zoom のブレイクアウトルームで勉強部屋
見出し画像

zoom のブレイクアウトルームで勉強部屋

想定する読者

Zoomでイベント運営する人

ブレイクアウトルームとは?

ミーティングルームの中に小部屋を作るような機能です。
小部屋を作ることでグループを分けてミーティングや議論をすることができます。ブレイクアウトルームの中でも、音声、カメラ、チャット、画面共有が可能です。
細かな設定については オフィシャル参照

画像1

今回の目的

勉強会開催を想定し、仮想の会議室を複数作る。
話題・性質の異なる目的の部屋を作成し、参加者が自由にブレイクアウトルーム間を移動できるようにする。

画像2

運営上の懸念点

運営者が一人の場合、各部屋の状況が見えません。
何か、参加者間でのトラブルなどが発生した時に把握する事ができません。当事者からの相談窓口、報告は上げてもらえるような配慮をします。
今回はそこまでを想定したアナウンス方法も含めて手順化しておきます。
仕組みでの懸念対策が出来ないため、運用で対応します。

例えばこんな運用で対策が出来る。
参加者がZoom参加時、はじめに入る部屋をエントランスに見立てます。画面共有を使って作法、困った時の連絡先、通報先を貼っておきます。運営はこの部屋に常駐して警備員的な役割を行う。

画像3

Zoom設定手順

1、ミーティング開催に設定すること
ブラウザからZoomサイトへログインし、ブレイクアウトルーム機能をオンにしてください。ミーティングにて(詳細)の中にあります。

画像4

2、ブレイクアウトルームを開く
ミーティング画面下などにブレイクアウトルームのメニューがあります。
表示されていない場合、一度ミーティングを閉じて(1)の作業をする。

画像5

3、ブレイクアウトルーム作成
 プルダウンで部屋数を選択し、参加者によるルーム選択を許可を選択
 作成する

画像6

4、ルームの名前変更
 目的、性質に合わせて名前をつける

画像7

ルーム名を変更したら すべてのルームを開ける

※この画面の設定では以下の詳細の設定も可能です。

画像10

完了です。

作成例

画像8


ユーザーからみた部屋の移動のイメージ(成果物)

1、Zoomミーティングへ参加すると画面共有の案内が見える
2、ブレイクアウトルームをクリック
3、移動したい部屋を選択し、参加をクリックして部屋へ移動
4、はじめのページや、他の部屋での移動も自由にできる

画像9


超絶感謝です!語彙力なくてあれですけど、興味を持っていただけて嬉しい
いろんなところで情シスです。