黒辺あゆみ

黒辺あゆみ、作家やってます。カドカワBOOKS『百花宮のお掃除係①-⑦』好評発売中! 他書下ろしなどで著書7冊。 新規のお仕事は「仕事依頼」ページのメールフォームよりご相談くださいませ! 現在「The Secret Garden(邦題:秘密の花園)」の翻訳チャレンジ中!

黒辺あゆみ

黒辺あゆみ、作家やってます。カドカワBOOKS『百花宮のお掃除係①-⑦』好評発売中! 他書下ろしなどで著書7冊。 新規のお仕事は「仕事依頼」ページのメールフォームよりご相談くださいませ! 現在「The Secret Garden(邦題:秘密の花園)」の翻訳チャレンジ中!

マガジン

  • 健康系コラム

    独学でやっている健康に関するネタについて

  • 詠んでみた

    作者が詠んでみた、短歌とか川柳とかの作品集です。

  • 秘密の花園

    イギリスの文学作品、フランシス・ホジソン・バーネット作「The Secret Garden」、邦題「秘密の花園」を、独自翻訳してみたものです。 タイトルを「ザ・シークレットガーデン~マリーたちのヒミツの庭」と改題しております。

  • 執筆に関するアレコレ

    執筆の際にふと思ったことなどについてを、集めてみました。

  • 黒辺あゆみのコラム集

    黒辺あゆみのコラムを厳選してみました。

最近の記事

  • 固定された記事

黒辺あゆみの生態報告

自己紹介書籍情報お仕事情報は随時更新します。 SNS等リンク活動中の投稿サイトお問い合わせ下のメールマークからどうぞ!

    • 今日の日差しで布団を干して、フカフカにしてやったぜ! これはこの時期、花粉症ではない者の特権、贅沢だな。 今夜はフカフカの布団に包まれて、幸せな気分で寝れるよ。

      • チャレンジチャンス

        私が個人的にリスペクトしている方なんですけど、この春にこんなチャレンジに乗り出すんだそうな。 何気に同級生(!)なので、なんか時間軸とかの捉え方が近いから、余計に身に迫って読めちゃうんだよね……。 他から見たら「絶対的成功者」に見える人なんだろうに。 ご当人は社会人なりたての頃からずっと、キャリア弱者意識を持っていただなんて、驚きです。 たぶん、他人と自分を比べるのではなく、あくまで「なりたい自分の理想」と「現在の自分」とを見比べてきたんだろうなぁ。 他人と比べると楽なのよ

        • 今度の週末の天気予報から、雨マークが消えたな。 どうやら週末はお花見が間に合うっぽいですよ。 前の週末は遅くまで雨が残って、めちゃ寒くて花見日和とは言い難かったもんね。 それに散り際の桜も綺麗だし、いい頃合いじゃないかな?

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 健康系コラム
          黒辺あゆみ
        • 詠んでみた
          黒辺あゆみ
        • 秘密の花園
          黒辺あゆみ
        • 執筆に関するアレコレ
          黒辺あゆみ
        • 黒辺あゆみのコラム集
          黒辺あゆみ
        • 英語について思うこと
          黒辺あゆみ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          朝が冷えるのは、どうも今日が最後っぽいな。 そろそろ敷物とかの防寒グッズを片付けたい。 だって、掃除するのにいちいちどかすのが面倒なんだもの。 「まだ寒い!」とか文句を言う輩は、朝を厚着していればいいのよ。

          毎日通っている神社の桜がきれいだから、毎日お花見気分。 今年の春は優雅だなぁ。 遠くまで出かけなくても、近所にマイお花見スポットを持っているって、贅沢なことよ。 なにせ、辺鄙なところにある神社なんで、だいたい誰かとお参りが被ることがない、桜景色を独占だぜ!

