見出し画像

社会人3年目のおわりに考える今後のキャリア


はじめに

久々に自分について書こうと思います。

Azitを退職して3ヶ月が経過しました。
人生という時間軸の中で、この期間を切り取ると
ほんの一部です。

でも数年後の自分のキャリアというのは
一瞬で過ぎ去っていく今日という1日の積み重ねです。

3ヶ月ほど前に退職することが決まってから
大きくマインドセットを変えて生活するようになりました。

2020年4月、私は社会人4年目になります。

実はまだお話ししていなかった新しいキャリアを歩み始めたご報告もかねて、これまで歩んだキャリアを振り返りながら、今後のお話をしようと思います。


新しいキャリア

皆様ご存知の通り、私はこれまでAzitで採用広報として働いていました。

遡ること3ヶ月ほど前、とあるきっかけから退職が決まり、転職活動が始まります。

この期間が本当に私を大きく成長させてくれました。

そんな転職活動期間を経て、現在は心から素敵だと思える2社で働いています。

■ Apricot Ventures

■ newn

なぜ2社?と思った方も多いと思いますがもちろん理由があり、、、
まあそれは一旦置いておいて

(もちろんどちらにも全力でコミットしています)


Apricot Venturesでは
これからたくさんの起業家の方とお仕事をさせて頂くことになると思います。

白川さんからお声かけ頂き、このタイミングでご一緒できることになったのは非常に嬉しいです。

この貴重なご縁を大切にしながら
関わる方全員と一緒に前に進んでいく気概で
とにかく努力を惜しまず、必死にやっていこうと思います。


newnでは
人事・採用広報として各ブランドの採用、newn全体の採用をお手伝いしています。

D2Cスタートアップの領域はもともと興味があり、気になっていました。

綾太郎さんと初めてお会いした時
少し緊張したんですが、やはり直接お話しを伺ってみてワクワクすることが多すぎました。
そして気付いたら自然とnewnにいました。笑

どのブランドも魅力的で、急成長しています。

1人でも多くの方にそれを届けられるよう、この組織拡大のフェーズで自分にできる精一杯をnewnの皆さんと頑張りたいです。


さて、そんな2社との巡り合いや
現在の自分になるまでには
それなりの葛藤がありました。


反省だらけの数ヶ月

正式に動き出したのは2019年の12月頃です。

ちょっと表現が良くないかもしれませんが、その時の自分を振り返ると
前向きでありながらも「未練たらたらで、次がなかなか見れない人」になっていたと思います。

実はこのツイートをする少し前に退職することは決まっており、転職活動は水面下で動いていました。

履歴書を書いてみたり、YOUTRUSTさんにお世話になったり、状況を知ってくださっている方にリファラルでお繋ぎ頂いてお話をしたり。

当時はまだ今後やりたいこともフワっとしていて、とりあえず動かなきゃというマインドでした。

分からないながら行動して、動きながら思考整理している感覚です。


ツイートは、とあるきっかけがあって投下したものなんですが
この一件を皮切りに多くの方が相談に乗ってくれたり、面談してくださいました。

嬉しさと、次のキャリアを考える寂しさが同時に押し寄せました。

お話する中で、自分が何をしたいのか?今後どうなりたいのか?
問われるごとに自分のことが分からなくなって焦りました。

軸がブレていたのだと思います。


再整理してから転職活動を加速させ、少しずつ選択肢が狭まっていきます。

最終フェーズに入った頃、何度も面談をして頂きながらも、すぐに入社の意思決定ができない自分を責めて悩んでを繰り返しました。

そんな私に対して、いくつかの企業さんが業務委託で関わるという選択肢をくださいます。

客観的に見たら、「今後の自分のキャリアを棚卸して自分の課題が明確になったんだし、それを学んで走れる会社なら迷う必要はないじゃないか」というお話ですよね。

私もそう思います。

なのに決めきれませんでした。

たくさんの方にお会いする中で、ファンになる企業さんが増えてさらに迷いが生じてしまったのも1つの理由です。

私の弱いところだなと思います。


見えてきた自分の価値観

業務委託という選択肢を頂いてから、2ヶ月ほど複数の企業さんにお世話になり、反省や学びの嵐でした。

そして見えてきた軸がいくつかあります。

この反省をきっかけに、社会人になってから現在までの経験や学びを3時間かけて棚卸しました。

docsに9ページ分くらいはあるでしょうか。
この機会に、ほんの一部を載せておこうと思います。


✂︎--------------

人生はおよそ30000日程度です。

私は今25歳。間も無く26歳を迎えます。
日数に換算すると、9408日です。

10000日が終わろうとしています。

まず生き方のスタンスに関しては、3つの考え方と、それに紐付く4つのスタンスを意識してこれまで生きてきました。(詳細は割愛します)

そして25年の人生、約10000日の中で
私が身に付けたスキルは何なのか。

それを考えるにあたり
まずはこれまで自分が得たものを振り返ってみます。

知識や経験

■ 営業力(目標数値に対するコミット力・アクション数)
■ SNS運用周りの知識(主にインスタ)
■ HR領域の知識(RC・RA・採用広報)
■ コミュニティ運営(オンライン・オフライン)※規模は少数から大規模まで
■ 言語化
■ D2Cなどアパレル領域やブランド立ち上げの知識

