歩_ayumi

舞台とデザインをやってます。

歩_ayumi

舞台とデザインをやってます。

    最近の記事

    AYUKOJI雑談 その4「公演が終わったら。」

    公演が終わったら。──公演が終わったら、やってみたいことって何でしょうか。 小島屋(以下、K) 今、僕は仕事もあまりないので、やってみたいことも、あんまりないのだけど。 香港の話がありますが、まだコロナが終わらないので、どうなるか分かりません。韓国は、もう現地がしびれを切らして9月末に行くことになりました。それは仕事ではなく、航空運賃だけ出してもらって、仲間で盛り上がる企画です。オ・ギョンフンという映画監督やソ・スンアとが実行委員会を作って、スンアの家の広い敷地で舞台を建

      • AYUKOJI雑談 その3「一緒にやってみて。」

        一緒にやってみて。──アユコジで、小島屋さんと組んで変わったことって何かありますか。 歩(以下、A) 本番でもゲネ(本番前のリハーサル)でも、どんどん作品が変わることを知りました。スタッフに対して気を使ってしまうんですよ。キッカケが変わったら、迷惑かかるー!もう死にたい!みたいな。 小島屋(以下、K) キッカケは分かりやすく伝えるよ。 A 伝えるけど、細かいニュアンス変わると、あっちも準備が遅れたりするし。 吉澤(以下、Y) それが悪い方向に変わる時には問題あるけど。 A 

        • AYUKOJI雑談 その2「コント好きな二人。」

          コント好きな二人。─影響を受けた「笑い」やコメディアンを教えてください。 小島屋(以下、K) 演芸です。小学校の時は演芸オタクでした。特にコントとか。「コント55号」が大好きです。コント55号の初期の頃の作品で、萩本欽一がとにかく無茶振りするわけです。それを大天才の坂上二郎が全部やるわけです。そこにまた突っ込んでいくというのがお見事で。その影響が非常にあります。今回、AYUKOJIで上演する幽霊の作品は、コント・レオナルドの影響を受けました。コント・レオナルドは、レオナルド

          • AYUKOJI雑談 その1「AYUKOJIとは?」

            3年前の立ち上げ公演を振り返って。 ──最初に、3年前の立ち上げ公演を振り返って、感想をお聞かせください。 小島屋(以下、K) はじめてだったので、収穫はすごくありました。ただ、これからどうやって作っていったら良いのか、すごく不安な気持ちにもなりました。 ──特にどういう部分が収穫だったのでしょうか。 K アンサンブルだから、作品がとりあえずできたのだから、当時、歩は26歳くらいでそういう年寄りのコンビが成立するかなというところがありました。あと、女の人と僕、ほとんどや

            配信観劇と生観劇

            舞台を配信で観る。舞台を配信で観るのという行為は、舞台の魅力は伝わらないと思ってます。これは恐らく、やる側も見る側も同意見だと感じている。 舞台観劇は劇場という空間を共有し、全力で五感を使う事で、体験出来るエンターテイメントです。 その為に、わざわざ真っ暗な空間、無の空間を作り出しているよね。 舞台観劇は演者の息遣いや臨場感、客席と舞台とのコミュニケーション、音の振動などは画面越しには伝わって来ません。 配信観劇 デメリット配信については私はデメリットが多く思い浮かんでし