見出し画像

世の中の病気や花粉症など。 と、愛。

例え話から
花粉症。。。
日本の多くの方が花粉症だと言われています

そもそも、くしゃみや咳は
自分にとって自然ではないものを吐き出す行為ですが

毎年、同じ時期に、同じ季節に
なぜ起きるのでしょう〜

これは集合意識なんです。
もう一つはイルミナティの存在。
これについてはまたお話しします。
(気になる方は検索すればすぐわかります。)

私も長年、自分は花粉症だと思っていました。
「キャー やられてた〜〜〜!笑」

毎年、花粉情報が発表され、花粉関連のCMが流れ
「嫌ね〜 また花粉の季節...」と憂鬱になります。
国民の大半が花粉症と思っていて「憂鬱」になっているのです。
集合的に〜
で、花粉産業というのがあるのです。
ほとんどの企業は不安心理をビジネスにしてきました。

花粉がアレルゲンではなく
大気中に移流・浮遊する、さまざまな汚染物質と花粉との接触により引き起こされる作用が、重篤な因果関係をもっている
ということが証明されています。知ってる〜って人も多いですね。
「あ〜大気汚染。PM2.5でしょ!あと、黄砂もよね〜」と言う方多いですね。
中国のせい? 日本はどうでしょう?
1970年代に花粉とディーゼルエンジンの排気と一緒になることでアレルギー症状を引き起こすと国立環境研究所の小林研究員の実験で分かっています。長年伏せられていたということですが。。。
今年の春は特にPM2.5よりも細かいマイクロカプセルが飛来していたのです。
罪のない人々がCMを信じて購入し
日々使っている製品が大気汚染しているなんて。。。
なので無知はやっぱり罪なんです。
花粉に罪がないのに 花粉を利用し、経済をまわしていることに気づき
これ以上、消費して加担しないでください。選んでください。

食物アレルギーも同じて
小麦粉については、小麦ではなく農薬
卵は鶏の飼料、肉も飼料。。。
それらを使った商品が世の中出回っています。
きりがないけど、ほとんどの原因が化学物質だったんですね。。。
私は体調に変化をきっかけに
いろいろ調べたり、いい製品に出会ったりしてるうち
知ったこともたくさんありました。

なぜ今、これを改めて知る必要があるのかというと
統合するうえで必要なんです。。。


また、病というのは
その人にとって役に立たないものを手放すためとよく言われます。
「自分が持ち続けていたもの」「しがみついていたもの」が原因で起きていると。
それは自分が変わるチャンスですね。

ですが、もう一つ
実は人の念からなることを知ってください。

心配しすぎ。。。
不安心理から生まれるのです。

精神的な病は特に親子関係や家族関係が影響していることが顕著ですが
これは親が子を心配しすぎたり、夫婦が相手を心配しすぎたり
家族が、または友人が、職場の人たちが、、、
など、人の心配によって生まれているのです。

他者を心配することというのは
一見、優しさのように思えますが
それは優しさでなく病を作っていると知るとどうでしょう?
実は、犯罪も同じです。
心配によって生まれているのです。

なので、一番良いのは信頼して安心する。です。

何より、自分のことをないがしろにして
他者の心配をすること
これは自分を大切にしていませんね。

なのでです。
愛でいっぱいにするということ。
自分が心底幸せなら
まわりが
日本が
地球が
幸せでいっぱいです ☆。.*・゜'+・.☆☆。.*・゜'+・.☆☆。.

ひとりひとりが愛に基づいて行動されますように♡


今日も愛を贈ります〜


7
新しい世界へ〜 光と愛をもって奉仕するEnergy worker
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。