見出し画像

私が統合失調症になったのは、きっとこれが原因だ。

子無し専業主婦だった頃、私はとても幸せでした。

夫を仕事に送り出して、家に一人になった瞬間、底知れぬ喜びが沸き起こり、小躍りしてしまうほどでした。

一人になりたい、一人の時間を持ちたい欲求が果てしなく強かったのです。

大きく空いた余白の時間を、どのように過ごすか考えるだけでわくわくして、心が躍っていました。

時間というキャンパスに、どのような絵を描くか。

そんな思いであふれていました。

もう演奏の予定はないので、楽器の練習をしなくてよい。

夫の転勤で引っ越したので、知り合いも誰もいない。

誰にも干渉されない、自由。開放感。最高でした。

妊娠中も、今思えばそれに近いものでした。

妊婦になったらメンタルクリニック受診を断られた時は困り果てましたが

https://toushitsu-graduate.com/archives/4463223.html

(私のブログ「統合失調症、卒業。」より、〝妊娠に至るまで(3)~産みたい病院を決めたとき~〟)

そういったストレスも、すべてを時間が解決してくれました。

時間が経ったらストレスが和らいだという意味ではなくて、

時間が充分にとれることで問題解決できるし、ストレス解消もできるという意味です。

私が一人の時間を求めている「度合い」は少し常軌を逸しているのだと思います。

夫は毎日残業で、定時で帰ることなどまずありません。

大体夜の9時くらいまでは帰ってきません。

朝は8時くらいに出ていくので、13時間ほど家を空けていることになります。

夫の同僚や上司の奥さま達は、専業主婦だと暇すぎて心を病んでしまう人もいるという話でした。

私は、暇と感じることは一切ありませんでした。

むしろ時間がない、忙しいと感じるほどでした。

もともと家事などの要領が悪く、手先が不器用で時間がかかるということもありますが、

例えばネットサーフィンしながら興味の深堀りをしているだけで、幸せで幸せでたまりませんでした。

独身の頃は、実家にパソコンが一台リビングにあるだけでした。

リビングでパソコンを開けば必ず母がのぞき込んできたので、自由に検索して興味を深掘りしていくことは不可能でした。

スマホも使っていましたが、スマホを選ぶセンスが悪くて全く使えない遅すぎるスマホを買ってしまい、ほとんど役に立ちませんでした。

スマホを買い替える余裕はありませんでした。もちろん、一人暮らしをする余裕も。

結婚して専業主婦になったら、誰にも邪魔されず、インターネットが自由にできるだけで幸せすぎて身もだえしました。

そして、私がいかに情報を得られずに人生を決めてきてしまったかを知りました。

情報が飛び交う競争社会で、情報を得ずに判断してきたことは愚かだった。

そのことを思い知りました。

私が高校に進学した頃も、インターネットに接続することはすでに可能な時代でした。

何も分からず、調べるという発想も浮かばず、親に言われたことに抗う術が思いつきませんでした。

私がうんと小さな頃、小学生の頃から

「あなたは音楽が偏差値が高いのよ。あなたは勉強もできるかもしれないけど、音楽の方がレベルが高いのよ」

と母親に言われ続けていました。

耳にタコができるほどに言われ続ける中で、私は自然と

「私が稼げる仕事をするには、世の中でレベルが高い(らしい)音楽を極めていくのが一番なのかな…」

と思うようになっていました。

実際は、音楽の仕事というのは天才でなければ自立することすら難しい、好きで好きで仕方ない人じゃなければ厳しすぎるものだったのに。

それに、仮に小中学生の時の音楽のレベルが比較的高かったとしても、たかだか小中学生です。

その後の人生はずっと長く、人生を通して自分の才能を信じ、好きだからすべてを捨てて音楽に懸けている人たちがたくさんいるのです。

勝てない。そういう人達に、絶対に勝てないのです。

そして、勝てなかった人の受け皿は、ほとんど無いに等しい。

もし、当時の私がインターネットを自由に使えたとしても、そんな情報にアクセスできたとは限りません。

情報にアクセスするには経験から来る「勘」が必要です。検索にもセンスが必要です。

ただ、夫の話を聞くと、大学受験の時、進路を決める時に社会を見据えて考えて決めていました。

この続きをみるには

この続き: 1,110文字

私が統合失調症になったのは、きっとこれが原因だ。

あやみ | 文筆家

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがたい限りです。
13
『統合失調症 メンヘラの極みでも、人生何とかなるよ』出版 | 音大ピアノ専攻卒業 | 一児の母 | 「一隅を照らす」が発信のコンセプト | 著書→https://mangabito.biz/?p=12457