          アボカドを貰った。 自らアボカドを買うことがないので、アボカドに包丁を入れるのが初めて。 幸いお料理番組を見ていて切り方は知っていたので、それを試したんだけど。 なんか、切ってパカッてやるのが楽しくて癖になりそう。 炒め物にして食べるなりよ。

          もうちょっとぬくいつもりの格好で出かけたら、予報よりも雨が長引いて寒かった……。 こりゃあ風邪をひいたな。 けどこの時期はこういうことは仕方ない。 素直に風邪薬を飲んでおこうっと。

          足腰は、使ってなんぼ

          自分は今年になって、近所の神社に毎日お参りするのを日課にしているんですけど。 最近母もこれを真似して、毎日お参りすることにしたらしい。 今年に入ってのデカいトラブルに、神頼みくらいしたくなるよね。 私が始めたのはトラブルの前だったんで、それがきっかけではないんですけど。 まあ、そうやって神社に行くんだけど、神社っていうのが結構な階段を上った先にある。 母はこの頃階段を上るのが辛くなってきていたんだけど、ゆっくりでいいからってその階段を上っていたのよ。 そうしたらね、だんだん

          花粉症ってさ

          私自身は、花粉症ではない。 しかし花粉症って辛いだろうなぁ、とは想像できる。 一方で、花粉症対策をなんにもしていないのに、「今年の花粉は酷い、つらい」と言ってくる家族に、げんなりしてしまう。 病院にかかるわけでもなく、薬を飲むでもなく、衣類や花粉持ち込みに気を遣うわけでもなく、外出を控えるわけでもなく。 花粉症対策といものを、本当に何もしていない人なのよ。 自衛手段をなに一つ取っていないのに、「花粉症で不幸な自分」をこれでもか、っていうくらいにアピールしてくる。 それで、たま

          雨降って時計カタカタ音しない 機械も湿気喜ぶのかね 詠んでみたです。 最近、壁掛け時計がカタカタとなるんですよ。寒さと乾燥で固くなって、歯車の動きが悪くなったみたい。 それがぬくくなって湿気が足されて、静かになったんだ。 こういうことってあるんだね。

          ごはんの謎

          ここ三年くらい、ご飯は100均で買った子ども用のお茶碗で食べている。 どうも胃もたれの原因は米の食べ過ぎじゃあないかい?って思ったものだから。 実際、食べるご飯を減らしたら、胃の調子が良くなったし。 あと、最近「パンも胃に長く残るから悪いよ」みたいなことが言われているじゃん? 前は「パンは消化が早いからすぐにお腹が空く」って言われていたのにね。 なんか問題は、ご飯とかパンの胃の滞留時間らしい。 偉い内視鏡の先生が、よく胃の中に炭水化物が残っている割合が多いんだとさ。 最近に

          雨好かれ 出かけるごとにじゃじゃ雨で 私は雨女だったかな? 詠んでみたです。 本当にね、外に出るたびに雨がひどくなるんだ。 どっかで雨の神様が見ているんじゃないの?

          菜種梅雨 花粉を洗い流す雨 久々に、詠んでみたです! さっきから雨が降り出したけど、ここからしばらく雨模様らしいよ。 花粉症の人はこの雨で、地面に積もった花粉が洗い流されるといいね。 けど、しばらく洗濯物が乾かんなぁ……。

          第七話 とうとう見つけた!

          1  家の中を探検してから、二日後。  朝起きたマリーは、その視界に入ってきた景色を見たとたん、勢いよくガバリと起き上がった。  外は嵐が通り過ぎ、灰色の霧と雲を夜風が消し去ってしまっていた。  その風とて今は吹き止み、まばゆい深いくらいに青い空が荒野の上に広がっている。  このまばゆく深く冷たい青の色は、まるで美しく澄んだ深い湖のようではないか。  その高い高い青の中に、そこかしこで雪のように白い羊雲が浮かんでいる。  遠くまで続く荒野の世界そのものだって、これまでの暗い

          小説家業をはじめてから、興味の湧いた本を「買わない理由」を探す癖がついていた。 どうしてか?っていうのは色々あるけどさ。 作風が引きずられそうとか、時間がもったいないとか、他にもアレコレと。 けどこれじゃあイカンよね。 これからは積極的に本を読んでいこう。