SEOで行うことは2つ
見出し画像

SEOで行うことは2つ

SEOで行うことは2つです。

ただし、それはお客さまが行うSEO作業と言う限定があり、ホームページ制作会社が行うSEOを入れると3つになってきます。

しかし実際にはホームページ制作会社が何を行っているかはあまり知られておりませんので、取り合えずはSEOを行う際には、2つのことだけを行うと理解をしていくと良いでしょう。

そこで今回はSEO対策で行う2つのことについてご紹介をいたします。

SEOはホームページが公開したら始まる

画像1

まずSEOで行うことの前に、SEOの基礎知識としてですが、SEOはホームページが公開されれば始まります。

正確に言えば弊社の場合はホームページ制作中から原稿作成を行っていただいているのですが、基本的にはSEOはホームページが公開してすぐにスタートするモノだと認識しなくてはなりません。

このSEOはライバルとの勝負になっており、その勝負で10位以内に入ると1ページ目に表示されるのですが、しかし実際に成果を体感できるのは5位以内になると思います。

この5位と言う数字は根拠ではなくあくまで弊社の体感になるのですが、多くのホームページでは、SEOをして1ページ目に入るようにして欲しいと言われて、対策を行って1ページ目に入ってもほとんど成果が上がらないと言われることが多いです。

そういう場合はさらにSEOを継続していくことで、少しずつですが順位が上がり、その順位が5位程度までくると成果を体感していただき、満足を得て頂いていると思います。

そしてこの5位までの道のりは本当に大変で膨大な作業量になっており、弊社のこれまでの経験からは、まず10位までで信じれない作業量、そして10位から5位でも同じか少し少ない程度の作業量が必要になっております。

これらの作業がホームページを制作したら開始され、SEOで行うことは2つになるのですがその作業量は本当に多いです。

まずはページ作成

画像2

SEOには色々と作業がありますが、基本は2つの対策になっており、そのうちの1つの新規ページ作成を初めに行っていただきます。

この新規ページ作成は本当に大変で、ただし大変だからと言う理由でやらないと、後々になればなるほど大変になっていきます。

どういうことかと言うと、御社が狙うキーワードで1ページ目に入ってるホームページよりも多くのページをそのキーワードに関連する内容で記事作成を行います。

この作業は本当に大変で、実際に弊社もかなり頑張って新規ページを作成したのですが、1ページ目に表示されているホームページのページ数と比較すると弊社が500に対してライバルは少ないと800、多くて1000になっているので、後300から500ページも作成しなくてはなりません。

実際に500ページの作成をしてみると分かるのですが、本当に多くの時間を費やしており、仮に1日に1記事だとしても土日が休みだとして多く見ても2年かかります。

その期間しっかりと行ってもまだライバルには勝てておらず、もう少し更新ペースを増やさなければならないとまで考えているのです。

基本的には稀に勘違いされる方がいるのですが、このページ数については調査を行った段階と、実際にそのページまで到達した段階ではライバルのページ数は変わっております。

減ってくれれば本当に助かるのですが、現実的には減ることはなくどんどん増えているのです。

そのため基本的にはページ作成を行う際にはライバルよりも多くのページを作成しなくてはならず、これらを行うことで、本当にホームページは成功することが可能なのです。

ただ現状で言えるのは、さすがは一ページ目のホームページであるということになっており、すでに弊社はネタ切れを起こしており、記事作成ができなくなってしまいました。

しかし今後はもう少し絞り出して、ページ作成を行うことで、ライバルのページ数と並び、そしてSEO効果を最大限受けることが可能になります。

そして被リンク

画像3

ページが目標ページの7割程度に行った段階で、次にページ作成を止めて被リンク対策を行っていただきます。

この被リンク対策では上手くいけば、2,3本被リンクを行うだけで上位表示が可能です。

ここではライバルとの差は膨大なのですが、上げるだけであれば、本当に少ない被リンクで上げることができ、そこから先要するにライバルとの被リンクと合わせる理由はホームページ運営量を最小化できることになっています。

そのため基本はライバルサイトに合わせることが大切なのですが、しかしそこまでの被リンクは必要がないということができます。

そして現状ではまだページ数が足りていませんので、例えば週に4日は被リンク、1日は新規ページ作成と言うような割合でページ数も増やしていくことで、ホームページは本当に効果的なSEOとすることが可能なのです。

ただしその際に、ページ数を超えれば後はライバルと同じくらいの更新量で良いのですが、ただしライバルもライバルで御社が上がったことに気が付くこと、そしてそれらに負けないように更新頻度を増やす恐れもあるので、例えばライバルを見る限りは週に1ページだと思ったら御社は週に2ページ以上を作成していくようにしましょう。

そしてそのライバルとの差が大きくなればなるほど、ライバルサイトは更新を諦めてくれ、御社が上位に表示されていることが当たり前になってくるのです。

そこまで来れば後は自分のペースで新規ページを作成(但しライバルよりも多く)していくだけで良くなります。

そして少し話が脱線しましたが、被リンクも同様の考え方になっており、膨大な数であるため、なかなかライバルには追いつけませんが、しっかりと対策を行っていくことで、数年かけてライバルと同じにして、そこからはライバルと同じペースで増やしていくようになります。

ここまで来れば御社のホームページは最適化されている状態と言うことができ、SEOで行うことの2つをクリアーして本当に効率の良いホームページ運営になるのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ホームページ制作に関する情報配信noteになります。こちらでは大阪のホームページ制作会社に勤務して、その時々で知ったことやミスしたことなどを書き留めていこうと考えております。TEL:06-7494-1148