コンピテンシー

■ 誠実さ
■ 受容性・感受性
■ 人に対する貢献力
■ 新しいことへの興味関心
■ ネットワーク構築

これらを持ち物として、

①シリーズA×インサイドセールス×シェアリングエコノミー

学生時代にインターンとして1年ほどキャリアを積んで、主に営業を中心に取り組みました。

②既存事業・レイターステージ×営業×HR領域

新卒で入社して2年間在籍し、広告営業や人事コンサル寄りの業務に取り組みました。

③シリーズA×採用広報×モビリティ領域

そして直近までは採用広報というHR領域の中でも新しい職種で、先駆者がいない未開拓の領域に取り組みました。


またAzitで働いてみて、自分が経営をする気は全くないですが

その領域を理解して、経営者や起業家の人の助けになることをしたい。少しでも自分が役に立てることがあるなら何でも頑張りたい。という気持ちがはじめて形成されました。

そして、これまで描いたキャリアから見えてきたものを棚卸してみます。

ポジティブ

■ 思考力、設計力が上がってきて、最初の設計からちゃんと作れるようになってきた。(抽象度の高いお題もクリアできるようになってきた。)
■ Whyから物事を語れるようになってきた。
■ ネットワーク構築力がさらに強化され、インプットが加速した結果、考え方の引き出しが増えた。
■ いい意味で人に流されながらキャリアを歩んできたが、その中で自分が取るべきスタンス、意思決定の軸が明確になり、無駄を削ぎ落とすための思考の回転スピードが早まった。

ネガティブ

全体的な経験の不足により事業成長に貢献できていない感(後述)
■ 採用広報のキャリアを縦に掘ることは先が明るくない

※全体的な経験の不足とは

・ロジカルシンキング(物事を構造的に捉え体系的に整理する)
・マネジメント能力(職種、ポジションに限らず)
・事業理解(事業のKPIをたてるとかそうゆうレベルのやつ)
・一般論や世の中の流れの理解やキャッチアップ力
・シンプルに実務経験(成功体験)

✂︎--------------

と、まあこんな感じでめちゃくちゃ棚卸しました。

ここには書きませんが
自分が大事にしたいメンタリティについても大量に書き出し、自分でもスッキリしているし

これから毎日見返して、日々意識して生きていこうと思っています。

そこまで徹底して初めて器のでかい大人になれると思うから、自己満だとしてもやり切りたいです。


こうして自分と悶々と向き合った結果
最終的に私が一緒に頑張っていこうと決意したのが
Apricot Venturesとnewnでした。


なぜこの選択をしたのか

今回私が選択した道のりは、これまでの自分の経験を活かしきれない場面もたくさんあるはずです。

自分の決めた道に対して周りの人から様々なリアクションをもらいました。

中には少し辛辣な言葉もありましたが、ポジティブに受け止めています。

人に言われたことを気にして生きてきた今までの私であれば、落ち込んでいたかも知れません。

今となっては「自分は伸び代しかないじゃん」などと気持ち悪いくらいポジティブに思考を変換できるようになりました。

私は『どんな小さな仕事でもいいから、また一緒に働きたいな』と思う人達がいます。

その人達に、どこかのタイミングできちんと成長した姿を見せられるようになりたい。

それまでは、人知れずチャレンジして失敗して内省して、もう一回チャレンジするというPDCAを回し続けます。

今の私はきっとすごく頼りないです。

だからといって自信がないわけではなく
向上心はどこまでもあります。

今回お世話になることを決めた2社は、そんな私を受け止めて前向きに一緒に走ってくださると感じました。

もちろん、これまでお世話になった企業さんがそうではなかったということではありません。

たくさん悩んで、今回こうして意思決定をできたことは、あの頃の自分と比べて大きな成長だと思うし
すごく幸せなことです。


さいごに

私をここまで引き上げてくれたのは
たくさんの苦い経験と、助けてくれる人たちの存在でした。

これほど大きな学びと経験と価値観の変化を
3ヶ月で得られることは、そうそうないでしょう。

周りの人からは与えてもらうばかりで、何をお返しできたのか分かりません。

だから今の私は次のステージで強くならなきゃいけないと全力で思っているわけです。

そんな私がこれからお世話になる、Apricot Venturesnewnの2社。

まずは私を仲間に入れてくださって、本当にありがとうございます。

これからは皆さんと一緒に色んな事を乗り越えつつ、時には楽しみつつ、成長していけたら嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します!!!!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったーーー!私もあなたがスキです!
95
服とバスケが好きです。地味にインスタグラマー的な何かをしているような、していないような。 CREWというモビリティプラットフォームを運営する株式会社Azitで、人事・採用広報をしていました。 現在は、Apricot Venturesというシードのファンドで働いています。

この記事が入っているマガジン

人事・採用広報の記事
人事・採用広報の記事
  • 9本

人事や採用広報にまつわる記事はこちらに更新していきます。

コメント (3)
白川さんとこにいるのね!
ひかるさん!ひかるさんの内省→言語化→発信する姿、凄いなぁ素敵だなぁといつも拝見しております、、!いつかまたお話しさせてください😭💗応援しております、、!
ひかるさんと同じ学年の営業マンです。
私も似たような仕事をしています。

私も社会人生活3年目を終える今、働いていている最中に次のキャリアパスを考えるシーンは増えてきていました。

そんな中でひかるさんの投稿を拝見させて頂き、自分の中の経験と付加価値を改めて整理するきっかけになりました。

今後も楽しい投稿楽しみにしております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。