見出し画像

ようやくモチベーションに留意しなくていい世界がやってきた ~アフターコロナ消滅する組織~

日経COMEMOのテーマ企画「リモートワークで成果を出す組織とは」
への投稿となります。

自分なりに問いを以下に拡大解釈させて頂きました。

「アフターコロナ 消滅する組織とは?」

現在の社会情勢を踏まえて、リモートワーク主体の役務提供となった場合を想定し、組織を大きく変化させる、変化できるマネジメントの展開が必要

どうすれば、リモートワーク主体で成果が出せるか、というより「変われなければ衰退する」という観点での考察

【1】実行力不全
 実行力>リスク分析 エビデンス無き世界では、選択オプションの実行検証スピードを上げる組織が存続 不透明を理由にリスク分析に時間を浪費する組織は消滅

【2】規律不在
 リモート下でこそ、行動規範の設定と遵守必須 管理できる組織が存続 出来ない組織は所属意識低下し消滅

【3】曖昧な責任範囲
 部門間・担当間の責任範囲と必要な権限を明確化する企業が存続 あいまいさ・協力・すり合わせ重視は消滅

【4】動機付けシフト
 責任権限の明確化とコミットメントをベースにマネジメントする企業が存続
 モチベーション・納得感・説明責任にこだわる企業はスピードダウンにより消滅

【5】狭い採用インターフェース
 空間制約の無いオンラインを利用し入口(母集団形成)を広げる企業が存続 オンライン化に躊躇すると消滅
 職務そのものの魅力を打出せる企業が存続 人間関係・オフィス等、外形的訴求をする企業は消滅 

【6】プロセス評価重視
 成果に焦点を当てて評価する企業が存続 プロセス=働きぶり・がんばり・取り組みを評価する企業は消滅

【7】育成スタイル偏向
 求める成果を期限+状態で明確に定義できる企業が存続 画一的方法論の指導にこだわる企業は消滅

【8】理念の内向性
 より明確な社会性=社会のどのような現状をどう変えるのか、を示す企業が存続
 あいまいな理念や内向きな理念しかない企業は採用においても遅れをとり消滅

【9】変化対応力不全
 役務提供の形式も選択肢が多様化 DX投資できる企業は存続 しぶる企業は消滅

#COMEMO

#リモートワークで成果を出す組織とは

#仕事 #働き方 #経営 #経営者 #マネジメント #アフターコロナ
#ポストコロナ #識学 #リーダーシップ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
27
識学のスポークスマン 立教大学卒 グロービス経営大学院にてMBA修了 初期メンとして識学参画⇒関西市場立ち上げ⇒サービス品質の管理責任者 著書『伸びる新人は「これ」をやらない』(すばる舎) 20年3月20日日経誌朝刊「私見卓見」欄コラム プレジデントウーマンオンライン コラム

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 14341本

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、良い投稿については、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。