトと共に世界観を届ける企業の事業を加速できるかもしれん。そして、これは人生懸けてやりたいなと思って、自分の仕事と並行して日々走り回っています。

私がサーベイボックスで働く理由


アーティストとしての顔を持つ私が、なぜサーベイボックスに関わりたいと思ったのかというと、この『ワッピンギルド』というアプリを通して、誰もが自分の価値観や世界観を起点にやりがいを持って働いて、クリエイティブの可能性を追求し、社会の課題を解決することができると思ったからです。


これは、私の原体験に理由があります。

私は、幼い頃からどれだけ周りに反対されても自分がやりたいと思ったことしかしてこなかった人生で。

保育園で日本語が喋れないという理由で、急に友達が居なくなったのが悲しくて「今日から日本語以外の言葉を喋りたい!あの子とまた話したい!」と親に申し立てて、英会話に通ったり。

兄の運動不足解消の為に、柔道の見学について行ったら「かっこいい!明日からやりたい!」と言い出して、女の子だからダメだと言われても断固拒否して17歳でロンドン五輪に出ると目標を決めて、小1から柔道を始めたり。

姉のフットベースクラブについて行ったら「楽しそう!私も参加していいですか?」とか言って、クラブに入ったり。

小1から学外の活動が既に3つあったのと、とにかく友達と遊ぶのが好きで朝7時から授業が始まるまでの1時間、授業の合間の休憩時間、習い事までの30分だけでも遊ばないといけなかったので、宿題は授業中に終わらせる習慣がつき、勉強も大好きでテストは10分で終わって寝るか、本を読むか絵を描く感じの子どもでした。

特に体育や音楽、家庭科や図画工作が大好きで。母の影響もあって、自分で何かものを作ってプレゼントするのが楽しくて。お菓子を作って配ったり、大人用のデザインでビーズの指輪やミサンガを編んで友達に配ったり。フリマで売ってお小遣いを稼ぎ、物欲がなかったから友達の誕プレを買って贈ったり、暇があれば本を読むか絵を描くかパズルをして、休みって概念がないくらいには充実した小学生ライフを過ごしていました。

家はお世辞にも裕福ではなかったし、これは能力でもなくモチベーションの問題で。全部自分が好きでやってたから、努力って概念もあまりなく、ずっと遊んでる感覚でした。

そしてワッピンギルドには、このモチベーションを支える仕組みが搭載されています◎


中学生になると、本格的に五輪を目指す為にそれまでの習い事も卒業し、柔道部がなかったから体力作りのためだと反対する親を説得してテニス部に入り、勉強もやりつつ、朝から晩まで四六時中テニスか柔道に熱中してました。

が、小4で疲労骨折した腰の骨がズレて人生で2度目の挫折。そこから少し荒れて更生して、テニスは中国大会団体3位。柔道は県大会3位になってから1年くらいブランクを抱え、最後に道場に恩返しする為に出た2つの大会でどちらも優勝していくつかスカウトのお声をいただき、高校ではレスリングに転向することを決めました。

この高校が「持ち味を生かす」というめちゃくちゃ素敵な高校でした。誰もが夢を実現する為に実践ベースで3年間、好きなことや得意なことで社会に貢献する為に、知識と技術と人間性を磨いて切磋琢磨できる環境だったのでとても楽しかったのです。

画一的な評価軸もなく、みんな違って当たり前で、違いに触れれば触れるほど学びが深くて面白く、とても風通しがよくて過ごしやすかったです。高校ではレスリングと並行して弁論や生徒会長を務め、当時は感情の処理が上手くできなくて一瞬バーンアウトもしましたが、自分が親だったらこんな学校を勧めたい。いつかこんな素敵な会社や学校をつくりたいと思って無事に卒業しました。

そこから半分家出の口実と、半分本心で未来を担う人達と関わりたいと思って、昼間は働きながら夜間の保育の専門学校に行き、発達心理学や幼児造形を積極的に学ぶ中で、子どもに伝えれることなんて何もないや。彼らが生きやすい社会を創る為に、とにかくかっこいい大人になろう!と思って、

