見出し画像

言葉に出してくれて、ありがとう。

「子どもがポジティブな存在だとわざわざ声に出して言う文化をつくりたい」と尊敬する小児科医の先生が書いてくださっていたので、そこに便乗して今日の事を書いてみたいと思う。


今日は私と5歳の息子、3歳の娘と電車で隣の駅へ行った。すると、行きの電車を待っているとき、50−60代の男性の方が

「靴がピカピカだねー!可愛いね〜」

と話しかけてくれ手を振ってくれたのである。


娘はとっても嬉しくなったらしく、1メートル歩いては振り返り、手を振り返す、ということを繰り返していた。見えなくなるまで、多分5回ぐらいは振り返って笑顔をみせていた。

周りからは、娘とその男性と、二人の間のやり取りに見えただろう。そして喜んでいたのは娘だけに見えたかもしれない。

画像1


でも実際には、一番喜んでいたのは、親としての「私」だったな、というのが家に帰ってきて改めて気づいたことだった。



親として電車に乗るとき、「子どもたちが騒がないか心配」「誰かに迷惑かけたらどうしよう」という気持ちが、いつも頭の中にある。補足すると、私は通常行動する時に”大人1人+子ども2人”という動き方が多いから、というのもあるのだと思う。(たまに1人が騒ぐとヒートアップして、手につけられないときもあるからだ。)


子どもたちの動きや言葉がヒートアップしているとき、気にしていないよ、とオーラを出してくれる、優しい人もいる。優しいみなさん、ありがとうございます。


そんな時に、笑顔で子どもたちに話しかけてくれたり、微笑んでくれる方の存在はもう、何にも替えられない存在になる。特に、声にわざわざ出してくれて「可愛いね。」「頑張って待っててすごいね。」「何の本読んでるの?」など話しかけてくれる人には感謝してもしきれない。



大げさではなく、

あなたが親として、ここにいていいんだよ、

私は子どもたちの存在を受け入れているよ、

と代弁してくれているように感じるからだ。


子育て中の親で不安なとき、この一言の温かみは本当に大きい。そして、子どもも、親も、無視されていない感覚もあるからだと思う。


特に今、外に出た時を想像してもらうと、子どもたちにも今まで以上に「ここには触っちゃだめだよ」等の「○○しないで欲しい」という声かけが多い。

そんなときでも、不安にならないように。

自分も、あえて声を出して、周りの人も巻き込んで”子どもたちはポジティブな存在”だと伝えられる人になりたいな。

色んなことを感じ、気づけた一日でした。



この記事が参加している募集

#やさしさにふれて

9,546件

締切:

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援ありがとうございます。サポートいただけたお金は、当事者の子どもたちとのご飯代金か、直接子どもたちに手に渡る寄付に回したいと思います。

いつも応援ありがとうございます!
22
RACという団体でショートステイ・短期里親の普及活動をしています。 歯科医師(訪問歯科、高齢者)、MBA、東京大学大学院 客員研究員。 子ども・高齢者・社会を繋げられたらなと思っています。5歳3歳の母。 BlogはRACの活動と趣味の性教育ネタ。
コメント (1)
いつも楽しみにnote拝見させて頂いています😊😉👑💕
子どもへの優しい眼差しが一番社会にとって大事なことのような気がします!
これからも記事楽しみにしています😄
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。