見出し画像

巨木!! 国神の大イチョウ

「秩父のお隣は皆野町に大イチョウという巨木がある」と教えてくださったのは都内から秩父へよく遊びに来られるインスタグラムのフォロワーさん

調べてみると、埼玉県指定天然記念物である大イチョウと姫イチョウという2本の巨木が皆野町の国神にあることがわかりました。

まだまだ、僕の知らないことが秩父にはあるんだなあ... と気になったので

早速、国神へ行ってみることにしました!

所在地と駐車場 

大イチョウは皆野町国神地区にありますが、長言寺というお寺に大イチョウ観光の専用駐車場がありますので、そちらに車を駐車してください。

長言寺   埼玉県秩父郡皆野町大字国神560番地

車を駐車場に停め、参道を出て一般道を右へ行くと『大イチョウ』があり、左へ行くと『姫イチョウ』があります。 葉が落ちていなければ、巨木なのであたりを見渡せば一目瞭然でわかりやすいです笑

画像2

*大イチョウへの道は途中から、民家の脇にある畦道のような舗装されていない道なのでわかりにくいかもしれません。

姫イチョウ

知知夫姫命の墓のほとりに植えられた木と言伝えられております。 樹下に石祠が祀られており、この付近から東京国立博物館に展示されている直刀をはじめ、勾玉・堤瓶・土器片などが出土しております。

画像2

大イチョウ

樹齢は約700年と推定され、埼玉県内の巨樹では第9位、樹種をイチョウに限れば第4位の大きさです。このイチョウの周囲には数基の古墳があったとされ、『秩父郡誌』にも「古い公孫樹の古朽せし根より族生し数幹繁茂し、宛として一森林の観をなす。此のところに両墓あり、墓の面積各々二十坪。知知父彦命、知知父姫命の墳墓と伝えられるども今は墳形を認めず」とあるように、もと知知父彦命の墓のほとりに植えられた木だと言い伝えられております。

画像3

のどかな風景に一際目立つ巨木は、数百年の時を超えて優しい眼差しでこの地を見守っているように感じました♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

国神の大イチョウに興味を持たれた方、秩父へ観光に来られる方・秩父好きな方・気軽にコメントお寄せください♪

また、僕は『ちちぶホステル』という民泊の管理人をしておりますので、よろしければ秩父観光の際にご利用くださいませ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
本名は 梅澤 修 (うめざわ おさむ) と言います。 神奈川県にてサラリーマンを20年経験するも脱サラして故郷である埼玉県秩父市へ戻り、民泊施設 『ちちぶホステル』 の管理人をしております。秩父のことや日々感じたことを書いてます♪