見出し画像

本棚紹介8/22【本との対話】

昨年末から参加させていただいている小さな本屋さん、
西日暮里book apartment

作品のPOPUPをしたいけれど、県を跨いでの移動になってしまうため、当分はお休みの予定です、が、本棚は逃げないということでこれからは1冊ずつ、セレクトした本を紹介していきます。

前に本を紹介したマガジンはこちら

1つ目の記事で紹介したこちらの本

続編ではないけれど、同じ著者のものです。

まえがきから一部引用

(…)算数や数学に対して興味をもつための一つの方法は、それを作り上げていった数学者の生涯や逸話を知って数学者に親しみをもち、さらに、大筋のまわりにある興味ある事実に目を向けることにあると私は考えます。

どちらも子どもが小学生中学年くらいなら親と一緒に読み進められそうです。途中途中にある数学者たちのエピソードが当時の社会とその知恵として生きている数学を感じられます。


(こういうの、学校の授業の時に豆知識で教えてもらえたら親近感をもって勉強できたのにな、とか、コラムとして教科書に掲載されててもいいのになーなんて思うんですけどどうなんでしょう?味気ないですよね、教科書。とはいえその教科書に色をつけるのは教師の手腕に任せられているのでしょうか…。教育のことは分からないですが、楽しく学べるきっかけが欲しいなと。特に公教育では)

…個人的に思っている事を書いてしまいましたが、またいつ休校になるかもわからないので、少しずつ、子どもと楽しめそうな本を集めておいて損はなさそう…なんて思って今回はこちらをセレクト。

次回も数学とか宇宙にまつわる本を紹介させてもらおうと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは個展の費用や学費・研究のための書籍の購入として大事に使わせて頂きます。他、応援してるアーティスト・作家のサポートにも使いたいです。

いい日になりますように!
11
家で作る人 兼業主婦・社会人大学生(造形) モノづくりと届け方について考えたり、 書かなければ気づきえないこと事を探しています。 小さな本屋さん@西日暮里Book apartment http://sekiguchiasami.com/

こちらでもピックアップされています

本との対話
本との対話
  • 1本
コメント (3)
関口 あさみ様
こんにちは。スージーです。こちらのコメント欄でお伝えしたく。。
昨日の記事でauraから画像をお借りました。記事の最後に関口さんのnoteのリンクを貼ってあったのですが、なぜか更新した時にリンクが消えてしまっていました。失礼致しました。早速、今朝、リンクを貼り直して更新しました。素敵な画像をありがとうございます。そして、画像に付けられてたコメントがとても印象的でした。重ねて、ありがとうございます。
スージー・ワイ様
こんばんは、コメントありがとうございます!
記事、読ませてもらいました!note一周年おめでとうございます!
そしてその記念する記事に使っていただきとても光栄です…。
記事内での美術史関連の考え方もなるほどと拝読して思いました。今の私には深すぎて溺れそうですが笑

話が難しくなってくると、「人が作りたくて作ったもの」から離れてしまっていく気がしていて、そこはさみしいな、なんて思ったりします。(個人的に)
でもスージーさんの記事はご自身で撮られた写真を使われている分、建築物・作品のサイズ感や光の当たり方を臨場感をもって感じられるので、血の通った解説だなぁ、なんて僭越ながら思っています。

私の活動なんてのはただ自分が作ったモノを誰かに届けたいという気持ちで動いてるだけの人間ですが、それだけじゃいけないと思い勉強してますけれど…溺れそう笑(二回目)

最後に長くなりましたが、リヒターの言葉、忘れたくないな、と思い引用しました。
深く刺さりますよね。ありがとうございます。
関口 あさみ様
お返事いただきまして、ありがとうございます!

「話が難しくなってくると、『人が作りたくて作ったもの』から離れてしまっていく気がしていて、そこはさみしいな、なんて思ったりします。(個人的に)」

書いてくださってありがとうございます。最近、私もつくづくそう思うのです。そして、「自分が作ったモノを誰かに届けたいという気持ちで動いてるだけ」のクリエイターの方の気持ちを分析しようなんていうのが、おかしい話でして。

簡単にいってしまうと『人が作りたくて作ったもの』を型や様式に当てはめようとする学問に無理があるのかなあと思います。あまり語ると「美術史」から反論がありそうなので、あえてさら〜っと書いたので「溺れそうに感じられた」かもしれません 笑。

そして、「血の通った解説」。。。とても素敵なお言葉をいただき、嬉しいです。これからnoteでどうやって書いていこうかと迷走気味だったので、とても有り難いです。ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。