今日からアーティストになる!と決めて、藝術とは何か。創造とは何か。働くとは何か。教育とは何か。社会とは何か。文化とは何か。価値とは何か。人間とは何か。生きるとは何か。を5年くらい毎日考えては国内外で実践して、今に至ります。

私は組織に属しながらアーティストという役割を通して、自ら矢面に立って現場で実践していく中で、アーティストとしてチームとしてプラットフォームとして、日本の働き方・教育・経済の価値観を変えて、日本が誇る文化や知識と技術の保全の為にも、5年後10年後にはAIやVR・ARを活用して、海外にも進出しようと思っています。

スキルマッチングから世界観マッチングへ


ここまでお話すると、何か訳のわからん奴が小難しい絵空事をほざいとるわ。と解釈されてしまうことがたまにあります。

ですが、もう近代のように出る杭は打たれる時代でもなければ、好きなことで生きていく!って個々で頑張る時代でもなく、業務効率化やコスト削減の為だけにリソースを使うでもなく、アート・クラフト・サイエンスの3つの軸からなる、美意識型の経営。

コミュニティを築き、或いは越境し、多様なニーズに応える為の、産業のD2C化。CSR活動やSDGsなどプロジェクト単位で集団として社会の課題を解決し、やりたいことを実現する為に各々のできることで協力して価値を生み出す。共創社会に向かうと考えます。

そこで『ワッピンギルド』ではアプリを通して「世界観マッチング」に挑戦しています。

私たちは、

「個性」= 世界観 × 技能スキル

「世界観」=
・その人が自分の人生で得てきた経験知、自分にしか持っていないもの、ストーリー、価値観、考え方

・企業のコーポレートアイデンティティ
ビジョン、ミッション、バリュー

と定義しています。

既存のクラウドソーシング事業はスキルの面だけが強調されていましたが、時代はモノづくりから物語へ移行すると考えます。

経済合理性だけを求めるなら、安くて効率のいい仕事はAIにやってもらった方が速いし、業務効率や生産性も上がります。人口が減少する影響もあって、この流れは加速するとも考えています。


なので、ワッピンギルドでは2035年に向けて

「LOVE&WOW」
= 想いを込めて感動を届ける。



を合言葉に、誰もが自分の経験や知識や技術を活かしてやりがいをもって働き、好きなことや価値観に誇りを持てる意識の変革。

クリエイターとして活躍する人材と、社会課題、CSR活動に取り組む企業とのコラボレーションなど、世界観をもったサービスやコンテンツ、プロダクトファーストの事業を加速する為のプラットフォームで在り続ける所存です。

個人のライフスタイルに合わせた働き方を推進し、各々の持っている価値観や技能スキルと企業のマッチングをすることで、凡ゆる分野の垣根を越えて共に新たな価値を創造し、その先にある生活者の方の新たなライフスタイルを提案、提供して豊かな時間や文化を育む。

それこそが「ありがとうで繋がる経済圏」共感や贈与からなる「経済」そのものの在り方だと本気で思っています。

最後に

長文にも関わらず、ここまで読んでいただいた方。本当にありがとうございます。

ワッピンギルドは、まだまだメンバーも少なくシステムとしても改善するべき所が沢山あります。なのでこれからもユーザーの方々の貴重なご意見を賜りながら、豊かな社会の実現に向けて迅速にアップデートを重ね、素敵な未来をつくり続けていくので今後とも宜しくお願い致します!

もし「いいね」「がんばれ!」って思ったら、スキかシェアをしていただけると嬉しいです☺️💕

何より、2021年も皆様にとって素敵な一年になりますよう心からお祈り申し上げます🥰✨


鈴木愛純 拝

この記事が参加している募集

子どもに教えられたこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!素敵な一日を🥰🎨✨
17
現代藝術家| 株式会社サーベイボックス 最高藝術責任者 「めぐる生命」をメインコンセプトに、 様々な手法で祈りと生命の色を解き放つ🎨 クリエイター専用テレワークアプリ「ワッピンギルド」 クリエイター向けシェアハウス運営中🏡 日常や、作品のことなどを綴ります.*