見出し画像

トライアスロンxアスリートx哲学=八田益之

 トライアスロンに興味のある方、アスリートにはたまらないエッセイです!

 トライアスロンの年代別で4連覇(11'-14')を成し遂げたアスリート八田益之さんが2014年伊良湖トライアスロン大会でのレース中の駆け引きをエッセイに書きました。読んでいて、自分もレースの中に引込まれる様な感じになります。
 トライアスロンって実際どんなか分からない方にも「へぇ〜、こんなスポーツなんだ!」と新しい発見があります!
 そして、常に自分自身と向き合い、己を高めるアスリートの哲学があります。

 ちなみに八田さんはご自身の著書『覚醒せよ、わが身体。トライアスリートのエスノグラフィー』も出版されています。


 さぁ、トライアスロンの世界をお楽しみください!

           (管理人より。)

〈2014年大会、勝利への4㎞〉

「40秒差!」
沿道から身を乗り出して、見知らぬ男が叫ぶ。ランスタート時点では、先頭から1分差と告げられていた。6㎞で20秒。残るは4㎞、このペースでは負ける!
 2014年9月7日午前11時55分。伊良湖ビューホテル付近、海からほぼ垂直に切り立つ崖っぷち、標高60mの走路を、ぼくは走る。夏の終わりの太平洋、三島由紀夫『潮騒』の舞台となった神島、その向こうに志摩半島を遠望する、「トライアスロン伊良湖大会」文字通り最高の絶景ポイントだ。「日本の道100選」の一つ、渥美サイクリングロードだ。

 スイムを出遅れて9位で終え、バイクで5位に上がる。ランの前半で2位に上がり、残るは一人。前回の優勝者、JTU(日本トライアスロン連合)年代別ランキング1位も獲得した、地元田原市の強豪ヤマモトさんだ。この大会への想いは誰よりも強いことだろう。だがトライアスロンは、想いの強い者が勝つ競技ではない。
 勝つのは、俺だ! と自分を鼓舞する。
 スタートから2時間...

この続きをみるには

この続き: 17,940文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
創刊号特別価格です。 有料購読が5話ありますので、購入していただいた方がお得です!

【有料購読全5話】 渥美半島は愛知県に2つある半島のひとつ。名古屋のほうから瓢箪のように垂れ下がっているのが知多半島。豊橋を付け根に西に…

または、記事単体で購入する

トライアスロンxアスリートx哲学=八田益之

渥美半島の風

300円

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは次号製作のために使用させていただきますので、宜しくお願いします。

yay!!
10
愛知県の最南端、渥美半島には、めちゃ面白い人たちがいます。 「渥美半島の風」は、おもに編集長の作家・小川雅魚(おがわまさな)が「コイツ面白いっ」と見つけた渥美半島在住または出身の人たちの話が詰まった地域情報誌。超個人的だからこそ面白い!同誌のウェブ購読バージョンです。

この記事が入っているマガジン

超おもしろいローカルマガジン「渥美半島の風」の創刊号!
超おもしろいローカルマガジン「渥美半島の風」の創刊号!
  • 7本
  • ¥400

【有料購読全5話】 渥美半島は愛知県に2つある半島のひとつ。名古屋のほうから瓢箪のように垂れ下がっているのが知多半島。豊橋を付け根に西に勢いよく伸びているのが渥美半島だ。数万年前の地殻変動で隆起し、出現したといわれている。太平洋の荒波をガードする左腕にもみえる。懐に三河湾をかかえ、豊かな自然に恵まれている。縄文時代から人々が住み着き、吉胡、伊川津、保美に貝塚が残る。その遠い子孫たちが、半島の「今」を文章にした。ご笑覧あれ! 創刊号の特集は「海に遊ぶ、海に生きる」 **実際の本をご購入希望の方はメールで問い合わせください。 masaya6268@gmail.com

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。