小児科Nsでも保健師にジョブチェンジできた話
見出し画像

小児科Nsでも保健師にジョブチェンジできた話

はじめまして。
私は株式会社iCAREという健康管理システムを作っているベンチャー企業で産業保健師として働いています。

今は、複数の企業の従業員様の健康をサポートするお仕事をしています。

初めてのnoteなので、
これまでの経歴を簡単にお話しようと思います。

最初のキャリアは小児科看護師

大学を卒業後は病院に就職し、
新生児病棟に配属されました。

予定日より早く生まれた赤ちゃん や、
体重が小さく生まれた赤ちゃん、
心臓などに生まれつき病気がある赤ちゃんの看護をしていました。

看護師だったので、もちろん点滴や呼吸器の管理もしていましたが、
「授乳」「沐浴」「泣いたら抱っこ」という業務も多く、なんだか半分保育士さんのような仕事をしていました。


新生児病棟は、大人のように病気によって入院する診療科が分かれていないので、心臓疾患から、呼吸器疾患、消化器疾患など・・本当に幅広い病気の患者さんがいました。

私がいた病院は、重症度が高い患者さんが集まる病院ということもあり、聞いたことも見たこともないような病気の赤ちゃんが沢山いて、刺激的でしたし、現代の医療の力って凄いなと実感していました。

大変だったけれど、同期にも恵まれたおかげで
何とか駆け抜けられた3年でした。


産業保健師になる

次のキャリアとして私が選んだのは、産業保健師でした。

未経験でしたがご縁があり、
都内の食品メーカー(従業員数は5千人位)に入社しました。

小児科(新生児病棟も小児科のくくりでした)のみの経験だと、「保健師に転職したいけど、やっぱり成人病棟の看護師に比べると難しそう・・」と思う方もいるかなと思います。

私もそう思っていましたし、未経験だと応募できる企業も多くはないけれど、「やりたい!!」という熱意を伝え続けると、意外と拾ってくれる企業もあるんだなと、誰かの参考になれたら嬉しいです(笑)

(話が逸れますが)私は、転職のためにこの3つを主にやっていました。
・産業保健のセミナーに参加して情報収集する
・保健師求人を扱っているエージェントに登録
(ネットで調べると有名所が3〜4つ分かります)
・eナースセンターの保健師求人をチラチラ見る
※あくまで私の場合なので、もっと良い方法もあるかな。と。

私以外に3名の保健師・看護師さんがいる会社だったので、一から産業保健を教えてもらえる環境で有り難かったです。

保健師面談を通じて、多くの従業員さんと関わることができる会社だったので、「現場を知るためには、従業員の声を聞こう!」を肌で学ぶことができました。


スキルアップを目指して

そこで経験を積んだあと、もう少し自分の力を試してみたい!と思い、
電子機器メーカーに転職しました。ここも産業保健師です。

ここは、自社だけではなくグループ会社の健康管理も行っていたので、約5万人の健康をサポートしていました。

そのため保健師の人数も多く、全国で30名以上いました。

(ここも未経験での採用は珍しくなく、同期にも未経験の子がいました)

産業保健体制の地盤がしっかりできている会社だったので、とても多くのことを学ぶことができましたし、大きな企業でないと経験できないような健康施策も知ることができました。

特に面白かったのは、海外赴任から帰ってきた従業員さんのお話を聞くことでした。(健康状態を確認するための保健師面談なのですが、現地での生活や日本との働き方の違いを楽しそうに話される社員さんが多かったです。)


こんな感じのキャリアを歩み、今の会社にたどりつきました。
産業保健は「企業規模」「業種」「経営層の意向」など様々な要因で取り組みが変わってくるので、とても難しいし、逆にそこが面白さでもありますよね。


次からは産業保健のことを中心につづりたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
健康管理システムを作っているベンチャー企業で保健師してます / 看護師→企業の保健師→今(株式会社iCARE)