ホームレス飯をクックパッドへ載せた話。
見出し画像

ホームレス飯をクックパッドへ載せた話。

ばぃちぃ

私達のツイッター上で、ホームレスのおじさん達のご飯をホームレス飯として紹介している。

先日、おじさん達からホームレス飯のレシピを聞いて、写真と共にクックパッドへ投稿した。

目的としては、食事を通してホームレスを知ることにある。

ホームレスがどんな食事をしていて、どこからその食材を調達しているのか。  " レシピ " という共通言語化されたツールを使うことで分かりやすく知ることができるし、レシピである以上、実際にその料理をつくって、彼らの味を疑似体験することもできる。
知っていくことで、継続的にホームレスの問題を追いかける役割もしていきたい。

 ↓クックパッド掲載url


クックパッドはレシピの投稿にあたって審査があると聞き、掲載前、私達は審査で落とされると思っていた。一生懸命書いたけど、趣旨が違ってだめだと言われるかもしれない。
審査に落ちた場合、どのくらい "ホームレス" という要素を引くと掲載してもらえるのか、線引きを確かめるために何度も挑戦するつもりでいた。
緊張しながら投稿をクリックすると、意外とあっさり掲載され、検索してもしっかりと表示されていた。

 ↓掲載写真1。綺麗に食材を切りそろえてある。写真はおじさんがインスタグラムにあげているものから拝借した。

 ↓ 掲載写真2。分量もきちんと測ってつくられている。詳しいレシピや、調理過程の他の写真は実際にクックパッド上で見ていただきたい。



調 査 結 果


食事は、その人の生活環境を分かりやすく映し出すものである。
また、クックパッドには食レポという機能もあるそうだ。
第3者がレシピを見てその料理をつくった場合には、完成写真と共に作者につくったよとお知らせできる機能である。

おじさん達のレシピから、料理を元にしたコミニュケーションが広がることを期待している。またレシピについては、継続して更新していきたい。

ご拝読ありがとうございました。

                            ばぃちぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ばぃちぃ

100円のサポートでホームレスのおじさんに1つおむすびを届けます。希望される方は、おむすびを渡す報告記事にお名前や、noteのアカウントリンクをはらせていただきます。

ばぃちぃ
河川敷に住むホームレスの方々と交流して気づいたこと、考えたことをnoteに綴っています。cakesクリエイターコンテスト2020/優秀賞【mail】byebyechie@gmail.com