見出し画像

ギリシャday1 かわいすぎるホテルと、夕陽のタイムラプス

 さて、カタール航空空の旅を終え、今度はヨーロッパのLCC、BOLOTEA航空に乗り込みます。本当に飛べるのかなと思ってしまうほど小さな飛行機でしたが、わずか1時間ほどで無事にミコノス島の空港へ、ようやく、ようやく、成田から20時間以上かけて、到着しました!

画像1

 これは、ミコノス島の空港の荷物受け取りゾーンにて、日の光がかっこよかったワンシーン。

 空港からゲストハウスまではピックアップをお願いしていたので、出口のところでオーナーさんと合流します。オーナーさんは優しいお母さんのような雰囲気の方で、ニコニコと温かく私たちを迎え入れてくれました。

 オーナーさんの運転する車で、急斜面の坂道をぐんぐん上ったり下ったりしながら、10分ほどかけてゲストハウスへと向かいます。途中で何度もオーナーさんの知り合いにすれ違い、そのたびに窓を開けて「ハーイ!」と挨拶を交わしていました。

 そして、ついに到着!今回私たちがミコノス島で2泊お世話になった、こちらのゲストハウスです↓

 (上がゲストハウスの公式ホームページで、下は私たちが予約の際に利用したブッキングドットコムのサイト)

 このゲストハウスに決めた理由は、お値段の手ごろさと、口コミの良さと、そして部屋の写真でした。予約をする段階で部屋の写真を見ながら『これはかわいすぎる、どうしよう』と思っていましたが、実際に到着して足を踏み入れてみてもやっぱり最高でした、、、だって見てください、これ!!!

画像2

画像3

画像4

 はい素敵。気になる方はリンク先のサイトの写真もぜひ見てください、本当にかわいいので…

 そして、もう一つ最高だったのがベランダからの景色!!!

画像5

 ミコノス島は小さな島で、海沿いの中心部=ミコノスタウンに向かうにつれて坂道を下っていくような地形になっているのですが(あれ、当たり前のことを言っていますか?笑)、このゲストハウスは小高い丘の上から島の中心部を見渡せるようなロケーションで、非常に眺めが良いのです。

画像6

 ベランダはこんな感じ。左端に見えているのは、常に温水が張ってあるプールです。そしてこのベランダ、なんと、夕陽が沈むところがばっちり見えてしまいます!!!

 今回の旅行の目的の1つに『ミコノス島の夕陽をタイムラプスで撮影したい』というのがあったのですが、このベランダからよく見えそうだったのでとりあえずここから撮影することにして、私たちは三脚を並べてスタンバイしました。風が結構強かったので、倒れそうになる三脚を支えること数十回…そうして撮影されたのが、こちらのタイムラプスです!↓

 実際には1時間ぐらい撮っていたでしょうか。2人で交代でシャワーを浴びたりもしながら、ひたすら撮影を続け(るiphoneを見守り)ました。その現場の風景がこちら↓

画像7

画像8

 シュール。笑

 ですが、夕陽が沈んでいく様子は本当にきれいで!

画像9

画像10

 正直、写真や動画だと全然見た通りの色味に写ってくれなくて悔しいぐらいなのですが、肉眼で見た景色はこの写真よりも10倍、20倍、いやそれ以上にきれいでした。沈んでゆく太陽の周りが、オレンジとピンクと黄色と…いくつもの色が混ざったような濃い色にバーッと染まっていく様子は言葉に言い表せないほどで、日本でみる穏やかな夕陽とはまったく違った、力強く美しい夕陽でした。

 そしてまた、日が沈んだ後の夜景もきれいでした!

画像11

 だんだん日が沈んでいく中で街の明かりが灯り出し、車のヘッドライトがちらちら動いている様子や、遠くに見える漁港にたまに出入りする船の明かりを眺めながら、静かにボーッと夜風に当たる気持ち良さ…これはこれで、すごく良かったです。


 完全に日が沈むと、オーナーさんに教えてもらった近所のミニスーパーに夕飯を買い出しに行って(ぜんぶ島価格で割高だったので、スナック菓子だけ買ってきて)、ゲストハウスの部屋で現地の歌番組をみながらポリポリ食べました。次の日は早起きをしてめいっぱい楽しみたいので、歯を磨いて早めに就寝です。おやすみなさい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
東京の端っこに住む社会人。 旅行と写真と映画が好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。