見出し画像

アクティビストのキャンペーン例 | ノンコア資産の売却

Kaoru

アクティビストが取りうるキャンペーンのうち主な手法は下記の記事で以前に記載している。

このうち、今回はagitation for a sale of non-core assetについて記載していく。すなわち日本語で言う「ノンコア資産の売却・処分」である。

実際の例(海外)

Third Point("TP")によるネスレへの提案 (2018年)

2018年7月に米国の有力アクティビストであるThird Pointはネスレに対して下記の内容のキャンペーンをプレゼンテーション資料形式で提案している。

Summary of presentation

TP社が考えるポートフォリオの見直しはFocus, develop, devestの3つに集約される。つまり①Focus:参入障壁が高く競争力のある事業に集中する事 (Advantages driven by consumer trust, technical expertise, and brand strength)、②競争力があり、スケールの拡大を見込める新事業を育てること(例:Employ “up or out” strategy for developmental brands)、③:ノンコアないしは競争力の低い事業は売却する事(Divest inherently weak and non-strategic categories through sales, spin-offs, or other methods)
 
TPはプレゼンテーション資料の中で、Opportunities include frozen food, ice cream, packaged meats, pasta, peanut milk products, skin health, and othersをノンコアとしている。

この続きをみるには

この続き: 1,265文字 / 画像3枚

アクティビストや、彼らのキャンペーンに関心ある人にとって参考になる情報を発信していきます。

アクティビストに関連する内容のPackageです。過去の事例、概論等を記載しています。

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!