見出し画像

紅玉を煮る

紅玉が好きです。私はバラ科アレルギーなので林檎を食べると口の中がイガイガしてくるので生で林檎をいただけません。でも生食が美味しい触感の林檎に火を通すことはもったいない気がして気が引けますが紅玉は堂々と火を通せるありがたい存在。

(火を通せば酵素の働きがなくなりアレルギーでも問題なく頂けます)

紅玉の出荷時期はとても短いので,うかうかしているとすぐになくなってしまいます。見つけたら即購入。

そのまま食べても、アップルパイにしても、アイスに添えたりしても美味しい。甘みを控えてお肉料理に添えても◎。

沢山作って冷凍したいと思うのですが美味しくてつまんでいるうちに無くなってしまいます。

煮林檎の作り方(作りやすい量・甘みはお好みで調整)

材料:紅玉2~4個・砂糖大さじ2・水少々・シナモンパウダー

①玉をアバウトにざく切りにする。

②鍋に入れて水を大匙2~3杯、砂糖を大匙2杯ほど

③中火にかけて約5分ほど。シナモンパウダーを火にかけ止める寸前に振り入れる。(量はお好みですが私はシナモン好きなのでおよそ大匙1杯くらい入れます)

④蓋をして冷まし、清潔なビンに入れて冷蔵庫へ。

※煮すぎず食感が残るくらいが美味。

※砂糖無しも試しましたが少し甘みがある方がデザートとして良いかなと思います。

※水の量は少なめで。ただ焦げないように要注意!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
フリーランスフォトグラファー。美味しいもの大好き。日々の食べ事を綴っていきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。