マイクラプラグインを作っていて

あっきー

こんにちは。
政府からすごい宣言が出されましたね。(検索回避)
私達に出来ることは感染を広げない事だけのようです。
最前線で戦う皆様の妨げにならないような、落ち着いた冷静な行動をとるべきでしょう。

そう書くと、こんな事は小さなモノなのでしょう。

事の始まり

ある日、マインクラフトのサーバー管理者をやっている方に、プラグイン追加の提案が書かれたダイレクトメッセージが届いたようで、その中身を見てほしいとご相談を受けました。

curseforgeなどの配布サイトにて配布されているプラグインではなく、素性のわからない「ダウンローダー直送のプラグイン」。怪しさ満点です。
こんなものをホイホイ入れる気にはとてもなりません。

そこで、プログラムを実行可能にする作業「コンパイル」の
「デコンパイル」を行うことにしました。

「デコンパイル」とは

コンピュータには人間が読める言語では何も動いてくれません。
そこで、コンピュータにわかるようにコードを翻訳してあげなければなりません。この作業を「コンパイル」と呼びます。

その作業の逆を「デコンパイル」と呼びましたが、これはコンピュータの言語から、人間が読める言語に再翻訳することです。

(詳しくはご自身のネットリテラシーにお尋ねくださいまし)

その作業の結果

いつも使っているソフト、「jd-gui」では一部を見ることができませんでした。どうやら最新の技術が入っていると読めない部分があったようです。

プログラミング言語は時代とともに機能が追加されていくので、それに対応するソフトで翻訳しなければなりませんが、最新の技術には対応していなかったようです。

読めた部分から「OP権限を取得」といった文章が出現したので、これはクロと判断しました。通常はこんな機能不要ですから。

とりあえず相談受けた方にクロとご報告した上で、さらに調査を進めました。

読めない部分の追求

読めない部分はプラグインの心臓部、つまりメインクラスです。
他のクラスにコマンドやイベントといった処理は書かれていなかったので、
ここにしか隠し含むコマンドは実装されていないはずです。

「『新しい技術』に対応したデコンパイラがIntellij IDEAにあるで」
そう見かけたので、試すほか無いでしょう。

jarファイルというのは基本はzipファイルです。
解凍ソフトで展開し、中のclassファイルを探し、
Intellijにぶち込めばイイ感じにやってくれるでしょう。

結果は成功。見れば見るほど真っ黒。
ハック対策と銘打った荒らし推奨プラグインとなっておりました。

心臓からダークマター

隠しコマンドの実装はAsyncPlayerChatEventとかで待ち受ければ実装は可能です。

こりゃ~このイベントはsetCancelled(true)関係なく問答無用で全体チャットするプラグイン必要ですねぇ~

看板に特定の文章でOP付与なども実装されていました。

さらにサーバー停止やサーバー起動不可プラグイン(!?)を導入し終了させる...のはまだ可愛いものです。

開発が進んだ地域で発動すれば被害は甚大になるという破壊と実行者の快楽と被害者の悲しみをもたらす『魔法のアイテム』が存在しました。

そしてプラグインと言っても中身はJavaのプログラム。これ以上の言及は不要と思います。

他にも凶悪な機能は盛りだくさんでしたがここでは省略します。

調査を終えて

なんとなく、その破壊プラグインのお名前で、検索をしたのです。

あの有名(これで有名になっても...)なグループの動画のちょっと下ぐらいに、
配布をしてそうなサイトを見かけたのです。

どうやらここは不要アカウントや高ランクアイテムを持ったアカウントの売買が行われているサイトのようです。かなりグレーというかサービスによってはクロでしょ。

その中に出品されていたのです。あのプラグインが。

5000円で。

終わりに

この誰も幸せにならない、強いて言うなら実行者だけが幸せになれるプラグインが5000円でやり取りされている事実に、プラグインを作っている身として、とても苦しく思いました。(本当に幸せになれるかは...神様次第?)

マイクラ企画というモノの多くはボランティアで構成されており、
そして企画の中心となるコマンド群やプラグインの多くは無償で提供されています。私も多くのプラグインは無償で提供しています。お金欲しいけど。

こういった事があると、「あんなモノでも5000円取れるのに」と思わざるを得ないと共に、このマイクラで荒らしという物に需要があることに、なんとも言えない気持ちになりました。

度々様々な場所で、こんな言葉を耳にします。

「他人の不幸は蜜の味」

その嘆きの声こそが、彼らの燃料なのでしょう。



...有償で物事を引き受けることは、依頼者の要求にしっかりと応えなければなりません。当然の事ですが。

それが少し、息苦しかったりします。




今回のnoteはここまで!ちょーっと真面目に書きました。

改行多いのは、トークとしてしゃべる時に間を空けるのとほぼ同じ意味で入れていたりします。
無意味かもしれませんが。癖なんです。ゆるして。

そろそろVRやりたいです。さよなら~~

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!