少しずつ
見出し画像

少しずつ

久しぶりの投稿だ。
しばらくは学業に専念すると言ってから二年くらい経った。専念するといっても、なかなか自分のペースで過ごせなかったような気もする。そんなこと言ったらここ2年はほとんどの人がそうだろう。

ほんの少し前、このnoteを見た大学生から取材を受けた。若い人に話を聞かれるなんて、有難い事だな、と壮年期の自分は思うのだ。無事に新聞も発刊されて、紀伊国屋書店のレジ前に置かれているのをみかけてちょっと気恥ずかしくもなった。

勉強していると、あまりにたくさんの情報量を自分に詰め込むことになるので、アウトプットするのは課題で精一杯、という状態になる。もちろんこれはあるべき姿なんだろうけど、そればかりだとなんだか自分が消えてしまいそうになる不安も感じる。これが成長というのかもしれない。

とはいえ、やっぱり考える時間は大切だなと思うので、また少しずつ書いていこうと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
関口 あさみ

サポートは個展の費用や学費・研究のための書籍の購入として大事に使わせて頂きます。他、応援してるアーティスト・作家のサポートにも使いたいです。

ありがとうございます!
造形作家 写真をモチーフにタペストリー・ファイバーアート制作 http://sekiguchiasami.com/ 母親業と社会人大学生(造形) 写真とモノづくりと届け方について考えています。 https://www.instagram.com/sekiguchi_asami