生地がない・・・・コロナの影響は続く/パシュミナストール
見出し画像

生地がない・・・・コロナの影響は続く/パシュミナストール

観光地カッパドキア復活か?

トルコの中央カッパドキアは言わずと知れた有名な観光地。
世界遺産にも登録され、世界各国からの観光客で、季節をとわずに混雑する場所です。
昨年の夏はロックダウンもあり静かでしたが、
トルコ入国に関して制限される国はなく、PCRの陰性証明があれば入国できますから、春ごろから活気が戻ってきています。
以前同様とはいかないまでも、にぎわってますよ。
気球も毎日飛んでます!

画像1

※我が家からの毎朝の眺め。ゴミのような細かい点は全部気球!

トルコのコロナは、ワクチン接種率は人口の半分程度。
でも感染者は、まだまだ毎日2万人程度はでてますから、マスクは欠かせませんし、ワクチンパスポートの提示も9月より始まるそうです。

秋冬アイテムの作製開始

イスラムの断食が明け、砂糖祭りも終わり、
同時期に行われたロックダウンも一緒に明けて、
久振りのメンバーとのミーティングを行ったのが6月、
今年の冬のアイテムを相談しました。

例年、たくさんのご注文をいただくパシュミナストールはもちろん、
今年はネックレス&ラリエットが人気ですから、
秋冬カラーのモデルを計画しました。

パシュミナストールはご好評いただいている
「マリー」と「風車」
そして、ようやく再販できることになった「デイジー」の他にも、
復活モデルや新作モデルを計画しています。
そしてストールの作製に欠かせない生地の入手!
これがね・・・問題でした。

昨年に引き続き、問屋さんが品薄・・・
まだ冬には早いこともあり、パシュミナ生地のバリエーションが少ない!
事前に問屋さんにも連絡をしていたので、人気カラーは新じめ確保してくれていましたけど、新しいカラーの在庫がなかった・・・・

とりあえず、気に入った色を選びましたけど、
今年は「限定1点」のみのご紹介がいくつかでそうです。
これから冬にかけて、問屋さんの在庫が増えるのを願うばかりです!!

この品薄も全てコロナゆえ・・・
カッパドキアは比較的観光客は戻ってきていますけど、
まだまだ完全復活とはいかないようです。

第1弾は「デイジー」

明るい色のパシュミナ生地、発色も穏やかですから、
選んだモチーフはラブリーな「デイジー」
スイートな感じに、でも秋冬アイテム。温かみのある糸を選んでみました。

画像2

ベビーブルーの生地には、ホワイトの花。中央の丸い雌しべは温かみのあるイエローをチョイス。
柔らかなフレンチローズの生地には、淡いベージュとピンクでかざりました。パステルカラーの「デイジー」、やっぱりカワイイです♪

この2カラーはそれぞれ限定1点のご案内ですが、
この後も、在庫のあるパシュミナベースで、
さらに「デイジー」モチーフで数点作りたいと思っています。

さらに完成したのは「風車」

もう、AYTURKの定番になりましたね。
エレガントな「風車」のモチーフを飾ったパシュミナストール。
贈物としても選んでいただくのが、この「風車」です。
人気カラーにプラスして作ったのが、「アクアブルー」
このカラーも限定1点のご案内です。

青と緑の中間のようなカラーは、グレーとの相性がとっても良いです。
暗くなりがちな冬のコーデのアクセントになりますように!

画像3

ストールを巻くときのポイント。
クールに見せるならば、縦長に巻きます。
短めに巻くと、顔回りを華やかに見せてくれます。
「風車」は縦長エレガントな巻き方が素敵ですよ。
お試しあれ。

AYTURKで、皆さんのお気に入りが見つかりますように。

この記事が参加している募集

私の作品紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
トルコのカッパドキアで仲間とともにオヤ作りをしています。 コロナ真っただ中の2月にトルコで会社「BERRY」を設立してしまいました。 オヤのブランド「BERRY」として世界に出たいと画策中。 HP: https://www.ayturk.biz/